結婚式にも前撮りにも!ジャイアントフラワーを取り入れてみよう

    ジャイアントフラワーは最近じわじわと人気が出てきており注目したいアイテムなんです。

    どんなものかというと、1輪でもとってもインパクトのある大きな造花です。

    自分で作ることもできるし、見栄えにこだわるのなら専門店もあるので購入もできます。

    今回はジャイアントフラワーについてご紹介します。

    1.ジャイアントフラワーって?

     

    出典:http://www.tigdress.com/

    ペーパーフラワーをとても大きく作ったものです。

    飾りにはもちろん、ブーケの代わりに持ったりしてもとても可愛いです。

    普通の花じゃなかなか目にすることのないような大輪がなんだかおとぎ話のような雰囲気を出してくれます。

    前撮りなら、遠近法を使って親指姫のような写真も撮ることができますね。

    2.ジャイアントフラワーを手作り

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    材料

    • フローラルテープ(茎になる部分に使用)
    • クレープ紙(好きな花びらの色と緑のもの)
    • 造花用ワイヤー

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    外側の花びら用にハート型と、内側の花びら用にしずく型にクレープ紙をカット

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    ワイヤーをフラワーテープで巻いていく

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    ハート型に切り抜いたクレープ紙を外に向かって引っ張り、花びらに丸みが出るように伸ばす

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    鉛筆など細い筒状のもので花びらの先端にカールをつける

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    しずく型の花びらをフラワーテープで巻いたワイヤーを包むように巻いていきます

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    しずく型の花びらが終わったら次はハート型

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    緑のクラフト紙とワイヤーで葉っぱを作ります

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    額用の部分を緑のクレープ紙から画像のように切り抜いてください

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    フラワーテープで固定します。

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    接着剤やグルーガンを使って葉っぱを固定

    出典:http://greenweddingshoes.com/

    出来上がり!

    出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

    上の画像のような手作りキットも売っています。

    材料を揃えるのができない方には嬉しいですね。

    3.使い方

    ジャイアントフラワーはどのように使われているのかご紹介します。

    (1) ブーケのように

    出典:http://www.g-flower.club/

    (2)子供に持たせる

    出典:http://www.g-flower.club/

    (3)椅子の装飾

    出典:https://jp.pinterest.com

    (4)前撮りに

    出典:http://www.imgrum.net/

    (5)会場装花に

    出典:http://www.bizbash.com/

    4.ジャイアントフラワーまとめ

    いかがでしたでしょうか。

    ジャイアントフラワーは手作りするとコストもあまりかからず、会場装飾などにも使うことができるのでかなり役立つんです。

    お花の色合いや何色か組み合わせたりして大人っぽくもできますし可愛らしくもなります。

    是非取り入れてみてください。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ