二の腕、お腹、背中、ぽっちゃりの体型別のお悩みをカバーするウエディングドレス選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式のヒロインは純白のウエディングドレスに身を包んだ花嫁。新郎やゲストの誰もが今日の主役と思うような素敵な花嫁になりたい。でも、体型の悩みがあって「キレイにウエディングドレスを着こなせるかが心配」と思う場合もあるでしょう。

そこで今回は体型のお悩みと、お顔の骨格のお悩み別に、おススメのウエディングドレスデザインをご紹介します。

1、 夢にまで見たウエディングドレスをきれいに着こなすために

結婚が決まって結婚式の準備が始まると花嫁が大いに悩むのがドレス選びではないでしょうか?結婚式は人生の中でヒロインになれる特別な日です。
一生に一度の花嫁姿ですから、出来る限り妥協なくイメージに近いドレスを身に着け、「きれいだね」と言ってもらいたいと思いますよね。

今はいろんなテイスト、デザインのドレスがたくさんあり、自分のイメージに合うドレスを探すのもなかなか大変な作業です。しかし、ドレス選びをする中で、イメージに近いドレスだけれども、実際に着てみるとなんだか違和感を感じることもあるかもしれません。

2、 あなたの体型のお悩みは・・・?

実際にドレスを選ぶときにはイメージだけではなく、現実的に自分の体系に合っているかどうか?という要素も大切になってきます。夢に見たような素敵なドレスは着たいけれど、そもそもちょっとぽっちゃり体系だからドレスは似合わないかもしれないと不安になるかもしれません。

例えば、

 おなか周りが強調されてしまうかも
 二の腕の太さが目立つかも
 背中のお肉がはみ出てしまうかも
 下半身が強調されてしまうかも

このようなお悩みを抱えてらっしゃるかもしれません。
でも、大丈夫です。次の章からはお悩みをカバーする素敵なウエディングドレスをご紹介していきましょう!

3、 二の腕ぽっちゃりさんにおススメのウエディングドレスのデザイン

(1)ビスチェタイプ

二の腕が気になるとつい隠してしまおうと長袖のデザインを選びたくなります。
しかし、ウエディングドレスは白。白は膨張色なので太く気になる部分を覆ってしまうと逆にボリュームを感じさせてしまうことがあります。二の腕を細く見せたいならば、むしろ思い切って出してしまう方が効果的。


出展:DEAR DRESS公式サイト
http://www.dear-dress.com/wp/wp-content/uploads/2015/05/6376up-1024×1024.jpg

①ショールをつける

それでもやっぱり腕を丸々出すのには抵抗がある場合は、ショールを羽織ることで見られたくない二の腕部分をさりげなく美しく隠すことが出来るのでオススメです。


出展:DEAR DRESS公式サイト
http://www.dear-dress.com/wp/wp-content/uploads/2015/05/6387f-1024×1024.jpg

②パゴタスリーブ

袖のあるドレスを選ぶ場合は、手首の細さが強調できる七部袖くらいのパゴタスリーブがおススメ。パゴタ(仏塔)の形に似ているこの袖は、手首側に向かってボリュームのあるレースがあることで二の腕をカバーすることが出来ます。


出展:DEAR DRESS公式サイト
http://www.dear-dress.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/5703F-1500×1500.jpg

4、お腹ぽっちゃりが気になる方におススメのウエディングドレスのデザイン

①プリンセスライン

お腹周りが気になる場合には、ウエスト切り替えから裾に向かって大きく広がるプリンセスラインがおススメです。女性らしいふんわりしたボリュームあるスカートがお腹周りを目立たなくしてくれます。


出展:BITTERSWEET 新宿店
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2017/07/456-960×1174.jpg?1526807673756

②身長がある場合はAライン

身長があるけれどお腹周りが気になる場合は、ウエスト切り替えが少し高めのAラインのドレスがシャープなシルエットを作ってくれます。
Aラインのドレスはお腹をカバーするだけでなく、足も長く見えます。


出展:BITTERSWEET 新宿店
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2016/06/bss_b10_201463_f1.jpg?1526808386220

5、 背中ぽっちゃりにおススメのウエディングドレスのデザイン

①背中側のドレスの上にお肉が乗っかってしまうかも?というお悩みには

背中がVの字に開いているデザインがおススメです。背中のラインをせき止めないのでお肉がはみ出るという心配がいりません。


出展:DEAR DRESS(ディアドレス)公式サイト
http://www.dear-dress.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/5180b-1290×1500.jpg

②背中にあたる部分にレースやフリルをあしらうものを選ぶ

ドレスとの境界線を隠してくれます。デザインは好きだけれど境界が気になる場合は装飾でカバーできます。


出展:ローブ・ドゥ・マリエ セツコ アオキ公式サイト
http://www.rdm-setsuko-aoki.com/dress/images/b011_02.jpg

※背中にお肉が付いてしまうのは猫背のクセが付いていることや、ブラジャーが合っていないことなどが原因になっている場合があります。
結婚式までにまだ時間があるのであれば、猫背の解消を試みたり、キチンとフィッティングをして正しいブラジャーを選び直してみると根本的なスタイルアップに繋がります。

6、 胸が大きいお悩みにおススメのウエディングドレスのデザイン

胸が大きいと羨ましい気もしますが、どうしてもそこばかり強調されがちで困るという場合は首からデコルテのラインがきれいに見えるデザインがおススメです。

①Vネック

Vネックは首からデコルテがすっきりして見え、女性を美しく見せてくれますし、小顔にも見せてくれます。


出展:DEAR DRESS 公式サイト
http://www.dear-dress.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/5180f-1024×893.jpg

②スクエアネック

スクエアネックもデコルテ周りをしっかり見せるデザインなので、首周りをきれいに見せることで胸周りが自然に感じられます。かえって胸のボリュームがあることによってメリハリが利いたバランスの良いシルエットになります。

胸を強調しないように首周りのデザインを工夫する他には、スカート部分にプリンセスラインやAラインの下半身にボリュームが出るデザインを選ぶことがおススメです。

下に大きく広がるデザインを選ぶことで上半身のボリュームのバランスが取れます。胸元に大きな花やボリュームが出てしまう飾りなどは避けて、シンプルなものを選ぶこともポイントになります。

7、 お尻が大きいお悩みにおススメのウエディングドレスのデザイン

お尻や太ももが大きいという悩みの方に、おススメのデザインをご紹介します。

①プリンセスライン

プリンセスラインはウエストから下に花が咲くようにボリュームを持たせたデザインなのでおしりのボリュームをカバーすることが出来ます。


出展:bittersweet新宿 公式サイト
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2017/05/0020-960×1174.jpg

②Aライン

Aラインのドレスも下半身に広がりを持たせるデザインなのでおしりのボリュームを感じさせずに美しいシルエットを作ることが出来ます。裾の広がりがあることによって腰周りへの視線は集中しないのです。


出展:bittersweet新宿 公式サイト
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2016/06/bss_b10_201407_201403_b.jpg

③バッスルライン

クラシカルなテイストのバッスルラインはむしろヒップのボリュームを生かして着こなすデザインです。
あえてヒップにボリュームを持たせ、ヒップから滝のような流れを作ることで女性らしく古風な雰囲気を出すことが出来ます。


出展:bittersweet新宿 公式サイト
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2014/01/6Y4A7211-960×1174.jpg

8、 体型カバーはブライダルインナーでもできる


出展:ワコールブライダル
https://www.wacoal.jp/bridal/files/img/201612/importance/importance_img01.jpg

体型のお悩みはドレスのデザインでかなりカバーすることが可能です。
しかし、どうしても着たいドレスが自分の体型の悩みを強調してしまう場合には、自分の体型にあったブライダルインナーで補正をすることも考えてみましょう。
その場合は、ぜひプロのアドバイスを聞いてキチンと採寸、試着をして購入し美しい体のラインを目指しましょう。

9、 顔の形のお悩み別ウェディングドレスカバー術

(1) 丸顔

日本人では一番多いといわれる丸顔さん。
しかし、丸顔でドレスを着るとどうしても幼い感じになってしまうというお悩みもあります。

① Vネックで縦線を強調

出展:ミスサブリナウェディング
http://saburina.co.jp/images/miss-sabrina_11.jpg?crc=176182559

②首から胸元がハートカットのデザイン

首の長さを生かすことで丸顔でもシャープで大人っぽい印象にすることが出来ます。

出展:La Reine
http://la-reine.jp/la-reine/wp-content/themes/classical_essence/images/photo/PT142A.jpg

(2) 面長

大人っぽさが魅力の面長さんですが、本人は顔が長く見えるのが気になるという場合には縦ラインの存在感を薄めて横ラインを印象付けると良いです。

① ハイネック

面長が気になるという場合は首やデコルテを見せるデザインだとかえって縦方向に視線が行ってしまいます。ハイネックのドレスは縦線を区切るのでおススメです。

出展:bittersweet 新宿
http://www.bittersweet.co.jp/shinjyuku/dress/wp-content/uploads/2015/03/6Y4A72392.jpg

②ボートネック

船の底の様に浅くカットされたボートネックのドレスも横のラインを印象付けてくれます。

(3) ホームベース顏さん

顔の輪郭の四角い印象が気になる場合は女性的な丸いラインを取り入れることで輪郭の印象を薄くすることが出来ます。

①ハートカットのプリンセスライン

ふわっと広がるプリンセスラインに胸元がハートカットのウエディングドレスは、女性らしい柔らかな印象と胸元の丸いカットが輪郭から視線を外してくれます。

出典:http://bellethemagazine.com/2014/12/best-wedding-dresses-of-2014.html

2  ハートカットのAライン
ハートカットの胸元にAラインのウエディングドレスは顔のシャープな印象と調和し大人な雰囲気になります。髪型で顔の側面をカバーすることにより、女性らしい柔らかさも演出できますし、シンプルな髪型ではシャープな装いになります。

ハートカットのウエディングドレスはこちらの記事でも特集しております。あわせてご覧ください。

女性らしさが際立つ♡ハートカットネックのおすすめデザイン30選

10、 見た目だけでなく心も晴れの日のヒロインになるには

晴れの日に誰よりも美しい花嫁になる。
その為にウエディングドレスで自分の体型や骨格をカバーする工夫をする。

自分の魅力を引き出し、最大限に理想に近づける努力はとても素敵なことです。
しかし、自分の体型や骨格の悩みは、実は他の人から見るとあなたらしい個性的な魅力に写っていることも多いのです。

自分の気になる所、足りないことに意識を向けすぎず、自分の個性を「わたしらしい」と受け止めて、ドレス選びを楽しむことが一番ではないでしょうか?

まとめ

自分の体型や骨格の悩みをウエディングドレスのデザインでかなりカバーすることが可能です。悩ましい所に視線を集中させない工夫をして、自分の悩みを魅力に変えるウエディングドレス選びをしてみて下さい。

しかし、自分の悩みが人から見たら羨ましい、あなたらしい魅力に繋がることもあります。

「このデザインじゃないとカバーできない」という考え方ではなく、「もっとわたしらしい着こなしが出来るかも?」というワクワク感を楽しんで試着をしてみてください。基本デザインスタイルは同じであっても材質、装飾でニュアンスが大きく変わります。

この記事があなたのワクワクする一着に巡り合えるきっかけになれましたら幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部
「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ