妊娠の安定期はいつから?リスクはある?適切な妊娠報告のタイミングと過ごし方をご紹介!

    待ちにまった我が子を妊娠し、喜ぶのも束の間、特に初めての妊娠であれば、「喜びよりも不安の方が大きい!」なんていう妊婦さんは意外に多いものです。妊娠初期の頃は流産の割合が高かったり、つわり症状が出たりと体調が安定しにくいものですが、中期に差し掛かると「安定期」と呼ばれる比較的体調が穏やかな時期が来ます。今回はそんな「安定期」について、いつから始まるのか?リスクはあるのか?また、妊娠の報告のタイミングやおすすめの過ごし方について、ご紹介したいと思います。

    1、「安定期」とは?

    安定期とは、つわり症状が落ち着き、流産のリスクが低くなる時期のことを指します。流産の9割が安定期に入る前に起こるとされていますが、安定期でも流産や早産の可能性はあります。一般的に、安定期は妊娠5ヶ月から7ヶ月のことをいい、妊娠中期にあたります。しかしながら、安定期に入ってもつわりがある人もいるので、あくまで目安と考えるようにしてくださいね。

     

    2、安定期の過ごし方注意点

    安定期は比較的、体調や気持ちが落ち着く時期です。妊娠初期につわりがひどかった人にとっては、いよいよ妊娠ライフを謳歌できる時期でもあります。基本的には、妊娠前と同じ生活を送ることができますし、適度に体を動かす必要もありますが、注意すべきこともいくつかあります。項目に分けてご紹介いたします。

    ・転倒に気をつける

    お腹が大きくなるため、転倒の危険性が増します。足元が見えにくく、バランスも取りづらいため、可能な限り自転車に乗ることやハイヒールは避けるようにしましょう。

    ・体重管理に気をつける

    つわりが終わり、食欲が増してくる時期であるため、これまで食べられなかった反動とともに、食べ過ぎてしまうことがあります。妊娠中の体重管理は、医師から指示があるので従うようにしましょう。あまりに増加してしまうと、妊娠高血圧症候群や難産などのリスクが高まりますので、注意が必要です。

    ・「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」

    妊娠中期以降になると、妊娠期特有の病気にも気をつける必要があります。代表的な病気は、以下の2つです。

    妊娠高血圧症候群

    かつては妊娠中毒症と呼ばれていました。妊娠20週以降から産後12週までに高血圧などを発症します。重篤な場合は、母子ともに危険があるので、塩分の摂り過ぎや体重増加に気をつけましょう。

    妊娠糖尿病

    ホルモンの影響で血糖値が上がりやすくなることがあり、赤ちゃんに悪い影響が出ることがあります。傾向があると診断された妊婦は、医師の指示に従い食事制限をするなど、注意が必要です。

     

    ・流産や切迫早産の可能性

    安定期にも流産が起こる可能性があり、この時期以降に起こる流産は、死産と呼ばれます。母体に原因があることが多く、「頸管無力症」や「子宮筋腫」などが原因とされています。また、この時期以降は、胎児が未熟児で生まれても生きる可能性があり、早産と呼ばれます。妊娠22週~36週の間に、さまざまな理由で早産になりそうな状態を切迫早産と呼びます。 この場合は入院や絶対安静などが必要になるので、医師の指示に従って過ごしましょう。

    上記に挙げたトラブル以外にも、マイナートラブルと呼ばれる腰痛、むくみ、便秘、下痢、頭痛、胃痛など、さまざまな不調が起こることが多々あります。身体に負担をかけたり、冷したりしないように注意しましょう。辛い場合には遠慮せず医師に相談するのがいいですね。 自分と赤ちゃんを大事にしつつ、トラブルにも注意しながら、貴重な安定期を楽しみましょうね!

     

    3、職場への妊娠報告は安定期に入ってから?

    職場への報告のポイントは、“職場”とひとまとめに考えないことにあります。仕事関係者それぞれの、相手の立場ごとに報告のタイミングを考えてみましょう。

    ・直属の上司は早目に報告

    家族以外には、なるべく安定期まで知らせたくはないものですが、仕事上の直属の上司の場合は、つわりなど体調の変化が見られて通常通りの動きができなくなってきた時点で、報告するのが望ましいです。急に体調が悪くなった時の 仕事の段取りや人員補充の手配などをしておく必要がありますね。その際に、具体的なつわりの症状など体の様子も伝え、どの程度仕事ができるのか?残業・出張などは可能かどうか?希望も伝えておきましょう。また、上司にお子さんがいない場合は、安定期がいつ頃で、それまで内密にしたもらいたい旨を添えておくとよりスムーズに仕事を行うことができますね。

    また、医師から何か指導を受けた場合、職場に状況を正確に報告するために使用する 「母性健康管理指導事項連絡カード」というものがあります。医師にカードに必要事項を記入してもらい、事業主に提出すると、必要な措置をとってもらうことができます。

    ・同僚・先輩には、仕事に影響が出てきた頃に報告

    仕事で関わりが多い同僚・先輩には、つわりなどでフォローをお願いする必要が出てきた時点で伝えましょう。その際に気をつけておくのは、“誰かが先に知っていた”という状態にならないよう、できる限り同じタイミングで報告することです。特に、職場でキーパーソンとなる人には、“後から人づてで聞いた”ということにならないように気をつけましょう。

    ・直接仕事で関わりのない同僚は自然な形で

    あまり交流がない場合は、つわりなどの症状で見た目に分かったり、周りからの話で自然に伝わる程度にとどめておきます。自分から妊娠したことをわざわざ告げる必要はありません。

     

    4、安定期にできること

    安定期には注意点もありますが、妊娠期のうちで最も動きやすく気分も楽であることが多いのも事実です。ここでは、そんな安定期だからできることをご紹介します。

    ・戌の日の安産祈願

    日本では、安定期を迎える妊娠5ヶ月ごろに安産祈願をする「帯祝い(着帯祝い)と呼ばれる習慣があります。安産であること、子どもが丈夫に育つこと、などの願いを込めて、妊婦が腹帯を巻くものです。一般的には多産でお産の軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日に行くことが多いですが、無理せず体調のいい日を選んで行くようにしましょう。

    ・適度な運動

    出産・育児では、体力を大変消耗します。安定期の間に、軽い運動から始めて、体力づくりをするのもおすすめです。ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティスイミングなどは、初心者でも始めやすくペースを調整できるのでおすすめですが、お腹が張る・痛みがある時は必ず中断して、安静にしましょう。

    ・ショッピング

    出産に向けて、自分に必要なものや赤ちゃんに必要なものを準備するのにいい時期です。外出することで、身体も心もスッキリします。ただし、長時間の買い物や、人の多い所は、体力を消耗し過ぎたり、事故や感染症の危険性が高まるので、できるだけ避けましょう。

    ・マタニティフォト

    最近は、妊娠中の思い出としてマタニティフォトを撮る方が増えています。人生のうちで何度もあるわけではない妊婦という貴重な姿を、プロの人に撮ってもらえるのは嬉しいものですし、大きくなったお子さんに見せることもできるので、良い記念になりますね!

    ・母親学級・両親教室

    市町村や自治体、産婦人科では母親学級や両親教室が開催されています。妊娠中の過ごし方や栄養指導、出産に向けての心構え、産後の育児について学べる貴重な時間です。両親教室では、旦那さんに妊婦体験や沐浴体験をしてもらえるので、積極的に参加してもらいましょう。旦那さんにとっても、親になるという自覚が芽生えるだけでなく、奥さんをもっと大切にしないとと思い直す良いきっかけになるかもしれませんね!

    ・旅行やデート

    子どもが生まれると、映画館やお洒落なレストランには行きにくくなります。今のうちに、夫婦水入らずの時間を満喫してください。旅行については、一般的に安定期に入る妊娠5ヶ月から旅行に出かけても大丈夫といわれていますが、妊娠21週まではまだ流産しやすい時期で、妊娠28週以降はお腹も大きく体のバランスがとりにくくなるので、妊娠22週~27週に計画する方がおすすめです。無理をせず、飛行機に乗らない国内旅行がおすすめですよ!

     

    5、マタニティプランのあるオススメの温泉宿9選

    最後にご参考までに妊婦さんに評判のいいマタニティプランがある温泉宿9選をご紹介いたします。一生に何度あるかわからない貴重な時期に、たくさんの素敵な思い出を作ってみてくださいね!

    1.吉祥CAREN【静岡県・東伊豆】

    まずは、東伊豆にある旅館から。こちらの宿には広々とした和室が設けられていて、穏やかな海を一望できるのがとても魅力的です。部屋はすべてオーシャンビューなので、妊婦さんでなくても嬉しいですね!体に配慮したノンカフェイン飲料のサービスや体に負担がかからない抱き枕の利用も可能です。到着後すぐに布団をひいてくれるサービスもあり、疲れやすい妊婦さんのことをどこまでも思ったサービスが充実しています。また、コンシェルジュデスクが24時間待機しているのも安心のポイントです。

    吉祥CAREN(きっしょうカレン)

    TEL/0557-23-1213

    住所/賀茂郡東伊豆町北川温泉

    アクセス/熱海よりR135・伊東経由1時間30分

    公式URL/https://www.kissho-caren.com

    2.ホテル ウェルシーズン浜名湖【静岡県・浜松市】

    続いては、健康志向のバイキングが妊婦に大好評なこちらのお宿。ママの体調で好きなものを好きなだけチョイスできるバイキングになっています。ベジタブル&フルーツマイスターに質問することもできる、女性には嬉しいサービスです。地場産の野菜でつくる健康志向料理や旬にこだわったオリジナルメニュー、そしてパティシエメイドのスイーツなどヘルシーな料理が並ぶバイキングは、一緒に訪れた人にも嬉しいポイントですね!低反発フロアチェアやマタニティナイトウェアの無料貸出などうれしいサービスもありますよ。

    ホテル ウェルシーズン浜名湖(旧 遠鉄ホテルエンパイア)

    TEL/053-487-1111

    住所/浜松市西区舘山寺町1891

    アクセス/東名浜松西ICより15分

    公式URL/https://wellseason.jp

    3.伊東ホテル聚楽【静岡県・伊東市】

    こちらは、伊東を見下ろす高台に立つリゾートホテルですが、最上階にあるナチュラルスイートを予約すると、絶景を望む露天風呂付きで、いつでも本物の温泉を楽しむことができます。食事は個室風ダイニングで栄養面に配慮した特別メニューを堪能できるので、妊婦が安心して食事タイムを楽しめます。また、広々とした和室に設置されたベッドは、体を上下させるのがきつくなる妊婦に嬉しいローベッドになっています。また、デカフェ紅茶や人気ブランドのバスセットの特典もあって、女子心をくすぐられますね!また、ゆったりと寛げるようマタニティウェアをプレゼントしてくれるのですが、オシャレなデザインなので自宅でも活躍しますよ!

    伊東ホテル聚楽(じゅらく)

    TEL/0557-37-3161

    住所/伊東市岡281

    アクセス/東名厚木ICより1時間30分、沼津ICより1時間10分

    公式URL/http://www.hotel-juraku.co.jp/ito/

    4.湯田上温泉 ホテル小柳【新潟県・田上町】

    続いては、新潟県の田上にある、越後平野を望む小高い丘に佇むホテルです。部屋にはマッサージチェアが付いていて、布団が用意されているので、いつでも横になることができます。抱き枕やクッション、フットピローの3点セットのほか、ミントティーやお守りのプレゼントもあり、妊婦さんに嬉しいサービスが魅力的です!妊婦さんのための安産会席は、素材や調味料にもこだわった体にやさしいメニューです。

    湯田上温泉 ホテル小柳(ゆたがみおんせん ホテルおやなぎ)

    TEL/0256-57-5000

    住所/南蒲原郡田上町大字田上乙1322-1

    アクセス/北陸道三条燕ICより30分

    公式URL/http://www.oyanagi.co.jp

    5.癒しめぐりの宿 夢みさき【千葉県・南房総市】

    次にご紹介するのは、海が見える露天風呂付の南房総市のお宿です。木の温もり漂う客室には、マッサージチェアと空気清浄器が完備されています。また、海が見える露天風呂が付いているお部屋があるので、プライベートな空間で温泉をゆっくり楽しめるうえに、妊婦のために食事を部屋で摂ることができます。

    癒しめぐりの宿 夢みさき

    TEL/0470-44-2000

    住所/南房総市千倉町瀬戸3137

    アクセス/富津館山道路富浦ICより25分

    公式URL/http://yumemisaki.co.jp

    6.南房総白浜温泉 季粋の宿 紋屋【千葉県・南房総市】

    続いてご紹介するお宿も、南房総市から。太平洋を一望できる和モダンの宿です。部屋に入ると、まず目にするのは青く美しい海と空。妊婦さんのための専用イスは、リクライニングやオットマン付で快適なおもてなしになっています。品数よりも美味しさを、豪華さよりも季節感を大切にした美食膳に舌鼓を打ちながら、日々の疲れを癒すことができますね!その他にも、妊婦がのんびりできるように部屋には抱き枕のほか、ノンカフェインのハーブティーや葉酸キャンデーが用意されています!

    南房総白浜温泉 季粋の宿 紋屋(きすいのやど もんや)

    TEL/0470-38-3151

    住所/南房総市白浜町白浜232

    アクセス/富津館山道路富浦ICより30分

    公式URL/http://www.monya.co.jp

    7.鬼怒川温泉ホテル【栃木県・日光市】

    次にご紹介するのは、妊婦が思いきいり羽を伸ばして楽しめるプランが魅力の日光のお宿です。貸切露天風呂には2つ並んだ陶器のお風呂の他、内湯も用意されていて、脱衣所までバリアフリーのつくりになっているので、妊婦さんも安心です。また、肌質にあわせたアロマフェイシャルを、優雅なサロンで施術してくれるので、普段味わえないようなリラックスタイムを味わうことができます!季節で献立が替わる食事処の会席料理は、テーブル席で食べられるので、正座がきつくなる妊婦には、嬉しいポイントです。

    鬼怒川温泉ホテル

    TEL/0120-01-2644

    住所/日光市鬼怒川温泉滝545

    アクセス/日光宇都宮道路今市ICより鬼怒川方面30分

    公式URL/https://www.kinugawaonsenhotel.com

    8.全室露天風呂付の離れ家 日光 ワンモアタイムハート【栃木県・日光市】

    次にご紹介するのも日光のお宿で、プライベートな大人の離れ家をイメージしたコテージの宿です。コテージには、檜露天風呂と豪華システムバスが用意されていて、木の温もり漂うコテージ内は、1階がリビング、2階はラグジュアリーな寝室になっています。2階からは星空も見られますよ!その他に、「ローラアシュレイ」のアメニティ4点セットがプレゼントされるのは、女子に嬉しいポイントですね!

    全室露天風呂付の離れ家 日光 ワンモアタイムハート

    TEL/0288-53-5651

    住所/日光市所野1542-265

    アクセス/日光宇都宮道路日光ICより10分

    公式URL/http://www.one-nikko.com

    9.箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月【神奈川県・箱根町】

    最後にご紹介するのは、箱根の温泉宿です。部屋からは雄大な芦ノ湖を一望でき、モダンな造りの貸切風呂を堪能できるのがポイントです。マタニティエステも用意されており、疲れがちな妊婦には嬉しいポイントですね。モダン懐石は体調にあわせて食材や調理法など相談もでき、近くには芦ノ湖観光や安産祈願がてら訪れたい御神木「安産杉」もある、妊婦のうちにぜひとも訪れておきたいお宿です!

    箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月(わしんてい ほうげつ)

    TEL/0120-857-007

    住所/足柄下郡箱根町元箱根90-42

    アクセス/東名厚木ICまたは御殿場ICより45分、東名沼津ICより30分

    公式URL/http://hakone-hougetu.com

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?体も心も調子が整う安定期は、注意点に気をつけながら体をたくさん動かして、妊婦であることを満喫したい時期です!

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ