新郎新婦必見! 結婚式のプロフィールビデオを自作する全手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これをお読みの方の中には、結婚式でのプロフィールビデオを自作しようとご検討されているカップルもいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚式の演出として、新郎新婦のお二人のプロフィールビデオの上映が人気です。

しかしながら、実際は制作会社にお願いをしたほうがいいいのか、どのようにプロフィールビデオを制作したらいいのかなど、ご存知でない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、結婚式のプロフィールビデオを自作する全手順についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

結婚式のプロフィールビデオは業者に頼むと安い物から2万円、高いもので10万円を超えてしまいます。ですので、「可能であれば自作をしてしまいたい」とお考えになられる方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、無料ソフトを使って初心者の方でも簡単に作れる結婚式のプロフィールビデオの制作の方法をご紹介します。結婚式の準備中の方のご参考になれば幸いです。

何年たっても色褪せないウェディングムービーを。”First Film”


結婚式は多くのことを準備しなければなりません。そんな中でクオリティの高いプロフィール/オープニング/エンディングムービーの”全て”を自作するのは、慣れている人でなければなかなか大変なこと。ハウツーマリー おすすめの「First Film」はBtoCでのWeb受注で全国で一番人気の動画制作会社。お手頃価格で、エレガント&高品質な映像。「ドラマチックな構成に自身あり」のFirst Filmだから実現できる、時が経っても変わらぬ感動。一年以上先の予約もあり大変人気の映像制作会社さんですので、お問い合わせはお早めに。>>サンプルムービーを見る

1、結婚式のプロフィールビデオとは?

結婚式のプロフィールビデオとは、新郎新婦の生い立ちやお二人の出会い、馴れ初めについてなどを紹介することで、出席して頂いてるゲストの皆さんに主役である新郎新婦が結婚に至るまでの思い出などを共有してもらうことを目的として作成されるビデオです。

例えば、新郎のご家族や友人は新婦の生い立ちや学生時代の思い出などを、映像として紹介することで新婦についてより知ることができますし、新婦のご家族や友人も新郎の生い立ちや学生時代の思い出の映像を通して、新郎についてより知ることができます。

同じように、お二人の出会いや馴れ初め、思い出について映像を通して紹介することで、ゲストの皆さんに一緒に想いを巡らせてもらうことができます。

2、結婚式のプロフィールビデオを作る手段は?

結婚式のプロフィールビデオを作る手段には大きく分けて、「映像制作会社に依頼」「自作」「友達に作ってもらう」「式場に依頼する」の4つの手段があります。

(1)映像制作会社に依頼

映像制作会社に依頼をして、制作してもらう手段です。

映像制作期間は、早くて結婚式の2ヶ月ほど前からが一般的のようです。可能であれば、気になる業者をいくつかピックアップし、費用と制作期間、仕上がりイメージについて相談した後に、最終的にどの業者に依頼をするかを検討することをおすすめします。

参考映像制作業者

①Favio

HP:http://favio.jp/

②Tomato Red Motion

HP:http://www.tomatoredmotion.com/

③HAPPY MOVIES

HP:https://www.happymovies.jp/service/profile/

(2)自作

あまり費用をかけずに自由にプロフィールビデオを作成したいという方には、自作がおすすめです。

近年では、PCソフトやスマートフォンのアプリを使用して簡単なオリジナルビデオを作成することができます。

また、自分たちの手でビデオ制作を行なうことで、お二人の結婚式準備の記念にもなります。

PCソフト、スマートフォンアプリともに無料、有料のものがありますが、有料のソフトを使用することで、自作でもプロが作成したような仕上がりに仕上げることができるため、おすすめです。

 (3)友達に作ってもらう

友人に依頼をする方法もあります。

新郎新婦のお二人は、その他の結婚式準備で忙しいという場合には、お二人の仲の良い友人に依頼をするのもおすすめです。

友人に依頼をする際には、まかせっきりにするのではなく、どのようなプロフィールビデオにしたいか、あらかじめ参考となるイメージ動画を用意するなどすると親切です。

また、友人に作成してもらう場合にも、気持ちでも良いのでお礼を渡すのがマナーです。

 (4)式場に依頼する

式場に紹介される業者に依頼する方法です。

結婚式場に紹介してもらう業者を使用することで、式場側と業者側、また業者側と新郎新婦との手順がある程度決まっているため、新郎新婦の負担が最も少ないというメリットが挙げられます。

また、プランナーさんを通して費用を知ることもでき、ある程度のクオリティーの確認もすることができます。

3、結婚式のプロフィールビデオを自作するメリット

結婚式のプロフィールビデオを自作する最大のメリットは、「業者に頼むよりも費用を抑えることができること」と「プロフィールビデオの作成経過が、お二人の思い出になる」ということが挙げられます。

結婚式の準備が忙しい中で、プロフィールビデオを自作するのは簡単なことではありません。しかしながら、お二人の生い立ちや思い出を振り返りながらお二人で作成するオリジナルのおプロフィールビデオは、お二人の思い出になること間違いなしです。

また、そのほかにも下記のようなメリットが挙げられます。

  • 写真枚数に制限がない
  • ビデオ上映時間の制限がない
  • お二人の完全オリジナルビデオが作成できる

4、さっそく始めよう! 結婚式のプロフィールビデオを自作する全手順

ここでは、結婚式のプロフィールビデオを自作する全手順についてご紹介していきます。

 (1)自作するための動画編集ソフトを準備しよう

ご自宅にパソコンをお持ちの方で、Macをお持ちの方は「iMovie」Windowsをお持ちの方は「ムービーメーカー」等、初めからパソコンに入っている無料のビデオ作成ソフトがあります。

特徴として写真や動画のスライドショー等を作ることに特化しており、パソコンにあまり詳しくない方でも無料で簡単にビデオを作成することができます。

MacのiMovieの使い方について詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。「iMovieの使い方 は?結婚式のムービー完成までの全手順(http://how-to-inc.com/how-to-use-imovie-10381)」

無料のソフトでもプロフィールビデオを作成することができますが、様々な効果を駆使し、プロが作成したようなビデオに仕上げたい!という方にはプロ用ツールとしてMac、Windows両方のOSで使用することのできる「Film Cut」というソフトがおすすめです。

 (2)プロフィールビデオの基本構成を考えよう

まずは、プロフィールビデオの基本構成を考えましょう。

最も一般的なプロフィールビデオの構成は、

①新郎の生い立ち

②新婦の生い立ち

③二人の出会い、馴れ初め

という構成です。この3つの構成を意識してビデオを作ることで、ゲストの皆さんも見やすいビデオを作成することができます。

自作ではなくプロの制作会社が作った動画になりますが、実際に構成の参考例として見てみましょう。
(提供:ファビオウェディングムービー

まず、動画タイトルを表示します。タイトルはシンプルなものが良いでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-06-17-36-59

タイトルの直後、「新郎の生い立ち」のパートです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-06-17-37-08

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-06-17-37-30

次に、「新婦の生い立ち」のパート。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-06-17-37-56

最後に、「新郎新婦の出会いから、結婚まで」のパート。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-06-17-38-14

このように各パートともシンプルで分かりやすいタイトル画面からスタートすると、動画を見る人々もスムーズに内容を追うことができます。

(3)プロフィールビデオに挿入する字幕コメント例と注意点

プロフィールビデオのタイトルには、「結婚式の日付+新郎新婦の名前」や「Welcome to our party」などパーティーの始まりがわかるタイトルにすることでゲストの方もスムーズにビデオを見る体制を整えることができます。

タイトル例は、下記の通りです。

  • Happy Wedding
  • Our memories
  • Welcome to our party
  • 2017,12,24 Takuya&Miyuki

また、新郎新婦の生い立ち部分では、今まで育ててくれた両親や兄弟、友人や同僚との思い出や感謝の気持ちを込めて、それぞれにコメントをつけるのが一般的です。

コメントは、1枚につき30文字前後が多すぎず適切です。どうしても文章が長くなってしまうものに関しては、上映時間を長めにするようにしましょう。

写真に込めるコメント例は、下記の通りです。

  • ◯◯◯◯年◯月◯日 ◯◯家の長男として誕生
  • ◯◯◯◯年◯月 ◯◯家の三女として誕生
  • 小さい頃は体も弱く、両親には大変心配をかけました
  • 弟の◯◯が誕生 小さい時はどこに行くにも一緒だったね
  • 中学の反抗期には本当に心配と苦労ばかりかけました
  • みんなと過ごした高校3年間は今でも大切な思い出
  • ふざけてばかりいた◯◯も 今では一家の大黒柱
  • いつも相談に乗ってくれる◯◯ 本当にありがとう

さらに、お二人の馴れ初めの部分では、出会ったきっかけや馴れ初め、当時の感情や相手に対する印象などをコメントとして素直に伝えるのがポイントです。

お二人の思い出やプロポーズの言葉などを紹介することで、会場も盛り上が流こと間違いなし!

  • 馴れ初めパートでのコメント例は、下記の通りです。
  • 新郎の第一印象は 気の使えるお調子者(笑)
  • 新婦の第一印象は よく笑う娘だなぁ(笑)
  • 仲良しグループ何人かでよく遊ぶようになって 気がついたらいつも二人一緒に
  • いつの間にかお互いを意識するようになり ◯◯◯◯年◯月交際開始
  • 食べるのが大好きの新郎の影響で、みるみるうちに体重が増加・・・汗
  • 結婚式までに痩せるのに大変苦労しました
  • 交際◯年記念 ◯◯でプロポーズ
  • 予想もしていないシチュエーションに感動しました
  • 彼女のご両親にご挨拶 家に着くまでの記憶が曖昧なほど緊張しました

プロフィールビデオの最後に、締めの言葉を入れると演出が締まります。

プロフィールビデオは結婚式の前半で流すケースが多い為、固くなりすぎず、結婚式を楽しんで行ってもらうようなコメントを付けるのがおすすめです。

プロフィールビデオの締めの言葉のコメント例は、下記の通りです。

  • ここにいる皆さんのお陰で 本日結婚式を迎えることができました この後もどうぞごゆっくりお過ごしください
  • 思い出を辿ると たくさん人に支えられて今の私たちがいることを新ためて実感しました まだまだ未熟な私達ですが これからも末永くお付き合いください

(4)プロフィールビデオの長さの目安を決めよう

プロフィールビデオの一般的な長さは、5分〜10分程度とされています。

3分だと短すぎず物足りず、10分を過ぎると見るのに疲れてきてしまう為、5〜8分の間がちょうどいい長さといえるでしょう。

また、結婚式の進行スケジュールの都合もある為、式場の担当者に上映時間を確認しておくことも重要です。

(5)プロフィールビデオに使用する写真を選ぼう

プロフィールビデオに使用する写真は、全体で45〜60枚がちょうどいいでしょう。

「(2)プロフィールビデオの基本構成を考えよう」でもご紹介しましたが、プロフィールビデオの構成は、新郎新婦それぞれの生い立ちと、お二人の出会い、馴れ初めについての3つのパートに分けるのが一般的とされています。

また、プロフィールビデオの見やすいとされている長さ、8分程度を全体の尺と想定した際に、

①新郎の生い立ち2〜3分/15〜20枚

②新婦の生い立ち2〜3分/15〜20枚

③二人の出会い、馴れ初め2〜3分/15〜20枚

写真1枚につきコメントを表示させる長さを8秒と想定すると、1パート2〜3分の間で15〜20枚の写真を紹介することができます。

写真に付けるコメントの長さによって、プロフィールビデオの尺や写真の枚数は調整するようにしましょう。

(6)プロフィールビデオのBGM・曲を選ぼう

プロフィールビデオのBGMを決める際には、まずテーマやコンセプトを決めましょう。

プロフィールビデオのBGMは、プロフィールビデオの演出を決める上で最も重要な要素です。

テーマやコンセプトが決まったら、何曲使用するか検討しましょう。最初から最後まで1曲のBGMを使用するのもいいですが、2曲以上の曲を使用することでプロフィールビデオにメリハリを付けることができる為、おすすめです。

プロフィールビデオのBGMについて詳しくは、「結婚式のプロフィールビデオのBGMとしておすすめの曲!( http://how-to-inc.com/wedding-profile-video-song-4500)」をご参照ください。

(7)プロフィールビデオの参考動画を見てイメージを膨らませよう

ここでは、ファビオ・ウェディングムービー制作が作成したプロフィールビデオの参考動画をいくつかご紹介していきます。

どのようなプロフィールビデオを作りたいか、イメージを膨らますためのご参考にしてみてください。

①結婚式 プロフィールビデオ Facebook風 今まで見た中で一番でした

出典:http://favio.jp/item/ourtimeline

ポップな曲調の洋楽に乗せて、フェイスブックの投稿風に作成されたサンプルプロフィールビデオです。

新郎新婦それぞれの生い立ちから出会い、馴れ初めまでがスムーズに紹介され、テンポよく展開されていくプロフィールビデオです。

②結婚式プロフィールビデオ Instagram風で楽しい!

出典:http://favio.jp/item/insta

SNSの代名詞、インスタグラムの投稿風に作成されたサンプルプロフィールビデオです。

写真のコメント、構成が分かりやすく、ハッシュタグでは当時の様子や気持ち、状況を表現することができ、今風なコンセプトのプロフィールビデオです。

③結婚式 プロフィールビデオ ヴィンテージ・オーガニック系「VINTAGE FLORAL」

出典:http://favio.jp/item/vintagefloral

明るくポップな雰囲気のプロフィールビデオです。

新郎新婦のお二人の出会い、馴れ初めから始める構成は、結婚式の1.5次会や2次会にもおすすめです。

④結婚式 プロフィールビデオ 「BEAUTIFUL DAY」ナチュラル・オーガニック系

出典:http://favio.jp/item/beautifulday

草原の映像が暖かい雰囲気を演出してくれる、プロフィールビデオです。

BGMのウクレレはハワイの暖かさとゆっくりとした雰囲気を演出してくれ、見てるゲストの方の心も温めてくれます。

また、楽器の音色がベースとなったインストルメンタルは、映像に集中することができる為、プロフィールビデオのBGMとして効果的です。

⑤アメコミ風[結婚式のプロフィールビデオ]

出典:http://favio.jp/item/happycomics

ポップで明るいアメコミ風をコンセプトしたサンプルプロフィールビデオです。

アメコミのオープニングビデオのようなポップな演出は、他の結婚式と何か差をつけたい、スパイスを加えたいとお考えの新郎新婦におすすめです。

(8)自作のプロフィールビデオでよくある失敗例を確認しよう

自作プロフィールビデオでの失敗例で最も多いのは、「文字が読めない」という失敗例が一番多いそうです。

文字が読めない原因としては、白い背景または背景が明るい映像に対して白い文字を使用してしまったり、逆に暗い背景に対して黒い文字を使用してしまったり、または文字が小さすぎて見にくかったりという失敗例が挙げられます。

また、テレビやプロジェクターと、パソコンまたはスマートフォンで表示することのできる映像の領域が違うことで、映像の両端が切れてしまい文字が読めないなんていう失敗例もあるようです。

自作プロフィールビデオでよくある失敗例について、より詳しい詳細は「結婚式の生い立ちビデオ自作でよくある失敗(http://favio.jp/mag/commonfailure)」をご参照ください。

5、「やっぱり自作は面倒」と感じた方へ・・・プロフィールビデオの制作業者3選

しかしながら、「やっぱり自作は面倒・・・」「プロにお願いしたい」とお考えの方もいらっしゃると思います。

ここではそんな新郎新婦の方へ、おすすめのプロフィールビデオの制作業者3選をご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

(1)Favio Wedding Movie(ファビオウェディングムービー)

HP:http://favio.jp/

ファビオウェディングムービーでは、「ユニークなコンテンツでみなさまの幸せをつくりたい」という思いから、映画やCMで活躍するプロフェッショナル集団が制作を行うネットショプサービスです。

ファビオウェディングムービーでは、プロフィールビデオは5分前後で制作を行っており、テーマに合わせて注文の受付をしています。

料金も3万円程度と比較的リーズナブルな料金で、標準で2週間、最短でも3日発送という短納期も大きな魅力です。

(2)POLYNE WEDDING(ポライン・ウェディング)

HP:http://polyne.net/

ポラインは「安心の価格」と「きめ細かな対応」で「高品質なウェディングビデオを制作」するプロ集団で、お客様に「喜ばれる」ことを「喜ぶ」をモットーに動画制作のサービス提供を行っている会社でます。

こちらも、プロフィールビデオの制作費は3万円〜と比較的リーズナブルな料金で、発注が可能です。

(3)Cinematic(シネマティック)

HP:http://www.cinematic.jp/

シネマティックは、私達はお客様の「ずっと家族 ずっと友達」をテーマとし、「お客様とお客様の家族、友達の未来が、ずっと笑顔、ずっと幸せになるように」をテーマに動画制作のサービス提供を行っている会社です。

プロフィールビデオの制作料金は、5万円前後と少し高めですが、お急ぎプランなども用意されている為、結婚式まであまり時間がないカップルでも安心して利用することができます。

まとめ

これまで、結婚式のプロフィールビデオを自作する全手順についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

「HOW TO MARRY」編集部
「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

First Film 結婚式のエンドロール・ムービー撮影