<7月8日(土)、9日(日)2日間限定少人数制イベント>NYからデザイナーも来日!世界中で話題のウェディングドレスブランド「Galia Lahav(ガリア・ラハヴ)」のトランクショー開催

    1、Galia Lahav(ガリア・ラハヴ)とは?

    その贅沢な素材使いとクチュール美で、ファッションの中心地NYで最も支持され、Instagramのフォロワー数はなんと160万を超える圧倒的な人気を誇るウェディングドレスブランド。

    エレガントかつラグジュアリーなデザインで世界中のセレブリティや花嫁達を魅了しています。

    結婚式準備完全マニュアル無料ダウンロード

    2、他にはないその魅力

    上質なファブリックに施された繊細な刺繍やビージング、バックスタイルの美しさが際立つ洗練されたデザインが特徴です。

    3、上質で美しいそのドレスとは

    デザインは大胆にもかかわらず上品で美しく、他の人と差をつけたい、洗練されたドレスで結婚式をしたい!とお考えの方にオススメです。

    フォロワー数160万人というそのInstagramをここでご紹介しましょう。

    マーメイドラインのドレスが特に有名なブランドだけに、様々なマーメイドラインのドレスの写真が見られます。美しい刺繍と女性らしいライン、上質な質感がもう芸術品の域!

    総レースが美しいこちらは、バックラインも特徴的。大胆なカットワークでありながら上質な素材だからこそ演出できる上品さと特別感は圧巻です。

    レースが美しいこちらのドレスは、ロングスリーブでネックラインはハイネックとのこと。出すところと隠すところのバランスが絶妙でまさに洗練された大人のドレスですね。

    出典:https://www.instagram.com/galialahav/?hl=ja

    写真を見るだけでもうっとりするこのドレスを実際に着用することでそのデザインの魅力も体感できそうです。

    4、デザイナーが直接ドレス選びを手伝ってくれる!NY最新コレクションがみられる2日間限定イベント

    その美しいドレスの数々を実際に見てみたいと思いませんか?

    日本で唯一Galia Lahavを取り扱っているというCouture Wedding Salon “MAGNOLIA WHITE”(マグノリア・ホワイト)。こちらで、「Galia Lahav(ガリア・ラハヴ)」の*トランクショーが 2017年7月8日(土)・9日(日)の2日間限定で開催されます。

    (*トランクショーとは、デザイナーが直接出向いて最新コレクションを紹介するショーのこと。海外の富裕層や流行に敏感なセレブの間で流行中のイベント)

    このイベントでは、New York Bridal Fashion Weekで先日発表されたばかりの最新コレクション「Victoria Affinity」をはじめ、普段は店頭にないコレクションやトップセラーのドレスをいち早くオーダーできる特別受注会も開催。今回のトランクショーではNYを拠点に活躍するGalia Lahavのハウスデザイナーの来日が予定されていて、なんとドレス選びを直接手伝ってくれるとのことです。

    イベント参加希望の方は、お電話(03-6434-1313) にてお申し込みください。

    トランクショーは少人数制先着順なので、お申し込みはお早めに

    さらに♡今回イベントに参加してドレスをオーダーされた方全員に素敵な特典が!

    数量限定で発売されたというJo Malone Londonのスターマグノリアコロン(写真・現品30ml)がもれなくプレゼントされます。

    ♡♡詳しいお問い合わせは、MAGNOLIA WHITE http://www.magnolia-white.com )まで

    ※サンプルドレスは全て9号サイズです。予めご了承ください。

    ※Galia Lahavのドレスはすべてオーダードレスで製作に約4~5ヶ月お時間がかかります。

    まとめ

    いかがでしたか?Galia Lahav(ガリア・ラハヴ) のウェディングドレスだと、ドレス選びの時間も、楽しくて優雅になりそうですね。NY最新の美しいドレスに囲まれて、是非うっとりする時間を楽しんでみてください。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO