ロマンチックすぎる!ヨーロッパの伝統的なおまじない「サムシングフォー」で願い事を叶えちゃおう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式には縁起モノを身につけてげんを担ぐ新郎新婦が多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいラッキーアイテムが、新郎新婦がお揃いで身につけられる「サムシングフォー」。早速詳しくご紹介していきましょう。

目次

1、サムシングフォーとは

2、サムシングフォーの中身について

3、新郎におすすめのサムシングフォーアイテムとは

1、サムシングフォーとは

shutterstock_151890368

サムシングフォーとは欧米に古くから伝わる結婚式のおまじない。

花嫁が幸せになれるようにという願いを込めて4つのお守りを結婚式当日に身につける習慣です。

「新しいもの(サムシングニュー)」「古いもの(サムシングオールド)」「借りたもの(サムシングポロウ)」「青いもの(サムシングブルー)」の4つを指し、サムシングフォーと呼ばれています。

サムシングフォーの由来はマザーグースの歌の一節と言われており、ヨーロッパ地方では200年以上も前から続けられている伝統的な慣習です。

サムシングフォーを身につけて結婚式を迎えた花嫁は幸せな人生を歩むことができると言われています。

2、サムシングフォーの中身について

shutterstock_286829918

花嫁の幸運のアイテムであるサムシングフォーですが、それぞれの意味は理解できても具体的にどんなアイテムを取り入れたらよいのかイメージが湧かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでサムシングフォーに取り入れられる代表的なアイテムをそれぞれご紹介していきます。

(1)サムシングオールド

shutterstock_116664514

サムシングオールドは基本的に先祖から受け継いだものを身につけることが多いようです。

例えば母や祖母からもらったジュエリーや小物類、ウェディングドレスやヘッドドレスなどもこれに当てはまります。

(2)サムシングニュー

shutterstock_82504894

サムシングニューは結婚式当日までに用意した新しいものを指します。

新しいものであれば基本的にどんなアイテムでもOKなので、ジュエリー、シューズ、ドレスなど花嫁のお好みに合わせてチョイスするといいでしょう。

(3)サムシングポロウ

shutterstock_75766798

サムシングポロウはすでに結婚している方や幸せな人生を歩んでいる方からその幸せをおすそ分けしてもらう、という意味を込めてアイテムを借ります。

借りるものはどんなものでも構いません。ハンカチなどを選ばれる方が多いようです。

(4)サムシングブルー

shutterstock_76200160

青は幸せを運ぶ代表的なカラーであると同時に、聖母マリアのシンボル、そして信頼と忠実を意味する色として古くからウェディングシーンで親しまれてきました。

ヨーロッパの風習では青のリボンとガーターベルトを身につけることが一般的ですが、日本ではブーケやリストコサージュとして身につける花嫁が多いようです。

3、新郎におすすめのサムシングフォーアイテムとは

shutterstock_169387556

新郎の場合は身につけるアイテムが花嫁よりも圧倒的に少ないので、サムシングフォーとしてどんなアイテムが相応しいのかすぐに思いつかないものですよね。

新郎におすすめのサムシングフォーアイテムをご紹介していきます。

(1)サムシングオールド

shutterstock_12328042

新郎の場合は両親や祖父母が大切に扱っていた万年筆や時計など、結婚式後も末永く愛用できるモノを身につけるようにするといいでしょう。

どちらもタキシードと相性がいいですし、古いアイテムがアクセントになって引き締まった印象に見せてくれます。

(2)サムシングニュー

shutterstock_283211336

サムシングニューは結婚式当日に使用できる靴やチーフなどを新調するのがベスト。

特に靴は結婚式が終わっても長く使用することができるのでサムシングニューとしても相応しいアイテムです。

(3)サムシングポロウ

shutterstock_133743968サムシングポロウは信頼できる友人や親戚夫婦からタイピンやカフスなどを借りるといいでしょう。

ものを借りることで、「長い夫婦愛」にあやかるという意味が込められているので、目上の方にお願いするようにしましょう。

(4)サムシングブルー

shutterstock_316407506サムシングブルーは青色を強調しすぎない程度に取り入れるのがベスト。靴下やブートニアにブルーを取り入れれば自然にサムシングブルーを身につけることができます。

また花嫁とお揃いのブーケ・ブートニアにするのも素敵ですよね。

まとめ

4つのアイテムを新郎新婦が身につけて、最後に「6ペンスコイン」を花嫁の左足の靴に1枚忍ばせればおまじないは完成です。

靴の中にコインを忍ばせることで「末永く豊かに暮らせる」と言われているので、新婦だけではなく新郎もポケットに忍ばせて、二人でサムシングフォーのご利益にあやかってみては?

ちなみにこの6ペンスコインは400年以上イギリスで使われてきましたが現在は製造されていません。ウェディング専門のショップで購入するとよいでしょう。

サムシングフォーのおまじないで二人の幸せが永遠に続きますように♡

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ