見てるだけでうっとり!憧れハイブランドのドレス特集

    ハイブランドのドレスはレースを贅沢に使用していたり、シンプルなデザインで映える高級な生地感が魅力的。そんな美しいデザインのドレスたちは見ているだけで心がわくわくしてくる人は多いのではないでしょうか。

    今回は、アントニオ・リーヴァをはじめとするハイブランドドレスを20着ご紹介します。

    来館予約+ウェディングで商品券10万円プレゼント実施中!

    1、ANTONIO RIVA

    ふんわりと柔らかなでボリューミーなスカートがロマンティック。トップスはレースで、シースルーのハイネックになっているのがポイント。

     

    総レースの華やかなロングスリーブドレス。冬のウェディングで着たい美しい大人なデザイン。

    シンプルさの中に純潔無垢さを感じられる一枚。ウエストから花びらが飾られているようなデザインで、まるで咲き誇るユリのよう。

    2、SAREH NOURI

    美しい総レースのスレンダーライン。細身の形もキャップスリーブも大人っぽさが満載。

    立体感の出る厚手の生地とチュールを合わせたAラインドレス。ペプラムのバックをトレーンにしたようなデザインで、バックスタイルも美しいデザイン。

    3、VERA WANG BRIDE

    首周りのドレープが印象的なデザイン。シンプルさが花嫁の美しさを引き出してくれそう。

    ゴージャスな雰囲気のレースが目を引く一枚。程よいボリューム感が、可愛らしくなりすぎず大人花嫁にもおすすめ。

    4、LUISA SPOSA

    ホルターネックのセクシー感のあるデザイン。軽さのあるスカートとトレーンはバージンロードで美しく舞い、華やかさを演出してくれそう。

    ロングスリーブのクラシカルな総レースドレス。ガーデンウェディングによく合いそうなデザイン。

    5、Cecilie Bahnsen

    まるでコルセットのような上半身が個性的な1枚。シースルーの袖ありハイネックが、大人っぽさを演出しながらもカジュアルさを感じられ、モデルのようにスニーカーとも相性が抜群。

    先ほどのデザインとは打って変わり、非常にロマンチックさを感じられるドレス。透け感のある花柄は大きなパフスリーブを重く見せず、ガーデンなどでカジュアル感のあるパーティで着たい一枚。

    6、Jacquemus

    シンプルな中に個性のあるマーメイドライン。ジュエリーで華やかにしても、あえてシンプルなまま着てもカッコよさを感じられる大人なドレス。

    7、Oscar de la Renta

    バックスタイルが立体的に仕上げられたスレンダーラインのドレス。トップスはレースでセクシーに、バックスタイルは程よい露出が背中を美しく見せてくれる。

    シンプルなベアトップに、ボリュームを出したスカートが印象的なデザイン。スカートから覗く脚が、スカートのボリューム感で細く見えそう。

    大人っぽさを感じられる総柄のマーメイドライン。透け感が華やかで、ナイトウェディングで着たい一枚。

    8、Lela Rose

    カットレースを全身に使用した贅沢な一枚。バックには取り外し可能なサテンのトレーンがあしらわれており、シンプルでも目を引くデザイン。

    胸元のカットが大胆なスレンダーラインのドレス。柔らかなトレーンがシンプルな中に優雅さを感じられる。

    立体感のあるギピュールレースが美しいデザイン。背中は大胆に開いており、大人感満載の一枚。

    9、AMELIA CASABLANCA

    ふんわりとボリュームのあるクラシカルなロングスリーブは、今注目のスタイル。清楚な雰囲気が演出できるデザイン。

    総レースのオフショルダーデザイン。清楚感があり、どんな体型にも似合う優秀ドレス。

    まとめ

    今回はハイブランドのウェディングドレスを20着ご紹介しました。シンプルから華やかなデザインまで揃っていますが、どれもそれぞれ魅力の詰まったデザインばかり。

    現在はクラシカルなデザインにも注目が集まっていますので、ぜひチェックしておきたいですね。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO