何かの病気? 妊娠? 生理で黒い血が出る原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生理で黒い血が出たら、病気なのかな?と心配になってしまいますよね。

黒い血は何が原因で、どんな病気の可能性があるのでしょうか。

今回は生理中黒い血が出る原因と、妊娠初期に黒い血が出た時の対処法などをご紹介します。

1、何かの病気? 妊娠? 生理で黒い血が出る原因

 (1)妊娠の可能性は?

妊娠した時に着床出血で生理予定日前後に少量出血することがあります。

しかし着床出血を経験した人の血の色はピンク~茶色だったという意見がほとんどで、黒い着床出血だったという人は極少数です。

妊娠の可能性はないわけではないのですが、着床出血自体経験する人は全体の2%程ですし、黒い血は出る人はさらに少数なので、可能性は低めです。

(2)一時的に黒い血が出る

生理開始直後に黒い血が出てきて、量が増えるにつれて通常の赤さになる場合があります。

血は酸化すると黒っぽくなるため、古い血が黒くなって出てきている可能性があります。

生理開始直後に黒い血が出る場合は、前回の生理の経血が残っていて生理開始とともに出てきた場合や、出血量がまだ少量のため体外に出てくるまでに時間がかかったために血が黒くなる場合があります。

徐々に通常の赤さに戻るのであればあまり心配はいりませんが、古い経血が残っていたり、出血量が少ない場合はホルモンバランスが乱れていることもあるので、毎月繰り返すようであれば婦人科を受診してみましょう。

(3)病気の可能性は?

上記のとおり、少量の黒い血が一時的に出るのであればあまり心配はいりませんが、生理のたびに黒い血が出たり、黒い血の出血量が多かったり、塊になって出てくるのであれば子宮の病気の可能性があります。

病気の部分で出血を起こし、子宮に血が溜まって酸化し、生理の時に黒い血となって出てきます。

黒い血以外に病気の特徴がみられないか確認してみましょう。

①子宮筋腫

  • 夜用のナプキンでも追いつかないほどの経血量
  • レバー状の塊が出る
  • 下腹部のはり
  • 腰痛が続く
  • 貧血
  • 頻尿や、逆に尿が出づらくなる
  • 便秘

②子宮腺筋症

  • 重い月経痛
  • 貧血
  • 骨盤痛がある

③子宮体がん(子宮内膜がん)

  • 不正出血がある
  • おりものが増える
  • おりものが臭う
  • 下腹部痛がある

黒い血や塊の出る量や頻度が多い場合には、上記のような他の症状がなくても婦人科を受診することをおすすめします。

2、妊娠初期に黒い出血をしたときの対処法は?

 (1)妊娠初期に黒い出血…原因は?

妊娠初期に黒い出血や血の塊が出る場合は以下のような原因の可能性があります。

  • 【胞状奇胎】妊娠の継続ができなくなります。
  • 【子宮頚管ポリープ】早産の原因となることも。ポリープの位置や大きさで、出産まで切除しなかったりすぐに切除したりと対処法も変わります。
  • 【子宮がん】妊娠初期の子宮がんの検査で発覚することもあります。

その他にも茶色いやピンク、赤色の出血があることもあり、上記以外の原因も考えられます。

(2)妊娠初期に黒い出血をした時の対処法

妊娠初期に黒に限らず出血があった場合は、少量であっても医師に相談しましょう。

このくらいの出血なら…と思っていても、少量の出血で胎児の命に係わる状態になっていたという人もいますので、決して自己判断はしないようにしてください。

また、妊娠中の出血となると動揺してしまうかもしれませんが、病院を受診する前に出血の量や色をしっかりと覚えておきましょう。

まとめ

生理で黒い血が出ても焦らずに、どのくらいの出血量なのかを見ておきましょう。

少量なのであればそれほど心配ありませんが、繰り返すなら病院を受診してみると安心です。

妊娠初期の黒い出血の場合は量や期間に限らず、医師に相談し自己判断で対処するのはやめましょう。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ