いつからいつまで続く? 妊娠中の下腹部の痛みの原因と特徴、対処法について

 

妊娠初期の頃に感じやすい生理痛のような下腹部痛。

下腹部が痛むと子宮のあたりなので、赤ちゃんの事が心配になってしまいますよね

今回は妊娠中の下腹部痛の原因や特徴、対処法をご紹介します。

1、妊娠中の下腹部の痛みはいつから? いつまで続く?

妊娠中の下腹部痛は早ければ着床後すぐに痛みだす人もいます。

着床出血があってすぐに下腹部が痛くなったので、生理が始まり下腹部痛は生理痛だと勘違いしてしまうこともあるようです。

下腹部痛は1カ月程度でおさまります。

2、妊娠中の下腹部の痛みの特徴は?

妊娠初期の下腹部痛と生理痛の痛み方に明確な違いはなく、痛みがない人もいますし痛み方も人により違います。

ただ、いつもの生理痛とは違った痛みや痛い場所が違う、いつもは生理痛がないのに下腹部痛があるという場合は妊娠による下腹部痛の可能性も考えられます。

妊娠中の下腹部痛によくある痛みの特徴は以下のようなものがあります。

  • チクチクと針のようなものでつつかれているような痛み
  • 下腹部全体が引っ張られるような痛み
  • ギューっと締め付けられるような痛み
  • 鈍痛
  • ムズムズするような違和感

いつもは感じないチクチクした痛みで妊娠に気付いた、と痛み方の違いで妊娠に気付く方もいます。

1日の大半痛みを感じる人から、断続的に痛みを感じる人まで、痛みを感じる時間も人により差があります。

3、妊娠中の下腹部の痛みの原因は?

(1)ホルモンバランスの変化

妊娠初期はヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)、エストロゲン、プロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増え、ホルモンバランスが変化するため胃腸の働きを弱めます。

腸の機能が低下することによって便秘や下痢などを引き起こし、下腹部痛を起こすことがあります。

(2)子宮の変化

妊娠をすると子宮の大きさも赤ちゃんの成長に伴い日々大きく変化していきます。

子宮の大きさは妊娠2カ月の時で1.5倍、3カ月で2倍以上の大きさになるため、子宮の大きさの変化によって妊娠初期に下腹部痛を感じることがあります。

また、子宮は収縮を繰り返し着床した胎芽を育てます。

その子宮収縮が下腹部痛を起こすこともあります。

(3)骨盤周辺の靭帯の変化

妊娠をすると赤ちゃんが産道を通りやすくなるように骨盤が広がります。

骨盤を広げるために骨盤周辺の靭帯が緩むため下腹部から足の付け根あたりに痛みや違和感を感じたり、下腹部が引っ張られるような痛みが起こります。

3、妊娠中の下腹部の痛みの対処法

(1)安静にする

下腹部痛や下腹部に違和感を感じている時は、安静にすることが大切です。

仕事や外出先で下腹部痛が起こり安静にしているのが難しい場合は、重いものを持つなどの力仕事を避けたり、動きをゆっくりにしたり体に負担がかからないようにしましょう。

(2)温める

体を冷やすことで血行不良を起こし下腹部痛を悪化させてしまう可能性があります。

冷たい飲み物や食べ物は避けて温かいものを摂ったり、腹巻やひざ掛けや羽織もので体を冷やさないようにしましょう。

職場でストールやひざ掛けを使えない環境なら、腹巻や使い捨てカイロなどを活用してみましょう。

(3)ストレスをためない

妊娠初期はストレスが溜まりやすい時期です。

特に初産であれば様々なことを心配したりしてしまいがちです。

しかしストレスをためすぎてしまうとそれだけでホルモンバランスが乱れ、下腹部痛を悪化させる可能性があります。

ストレス解消ができること、なにか熱中できることを探しストレスを減らすことも大切です。

(4)病院にかかる

出血を伴う下腹部痛だったり、あまりにも強い痛みが続く場合は流産の可能性があるのでかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

出血は着床出血のような少量の出血でも念のため受診し、生理のように出血する場合はすぐに受診することをおすすめします。

まとめ

妊娠をすると体の中で様々な変化が起きるため下腹部痛が起こります。

大切なのは下腹部痛が起きている時は無理をしないことと、痛みが激しい時や出血のある時は産婦人科を受診することです。

下腹部痛が起きている妊婦さんは、体を温めたり痛みを悪化させない工夫をしてみましょう。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ