ゲストが喜ぶ!クリエイティブで面白い結婚式の招待状のアイディア集

    結婚式の招待状はどれも似たようなデザインが多くていまいちピンとこない…。そんな時は個性的な招待状を選んでゲストを楽しませてみませんか?

    個性的で面白いデザインは一度見たら忘れることはありませんし、シンプルな招待状より気持ちが込められて嬉しいものですよね。

    また、結婚式まで時間のある方は招待状の自作にチャレンジしてみるのもおすすめです!自作するのは少々ハードルが高いかもしれませんが、斬新なアイディアをたっぷりと詰め込むことができますし、「結婚式の費用を節約したい」という方にもピッタリの方法ではないでしょうか。

    詳しくは「3、一手間加えるだけでオリジナルに!個性的な招待状のアイディア」でご紹介していきます。

    今回の内容が、ゲストが喜んでくれる素敵な招待状作成のご参考になれば幸いです。

    目次

    1、大前提!必要事項は必ず記載

    2、ゲストが喜ぶおすすめ結婚式の招待状デザイン4選

    3、一手間加えるだけでオリジナルに!個性的な招待状のアイディア

    1、大前提!必要事項は必ず記載

    アイディアや面白い内容ばかりに集中して忘れてしまいがちなのが必要事項の記載です。招待状を送る際は結婚式が行われる日時、時間、場所などを必ずゲストに伝えなくてはいけません。これらを招待状の中に上手く取り入れながらも「クスッと笑える」「あっと驚く」ようなオリジナルアートを選んでみましょう。

    アートというと難しく聞こえるかもしれませんが、二人にとって思い出深い場所、好きな物、共通の趣味、ゲストの好きな物をイメージすることでよりオリジナリティ溢れる招待状を作ることができます。

    2、ゲストが喜ぶおすすめ結婚式の招待状デザイン4選

    (1)ドラクエ風の招待状

    pi-we04-1

    出典:http://beauty.geocities.jp/

    (2)音楽が再生できる招待状

    top (2)

    出典:http://gigazine.net/

    メッセージカードを開くと音楽が流れるというタイプのものではなく、取り付けてあるレコードを直接手で回してもらうと音楽が再生できるという優れものです。

    動画はこちら

    (3)ゲストの似顔絵を描いた招待状

    d12

    出典:http://www.nigaoe-honpo.com/

    (4)風船を膨らませると日時が分かる招待状!

    balloon-560x396

    出典:http://www.yourwedding-guide.com/

    招待状に添えられている風船を膨らませると結婚式が行われる日時や場所などが分かるという面白いアイディア。見たことのない招待状にゲストも驚くことでしょう。

    3、一手間加えるだけでオリジナルに!個性的な招待状のアイディア

    市販の招待状にひと手間加えるだけで簡単に作れちゃう個性的な招待状をご紹介します。

    作り方はとっても簡単!「不器用だから絵に自信がない…」なんて人でもサクッと作れちゃいますよ。

    (1)風車にメッセージを添える!

    pinwheel-fan-invitation3

    出典:http://aquarel-art.ru/

    風車が回転するとメッセージが見える仕組み。シンプルだけどとってもキュートな招待状です。

    (2)ハガキの直接刺繍を施す

    bordado

    出典:http://www.farmrio.com.br/

    刺繍で作られたメッセージは不器用だけどどこかほっこりするもの。

    (3)招待状にリボンをつける

    shutterstock_104035046

    招待状にリボンをつけるというシンプルなものですが、ひと手間加えるだけで可愛さも倍増します。

    一から自作するのはちょっと…という方はリボンやタグをつけて華やかな招待状にしてみませんか?

    まとめ

    今回は面白い結婚式の招待状をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?今回の内容が、ゲストが喜ぶ招待状作成のための参考になれば幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ