ピンクゴールドの結婚指輪を選ぶ花嫁必読!メリデメ・お手入れ方法丸わかり!

    結婚指輪は、ずっと身につけるもの。できれば、見るたびにテンションが上がるような自分好みの指輪を選びたいですよね。

    ピンクゴールドの指輪は、可愛らしいピンクがかった金色で、日本人の肌色になじみも良く、女性から大人気です。

    日本人の間ではプラチナが主流と言われる結婚指輪の中で、自分の個性や好みを表現するため、ピンクゴールドを選ぶ花嫁が増えているようです。

    今回の記事では、ピンクゴールドの結婚指輪のご紹介や、ピンクゴールドを選ぶメリット・デメリットを余すところなくお伝えします!

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    1、可愛さで選ぶならピンクゴールドの結婚指輪

    繊細な女性らしさを表現したピンクゴールドの結婚指輪は、女性の憧れでもあります。また、手の色にすっきり馴染み、指輪をしている違和感もありません。

    1-1.ピンクゴールドが似合う人って?

    イエローベースの明るい肌を持つ方に似合います。濃いめの肌ならイエローが強いピンクゴールドが、白めの肌ならピンク味が強いピンクゴールドが似合います。

    20080508_441412 http://europikha.jugem.jp/?eid=29

    150213y142

    http://store.shopping.yahoo.co.jp/atrus/150216101gwi.html

    1-2.可愛らしいデザインが豊富

    ピンクゴールドの指輪を選ぶなら、とことん女性らしさ・可愛らしさにこだわってもいいのではないでしょうか。ピンクゴールドは、華奢なデザインで繊細なデザインが多いです。その中の一部をご紹介いたします。

    1948412

    http://zexy.net/ring/c_7770016313/shohin/s_4022192209/

    105985563_square_l

    http://wedding.mynavi.jp/ring/brand/59/item/2988/

    397435658_square_l

    http://wedding.mynavi.jp/ring/brand/5/item/4873/

    2、ピンクゴールドの結婚指輪の価格相場

    ピンクゴールドの価格は、同じデザインで見比べた場合では、プラチナやゴールドより安めに設定されています。

    指輪の材質による価格の違いは、高い順に

    プラチナ>ゴールド(純金)>ピンクゴールド>シルバー

    となるのが一般的です。もちろん、プラチナやゴールドでも純度が下がればその分お手ごろな価格になるので、一概には言い切れません。

    ピンクゴールドは、ゴールドに赤みを持たせるため、銅を配分しているため、ゴールドより安くなります。ピンクゴールドの結婚指輪の価格帯は、幅広く、10,000円台から用意があります。

    値段を出さなくても、こんなに可愛らしい指輪があります。

    FRAU KOBE JAPAN

    ピンクゴールド結婚指輪「ROPE DESINE」10,800円(税込)〜
    476691448_square_l

    http://wedding.mynavi.jp/ring/brand/98/item/4782/

     

    ハイブランドでも、ピンクゴールドならば手の届く範囲で素敵な指輪が手に入れられそうです。

    Cartier

    エングレーヴドウェディングリング(素材ピンクゴールド、ダイヤ)159,300円(税込)

    62a13e8cf894d5a21a1db771ee1af8c8

    http://zexy.net/ring/brand_c/cartier/marriage/131/

     

    Tiffany&Co.

    スタッキングバンドリング(18K ローズゴールド) 103,680円(税込)
    -33554125_935195_ED_M

    http://www.tiffany.co.jp/

     

    HARRY WINSTON

    HWロゴ・バンドリング(ローズゴールド、ダイヤ)378,000円(税込)〜
    f93e0ad787d169b0505b187bcbf9cf75

    http://zexy.net/ring/brand_c/harrywinston/marriage/242/

     

    3、ピンクゴールドのメリットとデメリット

    それでは、ピンクゴールドの指輪の良い点、悪い点について解説します。

    悪い点もしっかり把握した上で大事な指輪を選んでくださいね。

     

    3-1.メリット

    • 黄色みを帯びた日本人の手に綺麗に馴染む色味
    • 銅を使用しているので金属自体が固く、曲がりにくい
    • イエローゴールドと比べて柔らかな印象になる
    • プラチナやゴールド(純金)と比べると価格が安め

     

    3-2.デメリット

    • 銅を含むため、温泉、汗、経年劣化による変色がある
    • 金属が固めのため、サイズ直しができないデザインもあり注意が必要
    • 可愛すぎる色味やデザインだと老化した手に似合わなくなる可能性がある

     

    4、ピンクゴールドのお手入れ方法

    変色しやすいピンクゴールドなので、長く使うためにもお手入れはこまめに行うようにしましょう。

    4-1.お手入れの前の予防

    変色を防ぐため、汗をかく運動の前や、温泉に入る時はあらかじめ指輪を外す癖をつけておきましょう。

     

    4-2.日常的なお手入れ

    使った後には、お手入れ専用の布で、指輪についた汗などの汚れを落としましょう。ピンクゴールドの指輪を購入した時についてくる専用の布を使っても、メガネ拭きでも代用できます。

    最近では100円均一でアクセサリーのくすみ落とし専用の布があるので、こちらを使ってもいいですね。

     

    4-3.変色してしまった時のお手入れ

    ①ジュエリークリーナーか中性洗剤(おしゃれ着洗い用の洗剤、食器用の物で可)をぬるま湯に溶かします。

    ②約5分置いておくだけでも大丈夫ですが、落ちにくい汚れであれば歯ブラシで指輪を磨き、黒ずみを落とします。

    ③指輪が綺麗になったら水で十分に洗い、念入りに水分を拭き取ります。

    上記の方法でも汚れが落ちない場合は、指輪を購入した店舗へ持ち込めば、クリーニングしてくれるでしょう。酸化して変色した部分を削る「磨き直し」をしてくれる店舗もあるので探してみてはいかがでしょうか。

     

    5、まとめ

    ピンクゴールドの結婚指輪の種類やメリット、お手入れ方法についてご説明しましたが、いかがだったでしょうか。変色しやすい、などのデメリットはあるものの、丁寧にお手入れをしていれば長く使えるようになりますし、他の金属には無いような色味が出せるのもピンクゴールドの大きなメリットです。

    今回の記事が、結婚指輪選びで迷っている方のアドバイスになれば幸いです。

    この記事がお二人の指輪選びのご参考になれば幸いです。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    howto