fbpx

ブライダルチェックとは?目的・費用の解説とおすすめ医療機関3選

    結婚が決まったら、ブライダルチェックで詳しく検査を受けておくのがおすすめです。ブライダルチェックとは、妊娠や出産に影響を与える病気を持っていないかを調べる検査で、女性のみならず男性も検査をすることができます。

    しかし、どのようなことを検査するのか、いくらかかるのかが気になるという方は多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、ブライダルチェックの気になる検査の内容や費用、事前に知っておきたいことなどについて解説します。都内のおすすすめクリニックもご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

    結婚指輪も合わせてご検討の方にはこちらの記事もよく読まれています。

    物流コストの高騰及びコロナウィルス感染症、昨今のウクライナ情勢に伴い婚約指輪・結婚指輪の価格が改定されていることが考えられます。最新の情報については公式HPを確認ください。
    (2022年4月)

    1、ブライダルチェックってどんな検査?

    (1)ブライダルチェックの目的

    ブライダルチェックとは、結婚前や妊活前に行う検診のこと。ブライダルチェックでは、妊娠や出産に影響を及ぼす病気がないか、赤ちゃんに感染する病気がないかなどを詳しく検査します。

    定期的に健康診断を受けている方でも、女性ホルモン値や性感染症について検査した経験のある方は少ないのではないでしょうか。不妊の原因になる女性ホルモンの乱れや子宮の異常がないか、早めにチェックしておくことで、妊活もスムーズに進めることができます。

    検査の内容は多岐に渡るので、自分の目的に合わせて、検査項目を組み合わせましょう。

    (2)ブライダルチェックのメリット

    婦人科系疾患は、特に「早期発見・早期治療」が大切。結婚を機に健康診断を受けることで、「早期発見・早期治療」に結び付けるのが、ブライダルチェックのメリットです。

    検査内容によっては、今後の不妊や流産などのリスクを軽減させることが期待できるものもあります。そのため、将来妊娠したいと考えている女性は、一度受けてみることをおすすめします。

    (3)男性にも必要なブライダルチェック

    ブライダルチェックと聞くと、女性だけの検査と思いがちですよね。しかし、不妊の原因は女性側だけではありません。不妊カップルのおよそ半数は、男性側に原因があると言われています。ブライダルチェックは女性だけのものではなく、カップルで受けておくと良いでしょう。

    (4)ブライダルチェックを受けるタイミング

    ブライダルチェックという名称から、結婚前後というイメージがありますが、今すぐ結婚する・しないに関わらず、妊娠を望むすべての方がご自分のタイミングで受けることが可能です。

    ブライダルチェックを受ける方の中には

    • しばらく健康診断を受けていない
    • 自然妊娠を希望して1年が経ってしまった

    という理由から予約される方もいます。自分の体について調べておきたいと思ったタイミングで予約してみてはいかがでしょうか。すぐに妊娠を希望する方は、なるべく早く受けることをおすすめします。

    (5)ブライダルチェックはこんな方におすすめ

    このような方は、特にブライダルチェックを受けておくと安心です。

    • 生理不順がある
    • 貧血の方
    • 風疹や麻疹などの予防接種を受けていない方
    • 35歳以上の方

    生理不順や貧血などは自覚症状があれば分かりやすいですが、年齢と共に起こりやすいトラブル、自覚症状がないまま感染してしまう性病など、検査するまで気づかないこともあります。

    不妊に繋がる病気や異常がある方は、治療をしなければなりませんし、予防接種は摂取したあと2ヶ月避妊が必要です。出来るだけ病気や異変がないか調べ、必要な治療をしておくことで、妊活もスムーズに進めることができるのです。

    (6)ブライダルチェックにかかる費用

    ブライダルチェックの費用は、医療機関によって検査内容も金額も異なるため、一概に言えませんが、おおよそ1万円~3万円程度です。

    オプションの検査項目を追加すると費用は高くなりますので、自分に合ったメニューのある医療機関を探しましょう。

    ブライダルチェックは自費診療になりますが、検査の結果、もし病気が見つかった場合の治療は保険適用になります。

    3、病気や感染症の検査も!ブライダルチェックの検査項目

    ブライダルチェックの項目は多岐に渡ります。必ずしも、全ての女性が全ての項目の検査する必要はありません。もし迷った場合は、クリニックで相談してみると良いでしょう。

    (1)ブライダルチェックの項目

    ブライダルチェックの項目には、下記のようなものが挙げられます。

    • 問診・内診
    • 血液検査
    • 超音波検査
    • 子宮内膜症検査
    • 性感染症検査(梅毒、クラミジア、淋病、HIVなど)
    • 風疹抗体検査
    • がん検査(子宮がん、卵巣がん、乳がん)
    • ホルモン検査(LH、FSH、エストラジオール、プロゲステロン、テストステロン)
    • 貧血検査
    • 甲状腺機能検査
    • 膠原病検査
    • 肝炎ウイルス検査

    ここでは、主に、妊娠に影響のある病気について説明していきます。

    (2)妊娠に影響のある病気:子宮頸がん・子宮体がん

    子宮頸がん・子宮体がんは、女性がかかるがんで最も多く、30代後半から発症率が高くなっています。

    子宮頸がんは子宮の入口、子宮体がんは子宮内膜にできるがんです。早期発見できれば治療が可能ですが、進行すると子宮を摘出しなければなりません。

    子宮頸がんは性交渉などにより、HPVというウイルス感染により起こりますが、ワクチン接種により、予防が可能です。

    (3)妊娠に影響のある病気:子宮筋腫

    子宮筋腫は、子宮の筋組織にできる良性の腫瘍。基本的に経過観察になりますが、腫瘍の位置によっては流産や早産の原因にもなります。また、筋腫が子宮の出口近くにできた場合は、帝王切開になる可能性が高くなります。

    (4)妊娠に影響のある病気:子宮内膜症

    子宮内膜症とは、子宮内膜と同じ組織が、子宮以外の場所で増えてしまう疾患で、20代、30代の女性に多く発症します。

    月経痛が酷い場合は、子宮内膜症を疑ってみた方がいいかもしれません。子宮内膜症は、不妊の原因にもなります。

    (5)妊娠に影響のある病気:風疹

    妊娠中に風疹ウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんの心臓や脳に奇形が生じたり、聴覚障害や白内障、発達障害などの先天異常が起こる可能性が高くなります。

    妊娠前の抗体検査で風疹の抗体がない、または低い場合はワクチン接種で感染を防ぐことができます。予防接種後は2ヶ月の避妊が必要になります。

    妊娠すると予防接種を受けられないため、妊娠前に抗体検査をしておきましょう。

    (6)妊娠に影響のある病気:乳がん

    近年、発症数が増えている乳がんの原因は、女性ホルモンが関わっています。

    また、飲酒や運動不足といった生活習慣の乱れも乳がんの発症リスクを高めると言われています。乳がん検診に使われるマンモグラフィはX線検査のため、妊娠前に受けておく必要があります。

    (7)妊娠に影響のある病気:性感染症

    性感染症には、クラミジア、梅毒、淋病などがあり、いずれも性行為によって感染します。

    自覚症状がないまま感染が続くと、不妊の原因になります。また、母子感染すると、流産や早産、赤ちゃんの成長に異常をきたす原因にもなります。

    いずれも服用で治療が可能なため、早期発見・早期治療が大切です。

    (8)妊娠に影響のある病気:甲状腺機能異常

    甲状腺は、甲状腺ホルモンを分泌して体のバランスを保つ機能があります。

    バセドウ病のような甲状腺機能亢進、橋本病のような甲状腺機能低下があると、月経異常や不妊・不育症や、流産の原因になることもあります。

    4、都内でブライダルチェックを受けられるおすすめの医療機関

    (1)ihc(イーク)

    出典:ihc

    女性による女性のための総合ヘルスクリニック「イーク」。検査は女性医師、女性スタッフが行うので、初めての婦人科検診でも安心です。

    子宮頸がんを含むコースであれば、ドックや職場の検診と合わせて申し込みすることが可能です。

    検査費用 

    • ブライダルチェック 17,600円
    • 子宮・卵巣がん検診+ブライダルセット 32,450円
    • 婦人科(乳がん+子宮・卵巣がん)検診 +ブライダルセット 45,100円

    ※ブライダルチェックの検査項目は、こちらからご確認ください。

    ▼イーク丸の内
    東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA3F
    電話番号 03-5220-1070

    ▼イーク表参道
    東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル4階
    電話番号 03-6447-1561
    他、有楽町、紀尾井町にもあります。

    (2)御苑アンジェリカクリニック

    出典:御苑アンジェリカクリニック

    漢方や鍼灸治療、など東洋医学的アプローチで妊活をサポートするクリニック「御苑アンジェリカクリニック」。こちらでは、男性もブライダルチェックを受けることができます。

    また、割引が適応されるペア価格は、男女のペアだけでなく、女性同士、男性同士のペアも対象となります。友人を誘って、一緒に検診してみるのも良いかもしれませんね。

    検査費用

    • ブライダルチェック ライト 19,800円
    • ブライダルチェック プレミアム(一人)31,900円~
    • ブライダルチェック プレミアム(ペア)61,600円~

    ※ブライダルチェックの検査項目は、こちらからご確認ください。

    ▼御苑アンジェリカクリニック
    東京都新宿区内藤町1-5 KI御苑内藤町ビル1階
    電話番号 03-6380-5565

    (3)恵比寿ウィメンズクリニック

    出典:恵比寿ウィメンズクリニック

    女性のライフスタイルに寄り添いながら、妊活サポートや不妊治療を専門に行う「恵比寿ウィメンズクリニック」。

    診察時間は、朝8時から夜9時まで、土日も診察を行っているので、忙しい方にもおすすめのクリニックです。

    検査費用

    • 妊活チェック 15,400円

    ※ブライダルチェックの検査項目は、こちらからご確認ください。

    ▼恵比寿ウィメンズクリニック
    東京都渋谷区恵比寿南1-4-15 恵比寿銀座クロスビル5階
    電話番号 03-6452-4278

    ブライダルチェックについて知りたい方へのまとめ

    いかがでしたでしょうか。

    今回は、ブライダルチェックについてご紹介いたしました。

    赤ちゃんを望む方にとって、ブライダルチェックがいかに大切かお分かりいただけたのではないでしょうか。結婚を予定されている方はもちろん、今すぐ結婚の予定がなくても、ご自身が気になったタイミングで、是非ブライダルチェックを受けてみましょう。

    今回の記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

    友だち追加数
    友だち追加数

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    カップル応援キャンペーン