ウィンタースポーツの季節到来!失敗しない服装の選び方

    今年も本格的なウィンタースポーツの季節がやってきました。これからウィンタースポーツに挑戦してみたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

    ウィンタースポーツを楽しむには、寒さ対策だけでなく、快適に過ごせる服装選びが大切です。

    そこで今回は、ウィンタースポーツの人気を二分するスキーとスノーボードについて、ウエア選びのポイントをご紹介いたします。

    どんな服装選びをしたらいいの?ウエアを選ぶポイントは?そんな疑問にお答えします。

    また、移動時に気をつけたい服装のポイントもご紹介します。

    来館予約+初来店でAmazonギフト券1万円プレゼント実施中!

    1、ウエアの下に着る服装のポイント

    ウィンタースポーツを楽しむためには、ウエアだけでなく、防寒対策としてインナーが必要です。では、どんなことに気をつけたら良いか、順番にご紹介しましょう。

    ①薄手で防寒性、速乾性の高いアンダーウエアを

    出典:楽天

    寒い所とはいえ、体を動かしていると思っている以上に汗をかきます。

    日常着ているコットン素材のTシャツだと、肌触りは良く汗を吸ってくれるのですが、乾きにくいというデメリットがあります。

    ウィンタースポーツをする際は、防寒性だけでなく、汗が乾きやすい速乾性、体の熱を外に出してくれる、透湿性のあるアンダーウエアを選ぶこと。

    コットンよりポリエステルなど化学繊維は早く乾くので、おすすめです。

    トップスだけでなく、ボトムにもアンダータイツを着用して、下半身の防寒対策も忘れずにしましょう。

    ②保湿性のあるミドルレイヤーを選ぼう

    出典:パタゴニア

    ミドルレイヤーとはアンダーウエアとウエアの間に着る洋服のこと。ミドルレイヤーとしておすすめなのがフリースです。フリースは軽量ながら、保温性、速乾性が高く、ウィンタースポーツにぴったり!

    また、普段着としても着られるので、重宝します。

    撥水性のあるもの、体にフィットするもの、ベストなどウィンタースポーツ用のミドルレイヤーはデザインや機能も豊富です。自分に合った着心地の良いものを見つけましょう。

    ③厚手の靴下

    出典:楽天

    普段履いている靴下だとつま先が冷えてしまいます。

    ウィンタースポーツでは、厳冬期や極寒地で使う厚手の靴下を履いて、足元もしっかり防寒しましょう。

    ウエア同様に、防水性、透湿性の高いものだと、天候が急変したり、汗をかいても快適です。

    ④ゴーグル

    ゴーグルの第一の目的は、大切な眼を紫外線から守るためのもの。

    高地にあるスキー場は平地に比べて空から降り注ぐ紫外線の量が多くなります。また雪面からの反射光には直射日光以上に有害な紫外線が含まれているので、ゴーグルはマストになります。

    ゴーグルを購入する際は必ず試着して、顔にフィットするものを選びましょう。

    隙間があるとレンズの内側が曇りやすくなりますので、要注意です。

    ⑤グローブ

    ウィンタースポーツのグローブは外側から、シエル、フィルム、インナーの3層構造になっており、寒さから手を守るだけでなく、手をケガから予防するという役割もあります。

    一般的に、布製や合皮のものは防寒性が不十分で蒸れてしまうものが多く、革製だとしっかり防寒できて、長時間着けていても蒸れずに快適と言われています。

    ただし素材や価格だけでは判断できない場合もありますので、防水性・透湿性があるか、3層構造になっているかどうかをポイントに選びましょう。

    2、ウィンタースポーツのウエアを選ぶ際のポイント

    ウィンタースポーツのウエアを選ぶ際、失敗したり後悔しないよう、以下のポイントについて確認しながら選びましょう。

    ①機能性

    ゲレンデは天候が変わりやすく、さっきまで晴れていたのに、急に吹雪や雨が降ることも少なくありません。その時にウエアが濡れてしまうと、体の体温が奪われ、スポーツどころではなくなります。

    そのため、防寒性、防水性、耐水性などの機能が揃ったウエアを選ぶことが大切です。

    また、透湿性も忘れてはいけません。運動でかいた汗を外に出すことでウエア内の蒸れを防ぐことができるのです。ウエア内が濡れた状態になると、不快感だけでなく体温を奪い体力の低下の原因となりますので、気をつけたいポイントです。

    ②デザイン・色

    何よりも、自分の好きなデザインや色を選ぶことが一番!

    ショップに行ってみると、ウィンタースポーツのウエアはパステルカラーが多く、派手なイメージがあるかと思います。一面真っ白のゲレンデでは、街中とは違う色感覚になるため、

    ゲレンデでは派手な色のほうが映えますし、ゲレンデでは決して浮いてしまうこともありません。

    今はデザインも色も種類豊富なので、是非お気に入りの一着を見つけてくださいね。

    ③価格

    価格はピンからキリまで、その差は、機能性やデザインによります。

    初心者がいきなり高い上級者のウエアを買う必要はありませんので、お財布と相談し、自分のレベルにあった機能的なウエアを選ぶことをおすすめします。

    初心者ならば、上下セットで3万円前後の有名ブランドウエアなら基本的な性能は満たしているので、間違いないでしょう。より防寒性を高めたいなら、インナーを工夫することで、クリアできます。

    上下セットで1万円以下のものもありますが、安いウエアは保温性が弱いことがありますので、厳冬期や極寒地で使う場合は、インナーを厚めに着るなどの対策が必要です。

    3、ウィンタースポーツ別、ウエアの特長と選び方

    ウィンタースポーツのウエアと言っても、スポーツによって少しずつ特長が違います。

    各ウエアの特長とその選び方についてみてきましょう。

     ①スキー

    スキーウエアに限ったことではありませんが、ウエアを選ぶ際は、通常運動する時の運動着と同じサイズで大丈夫ですが、ウエア内に何枚も重ね着をする方は、ワンサイズ大きめでも大丈夫でしょう。小さいウエアを選んでしまうと、手足が突っ張って動きの妨げになりますので、気をつけたいところです。

    また、スキーブーツを履くと少し高さが出るので、裾が短いと寸足らずになることもあります。裾は少し長めと感じるかかとぐらいが目安です。サイズで迷ったら、大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

    スキーウエアと似ているのがスノーボードウエアですが、その違いは、スキーウエアには「エッジガード」がついていること。

    エッジガードとは、スキー板が当たることでズボンの裾が切れるのを防ぐ役割があります。

    ②スノーボード

    スノーボードは雪の上に座ることが多いので、より防水性、耐水性に優れたウエアを選ぶことが大切です。実際、スキーウエアに比べてスノーボードウエアは耐水圧の高い素材を使っていることが多いです。

    また、スノーボードは転倒しやすいので、ジャケットの裾からウエア内に雪が入りにくい「スノーガード」がしっかりしています。

    スキーウエアとの大きな違いはウエアの厚みです。スノーボード用のウエアの中には、膝やお尻にプロテクションを着用するために、薄手になっています。

    さらに、スノーボードは体を大きく動かすスポーツなので、ウエアはゆったりめに作られています。

    機能面で多少の違いはありますが、スキーウエアをスノーボードウエアとして着用することも可能です。

    4、移動時に気をつけたい服装のポイント

    ウィンタースポーツを楽しむ際は、日帰りや泊まりでの旅行で行く方が多いでしょう。

    その時の服装では気をつけたいポイントがいくつかありますので、ご紹介いたします。

    ①歩きやすく冷えない靴を履こう

    友人や気になる人との旅行となると、オシャレしたい気持ちはわかります。しかし、雪で歩きにくいことや寒さを考えると、ヒールのある靴や革靴は避けておきましょう。

    滑らないスニーカーや足元が冷えないスノーブーツがおすすめです。

    ②動きやすい服装で!

    スキー場へは車や新幹線、夜行バスを使う方がほとんどだと思います。思っている以上に長い道のりですので、動きやすく、リラックスできる服装で移動することをおすすめします。

    あまり体を締め付けるようなデニムは避けて、ゆったりした服装が良いでしょう。

    特に深夜に移動を考えている場合は、移動中にしっかりと睡眠がとれるように、くつろげる服装を心がけましょう。

    ③耐水性のあるジャケットを!

    ゲレンデに行くということは、雪が降っている可能性が高いです。

    外に出る時間は少ないという方でも、わずかな移動距離で濡れてしまうもの。

    ウールや耐水性の低いコート、お気に入りのものは避けておきましょう。

    耐水性のある上着があれば、ベストです!

    いかがでしたでしょうか。

    今回は、ウィンタースポーツの服装選びのポイントをご紹介いたしました。

    ウィンタースポーツのウエアは、見た目はもちろん、快適に楽しく滑れるように機能性もしっかり重視して選びたいですね。是非お気に入りのウエアを見つけてみてくださいね。

    今回の記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ