妊娠に気づかずお酒を飲んでしまった・・・妊娠中のアルコール飲酒の赤ちゃんへの影響

妊娠がわかってからなら飲酒はしないように気をつけられますが、妊娠超初期の頃でまだ妊娠が確定していない時期に、気づかずお酒を飲んでしまっていたという人は少なくないのではないでしょうか。

妊娠中はお酒を飲んではダメというのは誰もが知っている事なので、あの時飲んだお酒って大丈夫だったのかな?と不安になってしまいますよね。

また、アルコールだと気づかずに、うっかりお酒など口にしてしまうこともあるかもしれません。

今回は妊娠超初期からの妊娠期間中の飲酒による赤ちゃんへの影響などをご紹介します。

1、妊娠に気づかずお酒を飲んでしまった・・・妊娠超初期の飲酒の赤ちゃんへの影響は?

前回の生理開始日を妊娠0日と数え、妊娠超初期は妊娠0日から4週になるまでのことをいいます。

次の生理予定日がくるかどうかのあたりなのでまだ妊娠検査薬も使えず、妊娠に気づく人もまだ少ない頃です。

妊娠中のアルコール摂取に関して影響範囲や影響時期など詳しいことはわかっていません。

なので妊娠に気づいたらすぐに飲酒は控えるべきです。

しかし妊娠超初期は胎盤がまだできておらず、妊娠中にアルコールを摂取した場合は胎盤を通して胎児の体に入るので、妊娠超初期の段階では影響はまだ少ないのではないかと言われています。

しかし妊娠超初期の飲酒が無害と証明されているわけでもないので、妊娠する可能性がある時は排卵日の1週間後あたりから飲酒を控えておけば、もし妊娠していた時にも安心です。

2、妊娠初期~妊娠後期の飲酒の赤ちゃんへの影響は?

妊娠超初期の期間が過ぎ、胎盤が作られ始める妊娠初期の頃になるとアルコールの影響が赤ちゃんにはっきりと出るようになります。

妊娠中に摂取したアルコールは胎盤を通して赤ちゃんの体に入ります。

子供に飲酒をさせると成長に影響があると言われていますが、胎児である赤ちゃんの体はさらにとても小さくアルコールに対する免疫もありません。

アルコールが体に入った赤ちゃんは、アルコールの分解能力もあまりない為酔っぱらったような状態が続きます。

妊娠初期の飲酒は後期の赤ちゃんに比べてアルコールの影響をさらに強く受けます。

なら中期から後期になれば少しは飲めるのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

あくまでも妊娠初期に比べたら妊娠後期の方が影響は弱いというだけで、赤ちゃんに深刻な影響があることは変わりませんし、中期以降の飲酒は胎児の成長と脳に影響を及ぼします。

3、「胎児性アルコール症候群」とは?

胎児性アルコール症候群とは妊婦の習慣的な飲酒が原因だと考えられる先天性疾患の事です。

生まれてきた子供にあらゆる知能障害があらわれることがあります。

知能障害の他にも低身長や低体重などお腹の中で充分に成長することができなかったり、外見の奇形などがあらわれることもあります。

治療法は存在していませんが、飲酒をしなければ100%防ぐことができるものです。

まとめ

妊娠超初期のころは少し飲んでしまったくらいであればまだ心配が少ないころなので、あまり気にし過ぎず、その後の飲酒を控えましょう。

お酒がやめられない人は、ストレスをためるのは一番良くないから…とついつい妊娠中も手を出してしまっていませんか?

しかし飲んでしまった後に赤ちゃんへの影響を心配することは、もっとストレスになると思います。

赤ちゃんもアルコールを分解できず苦しんでしまいますので、アルコールが赤ちゃんに与える影響をしっかりと覚えて飲みたくなった時は是非赤ちゃんが苦しんでしまうことを思い出してくださいね。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ