結婚式場×ライブ配信!ももクロが逗子リビエラマリーナでリモートライブ。評判は?

    コロナ禍においてビジネスやイベントの新しい様式化が進む中、結婚式場でも挙式・披露宴以外の利用にスポットが当たっています。

    それは、アーティストが結婚式場でライブパフォーマンスをし、その模様をファンに向けて生配信するというものです。

    結婚式準備完全マニュアル無料ダウンロード

    1、結婚式場×ももクロライブを紹介!

    こちらは先日(8月2日)披露宴会場として人気のリビエラ逗子マリーナで行われたももいろクローバーZのライブの模様です。

     

    ももクロさんにとって史上初となる配信による無観客ライブ。マネージャーさんのツイートからも意気込みや期待感が伝わってきます。

    まずは海をバックにした芝生のステージから始まり、フォトスポットとしても人気の高い施設内のプールに飛び込んでびしょ濡れになりながら楽しむ様子が配信されました。

    服のままプールにダイブなんて、さすがももクロさんですよね。

    ライブでの水を使った演出はファンの方も毎年楽しみにしている象徴的な演出ということで、今年の配信ライブでも見られたことに喜びのコメントがツイッター上に溢れていました!

    その後も雰囲気を変えて戦場ステージやチャペル内でパフォーマンスが披露され、リビエラ逗子マリーナの施設の魅力が生かされたライブステージとなっていました。

    約2時間30分のステージで全23曲をパフォーマンスしたももいろクローバーZ。
    ライブの反響は凄まじく、Twitterの日本トレンドと世界トレンドには、「#ももクロしか勝たん」などのライブにまつわる多くのハッシュタグがトレンド入りを果たしていました。

    配信ライブを楽しんだファンのツイート

    マネージャーさんもこの一言。

    「これが今のライブだ」
    この一言に、型にハマらないパフォーマンスでファンを楽しませてきた“ももクロスピリット”を感じました。

    ももクロさんのライブ配信予告映像

    【ももクロ配信限定ライブ 】バカ騒ぎ、どうやって買うの?どうやって見るの?ももクロがレクチャー!|ももクロ夏のバカ騒ぎ 2020 配信先からこんにちは|8月2日(日)ごご5時30分〜アベマで独占配信!

    2、アーティストに式場をライブ会場として提供しているのは?

    披露宴や挙式として使っているスペースをライブ会場として積極的に提供しているのがリビエラ逗子マリーナです。

    リビエラ逗子マリーナでの配信ライブ

    • 7月5日(日)、無観客配信ライブ<「加山雄三の新世界」~海だ!ライブだ!トークだ!大ロケーション逗子マリーナより生配信!~>
    • 8月2日(日)、アイドルグループ・ももいろクローバーZによるオンラインライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは』を、ABEMA PPVにて生配信

    リビエラ逗子マリーナは、湘南の海と富士山を見渡せる抜群のロケーションで、これまでも数多くの雑誌やテレビなどのロケ地として利用されています。

    出典:リビエラ逗子マリーナ

    海外リゾートを思わせる披露宴会場が、今後はアーティストやアイドルのライブ会場としても定着していきそうです。

    3、式場×ライブの配信が新業態なるか

    結婚式やアーティストのライブが思うように開催できないコロナ禍において、“制約の中でも楽しむ能力”を遺憾無く発揮してくれたももいろクローバーZと式場利用の新しい形を見せてくれた逗子リビエラマリーナ。

    このような状況で仕事が制限されているのは結婚式場だけでなく、アイドルやアーティストも同じです。

    ウエディング業界とエンターテインメント業界が連携した式場×ライブの配信が、双方にとって新しい価値の創出となるのではないでしょうか。

    ツイッター上には、ライブの様子を見てそのロケーションに魅力を感じ結婚式場としての候補に浮上したという方々がいらっしゃいました。

    リビエラ逗子マリーナが持つ施設ならではの演出に感激したというコメントも見られました。

    今後の連携にも期待したいです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO