2人の共同生活スタート!結婚が決まってからの引越し手続きリスト

    結婚を機に一緒に住み始めるカップルも多いと思いますが、結婚の準備と引越しの準備が同時並行!となると、とても忙しいですよね。

    そこで今回は、結婚と引越しに必要な手続きをまとめてご紹介します。

    [新婚さん必見!] 結婚後の保険見直し、お済みですか? 
    実際の新婚夫婦が保険見直しを体験したレポートが読みたい方はこちら

    密着!体験レポート|新婚夫婦が保険見直し本舗へ行ってみた!

    1、市区町村の役所での手続き

    名称未設定

    出典http://bridalmusings.com/

    (1)引越前にすること

    ①転出届

    現住所を管轄する市区町村の役所で転出届を提出し、転出証明書を発行してもらいましょう。手続きは転出の2週間前から可能な所が多いです。

    • 【必要なもの: 印鑑、身分証明書】

    同じ市区町村内で転居する場合は、転出届を提出する必要はなく、引越後に今までと同じ市区町村に転居届を提出します。

    ②印鑑登録証の返納

    名称未設定

    Hacoaの印鑑ケース

    印鑑登録をしている場合は、廃止の手続きが必要です。自治体によっては、転出届を出せば、自動的に印鑑登録を廃止してくれるところもあります。

    • 【必要なもの: 登録時の印鑑、身分証明書】

    同じ市区町村で転居する場合は、不要です。

    ■印鑑登録証とは?

    自動車の売買、不動産の取引、公正証書の作成など重要な手続きや申請をするときには通常、「印鑑証明書(印鑑登録証明書)」が求められます。

    書類に押印されたハンコが間違いなく本人のものであるか、また、本人が書類の作成者であるかを確かめるもので、重要な書類の作製には必ず「印鑑証明書」が必要です。

    ③戸籍標本

    婚姻届提出に必要な戸籍謄本を貰っておきましょう。

    一緒に婚姻届も貰っておくともう一度役所に行く手間が省けます。婚姻届は書き損じがあった時の為に、2枚貰っておくと安心です。

    本籍が遠方の場合は、本籍地の役所へ電話で申し出て、郵送にて請求することが出来ます。手元に届くまで1~2週間かかりますので、早めに準備しましょう。

    (2)引越後にすること

    名称未設定

    出典:http://www.idealcandidate.com/

    ①転入届・転居届

    引越前と後の市区町村が異なる場合は、転入届が提出しましょう。その際、旧住所管轄の市区町村で貰った転出証明書の提出も必要です。

    • 【必要なもの: 印鑑、身分証明書】

    手続きは引越後14日以内に済ませなければなりません。

    引越前と後の市区町村が同じ場合は、転居届を提出します。こちらも引越後14日以内に提出が必要です。

    ②印鑑登録

    結婚を機に印鑑登録される夫婦も多いですが、明確な期限はないので引越が落ち着いてからでも良いでしょう。

    【必要なもの:登録したい印鑑、身分証明書】

    同じ市区町村で転居する場合は、不要です。

    2.婚姻届の提出

    名称未設定

    出典:http://www.weddingpartyapp.com/

    婚姻届は24時間365日提出することが出来ます。

    もし入籍日にこだわって週末や祝日、時間外で婚姻届を提出する際は、書類に間違いや不備がないか気をつけましょう。後日役所に行かなくてはいけないだけでなく、受理日(入籍日)が変わってしまうので要注意です。

    • 【必要なもの: 2人の印鑑(旧姓)、戸籍謄本(または戸籍抄本)、身分証明書】

    ダウンロードが可能なおしゃれな婚姻届一覧はこちらをご確認ください。

    【令和対応】婚姻届おすすめデザイン31選

    3.ライフライン関係の手続き

    (1)ガス、電気、水道

    名称未設定

    出典:http://www.xmsigmar.com/uploadfile/

    現住所での停止手続きと新居での開始手続きが必要です。引越当日から必要になるものですから、遅くとも引越1週間前までに済ませておくと安心です。

    (2)その他、ライフライン

    名称未設定

    出典:http://allbanglanewspaper.net/

    • 新聞
    • 電話
    • インターネット回線
    • NHK、衛星放送

    固定電話の移転・移設には立ち合い工事が必要になることがあります。

    またインターネットの開通には申込みから工事まで、通常2~4週間かかることも。

    余裕をもって手続きをしておきましょう。

    4.その他、住所や名前(名義)の変更が必要なもの

    名称未設定

    出典:http://en.trend.az/casia/kazakhstan/2462521.html

    まだまだ住所変更、名前(名義)の変更が必要なものがあります。

    • 銀行や生命保険などの金融機関
    • 運転免許証
    • クレジットカード
    • パスポート
    • 携帯電話会社

    銀行口座の名義変更や生命保険の受取人の変更、運転免許証などどれも大切なものばかり。

    手続きの明確な期限はありませんが、早めに済ませておきましょう。

    5.こちらも忘れずに!郵便物の転送届け

    名称未設定

    出典:http://www.potterybarn.com/products/red-post-mail-box/

    ホームページや窓口設置の専用ハガキで申し込むと、現住居に送られてきた郵便物を希望日から1年間、新居に転送してくれます。

    申請から登録反映まで1週間程度かかることがありますので、早めに申請を済ませておきましょう。

    まとめ

    結婚と引越に必要な手続きをご紹介しました。

    何かと手続きも多く、初めてのことは大変かもしれませんが、その一つ一つがお二人の共同生活へのステップ。面倒くさがらずに楽しんでみて!To Doリストを作ってチェックしていけば安心ですよ。楽しい新婚生活スタートに少しでも何か役立ちますように♡

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ