時間は何秒? 場所は? 外さない結婚式の誓いのキスの方法

    Wedding結婚式で盛り上がるのが、誓いのキス。誓いのキスは「誓いの言葉を封じ込み、永遠のものとする」という意味が込められているそうです。

    誓いのキスは、どの場所にするのか、どのくらいの時間するのか、知らないと照れや戸惑いがありますが知っていればすんなりできるのが、「誓いのキス」です。

    スムーズに、恥ずかしがらずに、本来の意味での「誓いのキス」ができるよう、誓いのキスの手順をお伝えします。

    目次

    1. 誓いのキスって恥ずかしい?
    2. 誓いのキスをする場所
    3. 誓いのキスにかける時間
    4. ベールアップの方法
    5. 誓いのキスの方法

    1. 誓いのキスって恥ずかしい?

    ゼクシィ「カップルのホンネ通信 2008」によると誓いのキスを行う予定の(行った)人は80%。

    誓いのキスはしない(しなかった)と答えた人に理由をきいたところ、最も多かったのは「神前式なので」(30歳・女性)という答え。「和がテーマなので、厳粛な雰囲気を壊したくない」(31歳・女性)など、式の雰囲気に合わないことを理由に挙げる人も多く見られました。

    確かに和装の神前婚では誓いのキスはありません。花嫁がベールを纏ったウェディングドレスの際に行うのが、誓いのキスです。誓いのキスの手順としていちばん最初に、ベールアップがあります。

    2. 誓いのキスをする場所

    恥ずかしさのあまり、頬にキス。ということもありますが、実はキスはする場所に意味があります。

    手の上:尊敬のキス
    額の上:友情のキス
    頬の上:厚意のキス
    唇の上:愛情のキス
    瞼の上:憧憬のキス
    掌の上:懇願のキス
    腕の首:欲望のキス

    挙式に相応しいのは、唇を重ねることですね。ちなみに、前述の「カップルのホンネ通信 2008」によると、誓いのキスをする場所は半数弱のカップルが唇にしたそうです。以下、頬、額と続きます。

    3. 誓いのキスにかける時間

    綺麗なキスショットを撮ってもらうために、3秒~5秒はキープしましょう。

    4. ベールアップの方法

    夫婦となるふたりの壁を取り払う意味が込められたベールアップ。ふたりの距離が離れていたら、彼に一歩近づいてもらいましょう。

    ベールアップ、花婿のアクション

    花婿は手の甲を上にして、ベールの裾を肩幅に持ちます。ベールの内側に風を入れるイメージで花嫁の額まで一気に上げます。そうすれば、ベールがシワシワになったり、折れ曲がったりしません。それから、花嫁の頭上を通ってゆっくり弧を描くように向こう側へ下ろしていきます。

    ベールアップ、花嫁のアクション

    花嫁はベールが上がり始めると同時に、視線が花婿の胸の高さにくるくらいまで腰を落とし、祈るように首を軽く曲げましょう。顎をやや引いた俯き加減が、恥じらいや、神秘的な雰囲気になります。この間も、背筋はピンと伸ばしておくことが大事。背中を丸めると、綺麗な佇まいになりません。

    花婿がベールを背中へ下ろすタイミングに合わせて、ゆっくり姿勢を元に戻せば、一連の動作が綺麗に決まります。

    5. 誓いのキスの方法

    向き合うとどうしても照れてしまったり、ニヤニヤしてしまったりしがちですが、却って格好悪くなります。練習から、敢えて緊張感をもってやってみましょう。

    誓いのキスに入る前に、ふたりの位置と体勢を決める

    ベールアップが終わった段階で、ふたりの距離が離れていたら花婿に一歩前へ出てもらいましょう。あらかじめキスをする場所、顔をどちらに傾けるかも事前に確認しておくといいかもしれません。

    花嫁は花婿の首に手を回したり、抱きついたりしないように。おなかの辺りに軽く手をポージングして。面白い演出や花嫁の強さをアピールしたいカップル以外は、花婿にリードを取ってもらうようにしましょう。

    キスの時、新婦は目をつぶった方が綺麗に見えます。目元に皺を寄せず、瞼がきれいな半円を描くように。気持ち、目じり側に力を入れましょう。また、唇を迎えに行くと唇が付き上がり間抜けです。あごを少し上げ、彼の唇が届くのを余裕を持って待つと綺麗です。

    「綺麗な写真を残す」これだけ意識していれば、知っているひとにキスを見られているという緊張も和らぎます。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ