ゲスト必見! リゾートウェディングに参列するときの服装ポイント【ハワイ・沖縄での挙式】

    ハワイや沖縄での暖かいイメージのあるリゾートウェディングに参加することが決まった時、どんな服装での参加が好ましいのかご存知ですか?

    かっちりしすぎて変に浮いてしまうのも不安だし、ラフになりすぎてしまっても失礼になるし、何か決まった服装があるのかも気になるところですよね。

    今回は、ハワイなどの南国リゾートや沖縄などの国内リゾートウェディングに参加する時の、ゲストの服装ポイントについてご紹介します。

    1、ハワイなどの南国リゾート挙式に参列する場合の服装

    (1)どんなものを着ることができる?

    ハワイなどの南国リゾート挙式で着ることができるものは、ワンピースやシャツを着用するか、アロハシャツやムームーといった民族衣装を着用します。

    (2)ハワイやグアムでの正装とは

    ハワイやグアムでは、実は民族衣装であるアロハが正装とされていて、オフィスやレストランなどでも着用されるほどなんです。

    ゲストだけでなく新郎新婦がアロハを着る場合もありますよ。

    (3)挙式スタイルに合わせた服装選びを

    ハワイやグアムのリゾートウェディングでも、挙式スタイルはいくつかあります。

    チャペルや教会での挙式にはドレスの上に羽織るものを用意しておいたり、ビーチなどの屋外での挙式であれば歩きやすい靴を選んだりと挙式スタイルに合わせた服装選びが必要です。

    どの様な挙式スタイルなのかは、準備の段階で聞いておきましょう。

    (4)服装選びで気を付けるポイント

    服装を選ぶ時、両親や家族で来ているものがバラバラにならないようにしましょう。

    例えば父親がモーニングを着ているのに母親がムームーを着ていたら、なんだか見栄えもバランスも悪いですよね?

    家族でアロハシャツやムームーを着るときも、色と柄を合わせると見栄えがとても良くなりますよ。

    (5)国内の結婚式と同様の服装はNG?

    国内の結婚式と同様にスーツやワンピースでの参加も可能です。

    両親も日本と同様にモーニングやワンピースで大丈夫ですが、せっかくのリゾートウェディングということで、アロハシャツやムームーを選ぶ方が多いです。

    また、アロハシャツは涼しく着ることができるので、アロハシャツやムームーの方が快適に過ごすことができます。

    2、ハワイ挙式の服装ポイント【女性ゲスト編】

    (1)女性の服装は3種類

    ハワイ挙式に参加する時に女性が着ることができる服装は【ムームー】【サマードレス】【フォーマルドレス】の3種類です。

    (2)ムームーを着る場合

    ムームーはハイビスカスなどの柄にハワイらしい色合いのドレスの事で、ハワイでは女性の正装とされています。

    Aラインで締め付けのないデザインは年齢や体型を選ばずに着ることができます。
    丈がミニ丈からロング丈まであり、短めの袖付きのものが主流となっています。

    (3)サマードレスを着る場合

    カジュアルな結婚式で着用できるサマードレスは、ホルターネックやチューブトップなどの涼しげなデザインが多く、ムームーよりもエレガントさを出すことができます。

    丈は短すぎないものを選び、肌の露出も多すぎないものを選びましょう。
    どうしても肌の露出が多くなる場合は羽織もので肌を隠せば大丈夫です。

    (4)ハワイ製のドレスを購入するときは

    ハワイ製のドレスやムームーを購入する場合はサイズに注意が必要です。

    日本製のものよりも大きめに作られているため、いつものサイズよりもワンサイズ小さめのものを選びましょう。
    購入前に試着は必須です。

    (5)ハワイ挙式に参加する場合の小物

    ①靴

    靴は参加する挙式スタイルを事前に確認して用意しましょう。
    教会での挙式はパンプスを用意しておけば安心です。

    ビーチでの挙式はウェッジソールのサンダルだと、ヒールが砂に埋まることもなく歩きやすいのでおすすめです。

    ②バッグ

    クラッチバッグや小さめのショルダーバッグを用意しましょう。

    ムームーを着るのであれば、麻編みのバッグなどを用意すると服装との相性も良くリゾート感が増します。

    ③アクセサリー

    リゾート感を楽しむなら貝で作られた白いアクセサリーが色鮮やかなムームーに映えて、コーディネートもまとめやすいのでおすすめです。

    ビーズでできたアクセサリーや、レイをつけてもハワイらしさがでますよ。

    3、ハワイ挙式の服装ポイント【男性ゲスト編】

    (1)男性の服装は2種類

    ハワイ挙式に参加する時に男性が着ることができる服装は【アロハシャツ】【スーツ】の2種類です。

    (2)アロハシャツを着る場合

    アロハシャツはハイビスカスやウミガメなどのハワイアンなモチーフがプリントされたシャツで鮮やかな色味のものから落ち着いた色味のものまで様々なデザインがあります。

    アロハシャツを着る場合は、夏用のスラックスか白などの明るい色味のチノパンを選びます。
    ハーフパンツはマナー違反となるので履けません。

    (3)スーツを着る場合

    スーツを着る場合は、上着は暗めのカラーではなく白以外の明るめのカラーを選ぶとリゾートらしさがでます。

    (4)ハワイ挙式に参加する場合の男性の靴選び

    靴に迷ったら革靴を履けばどの挙式スタイルでも問題ありません。
    ビーチでの挙式なら、デッキシューズを履くと歩きやすいのでおすすめです。

    4、沖縄などの国内リゾート挙式に参列する場合の服装

    (1)スーツやワンピースでの装い

    沖縄などの国内リゾート挙式にスーツやワンピースで参加する場合は、通常の国内結婚式と同じようにスーツやワンピースでの参加で問題ありません。

    沖縄での挙式なら、ノースリーブの色鮮やかで涼しげなワンピースを選んでもOKです。
    リゾート感のあるデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

    (2)留袖や礼服をお召しになられる方も

    沖縄など国内リゾート挙式の場合は留袖や礼服でも全く問題はありません。

    やはりリゾートとはいえ国内での結婚式だし、きちんとした正装がしたいという方は留袖や礼服を着用しましょう。
    その際は夫婦や家族で衣装を統一させるように気をつけましょう。

    (3)沖縄挙式では琉球アロハであるかりゆしウエアがおすすめ

    ハワイやグアムにアロハシャツという正装があるように、沖縄にもかりゆしウエアというアロハシャツに似た正装があります。

    かりゆしウエアには様々なデザインがあり、男性はシャツを着ますが、女性はシャツの他にワンピースやチュニックもあります。

    かりゆしウエアはリゾート感が出るのでおすすめです。

    まとめ

    なかなか行く機会のないリゾートウェディングですが、せっかく参列するなら服装マナーを知っておき存分に楽しみたいですよね。

    ドレスコードが特にないリゾート挙式であれば、この記事の内容を参考にして服装を選んでみてください。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ