飲んでも平気? ダメ? 妊娠中でも飲める栄養ドリンク6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

栄養ドリンクとは、ビタミンやアミノ酸などの栄養素が配合され疲労回復や栄養補給の効果が期待できる飲み物のことです。

妊娠中はどのようなものを口にしていいのか、またはどのようなものを口にしてはいけないかお母さんは気になるものです。

今回は、妊娠中でも飲める栄養ドリンク6選についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

1、妊娠中に栄養ドリンクを飲んでも平気? ダメ?

妊娠中に栄養ドリンクを飲んでも平気、ダメとは一概に言えません。

近年では、眠気覚ましや疲労回復のためのエナジードリンク以外にも、「産前産後の栄養補給に」や「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載されている妊婦さん向けの栄養ドリンクも多く出てきていますが、妊娠中は控えた方が良い栄養素や成分などもあるため、妊娠中に飲んでも大丈夫な栄養ドリンクの選び方をしっかりと理解しておくことが重要です。

下記では、妊娠中に飲む栄養ドリンクを選ぶ際の注意点について詳しくご紹介していきます。

2、妊娠中に飲む栄養ドリンクを選ぶ際の注意点

ここでは、妊娠中に飲む栄養ドリンクを選ぶ際の注意点についてご紹介していきます。

(1)カフェインを含んでないか?

妊娠中のカフェインの取りすぎは、お母さんの慢性的なカルシウム不足や、血管を収縮させてしまう影響があることから、赤ちゃんに十分に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまい、発達障害や最悪の場合には早産や流産などの影響も考えられます。

妊娠中のカフェイン摂取は絶対にダメというわけではありませんが、栄養ドリンクはできればカフェインを含まないものまたはカフェインが少ないものを選ぶことが重要です。

WHO(世界保険機関)をはじめとする、各国のリスク管理機関の調査によると妊婦さんが摂取していい1日のカフェイン摂取目安量は200〜300mgとなっています。

一方でスウェーデンの研究では1日に100g以上カフェインを摂取している場合に流産する人が多く、摂取量が増えるにつれて確率が高くなったというデータもあるそうです。

これらの結果から、妊娠中のカフェイン摂取はなるべく避け、栄養ドリンクもカフェインを含まないものを選んだほうが良さそうです。

(2)カロリーまたは糖質が高くないか?

栄養ドリンクは栄養補給を目的としていることから、カロリーが高いものも多くあります。

しかしながら、妊娠中は妊娠糖尿病や妊娠中の体重以上増加を避けるためにも、体重管理をすることがとても重要です。

栄養ドリンクを選ぶ際には、カロリーが高くないか、糖分が高くないかを確認した上で、両方高い場合には、その他の食事をする際にしっかりと調整するよう注意が必要です。

(3)アレルギー成分が含まれていないか?

栄養ドリンクには様々な成分が含まれています。

摂取しすぎるとアレルギー反応を起こしてしまうものなどがないか、成分表示をかならず確認するようにしましょう。

どうしても心配な場合には、医師に相談してみるのもいいでしょう。

(4)アルコール類が含まれていないか?

栄養ドリンクには、微量でもアルコールが含まれているものもあります。

微量であれば妊婦さんや赤ちゃんに影響はないことがほとんどですが、アルコールに弱い方や過剰に反応してしまう方などは、十分に注意が必要です

(5)妊婦が摂取してはいけない漢方が含まれていないか?

漢方であれば妊婦でも飲んでも大丈夫ではないか?と思われる方も少なくないかと思いますが、漢方の中にも妊婦さんが服用するにはふさわしくない種類またはアレルギーなどの対象となる漢方もあります。

特に 「発汗」「下痢」「多尿」の作用がある漢方は妊娠中に摂ってはいけないとされていますので気を付けましょう。

3、妊娠中でも飲める栄養ドリンク6選

ここでは、妊娠中にでも飲める栄養ドリンク6選についてご紹介していきます。

(1)チョコラBB ドリンクビット(エーザイ)

出典:https://www.chocola.com/product/bbbit.php

肌あれ、にきび、口内炎、口角炎、口唇炎、かぶれ、ただれ、湿疹、皮膚炎、舌炎、赤鼻、目の充血、目のかゆみなどに効果のある栄養ドリンクです。

肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の補給に推奨されていて、ノンカフェインなので妊娠中の方でも安心して服用できます。

0.1ml以下のエタノールを含むため、アルコールに敏感で心配な方は服用する前に医師に相談をしておくと安心です。

(2)チョコラBBローヤル2(エーザイ)

出典:https://www.chocola.com/product/bbroyal2.php

主に体力、身体抵抗力又は集中力の維持・改善や疲労の回復・予防などに効果のある栄養ドリンクです。

病中病後の体力低下時、発熱を伴う消耗性疾患時、食欲不振時、妊娠授乳期又は産前産後等の栄養補給に推奨されていて、ノンカフェインなので妊娠中の方でも安心して服用できます。

(3)プレシャスビータ(アイクレオ)

出典:http://www.ezaki-glico.com/release/20100209_2/index.html

粉ミルクの製造販売を行なっている企業、アイクレオが販売している栄養ドリンクです。

主に産前産後・肉体疲労・栄養障害・食欲不振・病中病後・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給、滋養強壮、虚弱体質などに効果のある栄養ドリンクで、カフェイン、糖質ゼロなので妊娠中の方でも安心して服用できます。

唯一産院などでも推奨されている栄養ドリンクでもあるようです。

(4)アルフェ ネオ(大正製薬)

出典:http://www.taisho.co.jp/company/release/2016/2016032201.html

大正製薬が製造販売を行なっている栄養ドリンクです。

主に肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給や滋養強壮、虚弱体質などに効果のある栄養ドリンクです。

アルフェネオには、鉄分が多く含まれていることが特徴で、ノンカフェイン、1本あたりのカロリーが5カロリーと低カロリーなのも女性、妊婦さんには嬉しいポイントです。

鉄分は摂りすぎると便秘や下痢の原因になってしまう影響もあるため、用法・用量を守った上で1日の摂取目安量に気をつけて服用するように気をつけましょう。

(5)アルフェB-in(大正製薬)

出典:http://www.taisho.co.jp/company/release/2001/031401-j.htm

大正製薬が製造販売を行なっている栄養ドリンクです。

主に肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給や滋養強壮、虚弱体質などに効果のある栄養ドリンクです。

鉄分やビタミンB2・B6が補給できることが特徴で、女性の疲れを意識した栄養ドリンクです。

ノンカフェインで妊婦さんにも安心して服用できます。

用法・用量をしっかりと守り、貧血気味などで病院から鉄剤を処方されている方は、鉄分の摂りすぎに十分に注意が必要です。

(6)ペアA(LION)

出典:http://pair.lion.co.jp/products/drink/

歯磨きや洗剤、ヘアケア、スキンケア商品の製造販売を行なっているライオンが製造販売を行なっている栄養ドリンクです。

主に、にきび、肌あれ、皮膚炎、かぶれ、ただれ、湿疹、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎などに効果のある栄養ドリンクで、肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の服用が推奨されています。

ノンカフェイン、低カロリーなので妊婦さんでも安心して服用できます。

新陳代謝を促す効能があり、体の中の老廃物を排出してくれ、肝臓の働きを高めてくれる成分「グルクロノラクトン」が含まれていることで、効果的に体調を整えてくれます。

ただし、他のビタミン含有製品を同時に使用する場合には、摂りすぎないように注意が必要です。

心配な場合には、服用する前に医師に相談をしておくと安心です。

まとめ

今回は、妊娠中でも飲める栄養ドリンクについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事が、ご参考になれば幸いです。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ