逆プロポーズはバレンタインデーに!男性の本音と体験談

    日本でバレンタインデーといえば、女性から男性に愛を伝える日。一年で一番逆プロポーズに適している日と言えます。

    しかし、「プロポーズは男性から」というイメージが強く、「逆プロポーズをしたら引かれない?」と足踏みしてしまう方もいることでしょう。

    そこで、今回は逆プロポーズの体験談や逆プロポーズにおすすめのシーンなどをご紹介します。

    1、逆プロポーズに対する男性の本音は?

    逆プロポーズをしても、「結婚を考えていない」と言われてしまったら…と考えるとなかなか踏み出せないという方も多いでしょう。

    しかし、逆プロポーズはありかなしかを男性に調査すると、「あり」と考える男性が85%以上いたのです。

    さらに、逆プロポーズをされたら「嬉しい」と感じる男性は50%という結果に。

    その他の40%は「自分からプロポーズをしようと思っていた」等の結婚を考えている回答でした。

    結婚を考えていないという方は約10%と少なく、女性が「そろそろ結婚を…」と考える頃には、男性も結婚を意識し始めている時期なのでしょう。

    以上の事から、逆プロポーズは女性が考えている以上に男性から喜ばれるというのが分かります。

    2、逆プロポーズされた男性の体験談

    逆プロポーズを実際にされた男性の体験談をご紹介します。

    (1)彼女の気持ちに気付くことができた

    あんまり結婚を意識していなかったけれど、彼女から「子供が欲しいから、結婚してほしい」と逆プロポーズをされました。

    先の事を全く考えていなかった自分と違い、彼女はずっと考えていたんだなと気付く事ができたので、結婚を決めました。

    (2)しっかりものの彼女から逆プロポーズ

    彼女は仕事でもプライベートでもしっかりものです。

    そんな彼女から「そろそろ結婚してほしい」と言われて、結婚することに。

    自分と結婚を考えてくれていたことが嬉しかったけれど、それ以上に彼女の為にももっと自分もしっかりしなくてはと感じました。

    (3)もうバイバイしたくない

    私たちは同棲をしていなかったので、デートのたびに「バイバイ」を言ってそれぞれの家に帰っていました。

    付き合い始めて1年経ったある日のデートの帰りに、彼女から「もうバイバイはしたくない。結婚して一緒の家に帰りたい」と言われ、「寂しい思いをさせてしまっていたんだな」と彼女の気持ちを知り、結婚をすることにしました。

    I-PRIMO

    3、逆プロポーズをした女性の成功談

    逆プロポーズをした女性の成功談をご紹介します。

    (1)私の手料理が好きな彼に

    彼とおうちデートをする時はよく手料理を振舞っていました。「〇〇が作った料理は本当に美味しい!」といつも笑顔で食べてくれます。

    ある日、いつも通りに手料理を褒めてくれる彼に「私と結婚してくれたら、毎日ご飯作ってあげられるよ♡どうかな?」と逆プロポーズしました。

    彼はちょっと驚いたようでしたが、すぐに「宜しくお願いします!」と笑顔で答えてくれました。

    (2)はっきりとしない彼に二択でプロポーズ

    10年近く付き合っていた彼は私から「□□ちゃんが結婚するんだって!羨ましいなあ」など結婚したい気持ちを遠回しに伝えても、のらりくらりとかわされてしまい全然話が進まずにいました。

    このままダラダラと付き合っていくのは耐えられないと思った私は、彼からの連絡に返信せず会うこともやめました。

    そして1週間後に彼を呼び出し、「別れるか、結婚するか、どっちにする?」と聞くと、いつも隣にいて当たり前だった私と連絡が取れなくなったことでやっと結婚が決意できたらしく「結婚してください」と言われました。

    多少強引だったかな?とは思いますが、失ってみて初めて気付くこともあるのでこれくらいしないと今でも結婚できていなかったかもしれません。

    (3)ふたりでリラックスしている時にポロッと

    ふたりで部屋でテレビを見ている時に某結婚情報誌のCMが流れて、いつもならそんなに気にならないのに「ウェディングドレスがすごくかわいい!」と思い、ついポロッと「ウェディングドレスいいなあ!結婚して私にウェディングドレス着させて」と言ってしまいました。

    彼も「じゃあ結婚しようか」と言ってくれて、後日CMの結婚情報誌を買ってきてくれました。

    4、バレンタインに逆プロポーズ!のススメ

    女性の「結婚したい」という気持ちに気付いていない男性は多く、言われて気付いたという事も多いようです。

    男性は今の関係がちょうどいいと思っていたり、結婚はまだ先の話と考えていたりすることも。

    子供を望むなら年齢も気になるところですが、男性はその気持ちに気付いていない事もあるのです。

    逆プロポーズをしたことで「結婚したい気持ち」「子供の事」などに気付き、彼の意識が変わったという方も多く、「結婚したいのに、プロポーズしてくれない」と感じているのであれば、逆プロポーズをすることで結婚の意思が固まる事もあると言えます。

    バレンタインデーは彼に愛を伝える日なので、逆プロポーズにとても適した日です。

    彼に自分の思いのたけを伝えてみましょう。

    5、逆プロポーズにおすすめのプロポーズの言葉とシーン集

    実際に逆プロポーズするならどんな言葉がいいのでしょうか。

    シーン別に逆プロポーズの言葉をご紹介します。

    (1)直球でストレートに

    「私と結婚してください」

    「同じ苗字になってくれますか?」

    「お嫁さんにしてくれませんか?」

    どんなシーンでも伝えられる直球でストレートな言葉です。

    遠回しな言葉は理解してくれなそうな彼にはぜひ直球な言葉でプロポーズを。

    (2)デートの帰り際に

    「結婚して、一緒の家に帰りたいな」

    「バイバイじゃなくて、ただいまやおかえりを言えるようになりたい」

    「あなたがいてくれるだけで幸せだから、結婚してください」

    別々に住むカップルなら、デートの帰り際に逆プロポーズでドキッとさせてしまいましょう。

    (3)真剣な気持ちを込めて

    「あなたと結婚したいって、ずっと思ってた」

    「支え合っていけるように、一生そばにいてください」

    「私はあなたと一緒に幸せになりたい」

    レストランなどのシーンでもマッチする、真剣な気持ちがこもった逆プロポーズ。

    彼の目をじっと見つめながら真剣さを伝えましょう。

    まとめ

    今回は、逆プロポーズの体験談や逆プロポーズにおすすめのシーンなどをご紹介しました。

    男性は女性が考えるよりも逆プロポーズに好印象を持っています。

    しかし、結婚をしたい女性の気持ちに気付いていない男性もいるため、彼が煮え切らないと感じる女性は逆プロポーズで彼に気持ちを伝えてみましょう。

    今年のバレンタインデーは、チョコレートと共に逆プロポーズをしてみてはいかがですか?

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO