新郎の衣装を決める前に知っておきたいタキシードの種類とフロックコートの全知識

    結婚式という晴れ舞台で絶対に欠かせないアイテムといえばやはり婚礼衣装ではないでしょうか。

    婚礼衣装は新婦が着用するウェディングドレスに注目が集まってしまいがちですが、新郎のタキシード選びもこだわりをもって選ばなくては会場の雰囲気とミスマッチだったり、ウェディングドレスのデザインとアンバランスになったりする可能性があります。

    そこで今回は新郎の婚礼衣装であるタキシードの種類と、その中でもフォーマルなスタイルとして知られている「フロックコート」の魅力についてご紹介していきたいと思います。

    目次

    1、タキシードの種類について

    2、フロックコートとは

    3、フロックコートとタキシードの違い

    4、フロックコートと相性抜群の会場&ドレスは?

    1、タキシードの種類について

    shutterstock_283673327

    礼服といえば最もメジャーなのはタキシードですが、実はこのほかにも結婚式で新郎が着用する衣装が存在します。

    もともとタキシードは時間帯によって着用する種類が異なっており、昼間に結婚式が行われるのであれば昼間用のタキシード、夜間であれば夜間用のタキシードという具合に衣装の種類を変える必要があります。

    このようなルールのことを「ドレスコード」と言いますが、日本の結婚式の場合はドレスコードへの関心が海外と比べてそれほど強いわけでないため、ある程度フォーマルなスタイルに則っていれば自由に好きな衣装を選んでもよいのが慣例となっています。

    日本では「タキシード=新郎が着る衣装」として広く認知されていますが、前述のとおり、これはひとつの衣装を指す名称ではなく、いろんな種類の礼服の総称なのです。

    では新郎が本来結婚式で着用できる衣装にはどのような種類があるのでしょうか?

    (1)モーニングコート

    1

    出典 https://www.withawish.jp

    日本の結婚式では新郎新婦の父に当たる人がよく着用するモーニングコート。

    実際のところこのモーニングコートもタキシードの一種であり、昼間の時間帯の中では最も格式が高いとされる衣装です。

    モーニングコートのはじまりは、18世紀の英国貴族が乗馬をしたあとにそのまま宮廷に入れるようなデザインを求めたことが発祥だと言われています。

    (2)テールコート

    premier_059_0024_01

    出典 http://www.weddingpark.net

    夜間の中では最も格式が高いとされている衣装がテールコートです。

    「燕尾服(えんびふく)」という和名の方が親しみのある呼び名かもしれません。

    前丈部分は短く、後ろ丈が長い燕のようなデザインが特徴的で、後ろ姿が燕の尻尾のようにカットされていることが「燕尾服」の由来となっています。

    (3)タキシード

    shutterstock_307077296

    日本では知名度の高いタキシードですが本来は夜間に着用する礼服のひとつ。

    テールコートと比べてやや簡略的なデザインではありますが、結婚式に着用する礼服としてメジャーな存在です。

    (4)フロックコート

    シルバーフロックlコート

    出典 http://tuxedoranking.com

    昼間用の礼服として多くの男性から親しまれてきたフロックコート。

    19世紀から20世紀にかけてはこのフロックコートを着用して結婚式を行う男性が非常に多かったのですが、その後モーニングコートが登場したことによってフロックコートの存在は少しずつ薄れていくことになります。

    エレガントなロングシルエットが印象的なフロックコートは、現在でも結婚式で広く着用されています。

    2、フロックコートとは

    shutterstock_216802993

    昼間の男性の婚礼衣装と言えばモーニングコートが一般的となっていますが、実はこのモーニングコートを広めるきっかけとなったのがフロックコートだと言われています。

    モーニングコートが登場するまではパーティーや結婚式など、昼間のフォーマル衣装はフロックコートが定番でしたが、そのあり方も時代とともに変化し、現在ではカラーバリエーションも豊富に展開されています。

    そんなフロックコート、やはり特徴なのは上着の丈が膝まであるというエレガントなシルエット。実は今、このデザインが新郎の間で大変な人気を集めています。

    ロング丈のフォーマル衣装は立ち姿も美しく見え、新郎新婦が並んで歩けばさらにゴージャスな雰囲気に。

    若い年代にはシングルのフロックコート、中高年の方にはダブルのフロックコートが注目されているようです。

    ほかの婚礼衣装にはないスタイリッシュさ、エレガントなシルエットを演出できることでしょう。

    3、フロックコートとタキシードの違い

    shutterstock_146463059

    基本的な違いはまず着用する時間帯です。

    男性が着る礼服は時間帯によって区別されているため、昼間は昼間の礼服、夜間は夜間の礼服を着用する必要があります。

    フロックコートであれば昼間の結婚式に着用するのがマナーですし、タキシードであれば夜間の結婚式に着用するのが本来のルールです。

    この点がフロックコートとタキシードの大きな違いと言えるでしょう。

    また日本国内では「タキシード」と認識している衣装であってもそれがタキシードでない場合もあったり、本来タキシードではない衣装を総称してタキシードと呼ぶケースもあります。

    タイの部分が黒い蝶ネクタイであることが本来のタキシードのスタイルですが、最近では蝶ネクタイにこだわらないケースや、フロックコートのようにロング丈のシルエットでもタキシードと称することがあります。

    仮にシルエットが酷似していたとしても根本的には異なる衣装だということを覚えておきましょう。

    4、フロックコートと相性抜群の会場&ドレスは?

    shutterstock_313671815

    一見するとフォーマルでエレガントな印象のフロックコートですが、コーディネート次第ではカジュアルにアレンジすることも可能です。

    とはいえ、ほかの衣装と比べて男性的なラインが強調されるので、重厚感漂う大聖堂やホテルウェディングなどシックな結婚式に特に親和性の高い衣装だと言えます。

    また、レースをたくさん使用したボリュームのあるウェディングドレス、クラシカルな長いトレーンとも相性抜群。会場や新婦の衣装に合わせてフロックコートを選ばれると、より新郎新婦のお似合い具合も増すでしょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    新郎の婚礼衣装といってもその種類は実に様々。

    デザインだけではなく、本来の衣装のあり方やルーツを知れば、衣装に対するイメージも変わってくることでしょう。

    着てみたい衣装、会場の雰囲気など、全体のイメージをもとに理想の一着を見つけてくださいね。

    今回ご紹介させていただいたフロックコートに関する内容が少しでも衣装選びの参考になれば幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ