ここにこだわる!絶対後悔しないドレスの選び方

    HOW TO MARRYをお読みの皆さま、こんにちは。
    ドレス選び中のプレ花嫁の皆さま、膨大なドレス候補の中から、どういう基準で選んでいけばよいか、お困りではないですか?

    かけがえのない1日のために選ぶ、とっておきのウエディングドレス。
    おもいっきりこだわって選びたいですよね。

    でも試着するうち、これもいいし、あれもいいし…選びきれなくて、仮押さえの期限ぎりぎりまで迷ってしまう、なんてことも。
    とっておきの1着を後悔なく選ぶためには、こだわりポイントを決めておくことが大事なのです!

    まず初めに考えるのはAライン、プリンセスライン…などのシルエット。
    でも、それだけじゃないんです!
    私の場合、これに加え、以下紹介する2つのポイントに注目してドレスの大まかな方向性を絞ることから始めました。
    すこしでもドレス選びに悩んでいるプレ花嫁さんの参考になると幸いです。

    それではご覧ください(^^♪

    1.ネックライン

    ネックラインは、印象に残りやすいポイントのひとつ。

    こだわることで、記憶に残るドレス姿を演出できます。

    1.ビスチェタイプ

    これぞウエディングドレス!を楽しみたいなら、ビスチェタイプ。

    yb15501ow-360x475

    出典元:http://www.yumikatsura.com/

    2.オフショルダー

    華やかさと個性を両立させるなら、オフショルダー。

    ec1402_1

    出典元:http://www.ecruspose.jp/

    ちなみに卒花の筆者はこのタイプを選びました。母親の「ドレスがどれも同じに見える…」との意見から、違いがわかりやすいものを、とチョイス。二の腕が隠れて着やせ効果もありました!

    3.ホルターネック

    差をつけたいなら!ホルターネック。

    ec1403_1

    出典元:http://www.ecruspose.jp/

    パッと見似がちなホワイトドレス、ほかの花嫁さんと差をつけないなら、ちょっと個性的なこのタイプがねらい目。肩幅が広い人にも。

    そのほか、肌みせが抑えられるハイネック、ボートネック、ワンショルダーなどは、清楚でクラシカルな印象になります!

    2.バックデザイン

    おしゃれな花嫁に印象づけるなら、バックデザインにこだわって!

    好きなディティールを取り入れれば、自分らしく、着ていて幸せ!な気分になれるはず。

    1.ロングトレーン

    長いトレーンは、華やかな印象に。まるでどこかのお姫様のよう!?

    4622_1

    出典元:http://www.wedding-cinderella.com/

    4572_1

    出典元:http://www.brandnewelly.com/

    2.リボン

    おおきなリボンは、とびきりかわいい、花嫁だけの特権!

    4813_1

    出典元:http://www.wedding-cinderella.com/

    h-26

    出典元:http://www.merry-marry.net/

    3.フリル

    後ろにたっぷりのフリルがあるデザインは、全体にあるより甘くなりすぎず、取り入れやすい。

    btnv189

    出典元:http://dress.novarese.jp/

    まとめ

    いかがでしたか?

    後悔しない、自分らしいドレスを選びたいなら、ぜひネックラインとバックデザインにこだわってみてください。

    紹介した以外にも種類はいろいろありますが、そのぶん、絶対にこれ!という運命のドレスを選ぶことができるはずです。

    きっと満足のいくドレス姿で、かけがえのない1日を過ごすことができますように!

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ