顔合わせ食事会で失敗しない服装と髪型のポイント【男性・女性、父親・母親、兄弟・親族別に解説】

    顔合わせ食事会をすることになった時に「あなたは何を着ていく予定?ちゃんと格を合わせないといけないから教えておいて」と親に言われたら、あなたは即座に答えることができますか?

    「ワンピースかスーツだよね!」と思った方、それだけじゃまだ顔合わせ食事会の服装マナーとしては不十分です。

    また兄弟や親戚もくる場合も親とは別の服装のマナーがありますので、こういうものを着てほしいとお願いできるようにしておきましょう。

    ここでは顔合わせ食事会の服装選びと髪型のポイントを合わせてご紹介します。

    、服装選びの基本ポイント

    (1)「格」を合わせる

    服装の格を合わせるのは親と自分だけではありません。

    両家を合わせた全体の格を合わせましょう。

    女性側は着物なのに男性側はおしゃれ着程度の服装だったとしたら、とてもバランスが悪いですよね。

    なので、事前に双方の親からどんな服装で来るつもりなのかを聞いてどちらかに合わせるか、自分たちで指定しておきましょう。

    また、兄弟や親戚やくる場合も、どんな自分たちがどんな服装にするのか、どんな服装で来てほしいかを伝えて合わせてもらいましょう

    (2)会場に合わせる

    服装を選ぶ時は会場に合わせた服装にするといいでしょう。

    特に料亭だから着物を着なくてはいけないなどの決まりはありませんが、カジュアルな雰囲気のレストランで着物を着てしまうとなんだかちぐはぐな雰囲気になりますし、せっかく集まってくれた親や親族に恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。

    そういったことのないように、会場の雰囲気も考慮して当日の服装の格を決めましょう。

    (3)肌の露出はしない

    例え肩ひじ張らない顔合わせ食事会にしようと決めても、肩だしやミニのワンピースなど肌の露出のあるものはマナー違反ですので、肌の露出のあるものは避けましょう。

    2、男性の服装ポイント

    (1)新郎となる男性が略礼装の場合

    新郎となる男性はブラックスーツを着ます。

    和装なら紋付羽織袴です。

    双方の父親は、新郎となる男性に格を合わせた洋装か和装を着用しましょう。

    兄弟や親戚などの親族は、新郎と父親よりも格下のダークスーツか控えめな色味のスーツにしましょう。

    (2)新郎となる男性が略服の場合

    新郎となる男性はダークスーツを着ます。

    和装なら黒に近い濃色で無地の紬に紋のついた羽織などを着ます。

    双方の父親は、新郎となる男性に格を合わせた洋装か和装を着用しましょう。

    兄弟や親戚などの親族は、新郎と父親よりも控えめな色味のスーツにしましょう。

    3、女性の服装ポイント

     

    (1)新婦となる女性が準礼装の場合

    新婦となる女性は、ワンピース・スーツ・ドレス・アンサンブルのいずれかを着ます。

    和装なら三つ紋もしくは一つ紋の色留袖・色無地紋付・訪問着を着ましょう。

    双方の母親は、新婦となる女性に格を合わせた洋装か和装を着用しましょう。

    姉妹や親戚などの親族は、新婦と母親よりも格下の略礼服にしましょう。

    (2)新婦となる女性が略礼装の場合

    新婦となる女性は、ワンピース・インフォーマルドレス・ツーピース・アンサンブルのいずれかを着ます。

    和装なら紋付き付け下げ・色無地紋付を着ましょう。

    双方の母親は、新婦となる女性に格を合わせた洋装か和装を着用しましょう。

    姉妹や親戚などの親族は、新婦と同等の略礼服か格下の略服にしましょう。

    (3)新婦となる女性が略服の場合

    新婦となる女性は、ワンピース・スーツのどちらかを着ます。

    双方の母親は、新婦となる女性に格を合わせた洋装か和装を着用しましょう。

    姉妹や親戚などの親族は、新婦よりも控えめな服装にしましょう。

    4、父親・母親、兄弟・親族の服装ポイント

     

    (1)主役の2人以上に派手な服装を選ばない

    顔合わせ食事会は、これから結婚をする2人が主役であることを忘れてはいけません。

    結婚式でゲストが白を着ないのと同様に、主役である2人よりも格上の服装や派手な服装を選ばないようにしましょう。

    また、両親は服装の格をそろえるように気をつけましょう。

    (2)父親の場合

    新郎となる男性に格を合わせたブラックスーツ、もしくはダークスーツを着ましょう。

    ネクタイは白やシルバーのものを選びましょう。

    新郎となる男性が和装なら、もちろん父親も和装で大丈夫です。

    (3)母親の場合

    新婦となる女性に格を合わせたワンピース、もしくはスーツを着ましょう。

    新婦となる女性が振り袖や訪問着や色留袖などの和装なら、和装を着ても大丈夫です。

    (4)兄弟・親族の場合

    新郎新婦となる2人を基準として、格下のものか同格のもの、色味が控えめなものを着ましょう。

    学生の親族は学校の制服でOKです。

    5、顔合わせ当日の髪型は?

     

     (1)服装や会場に合ったものに

    髪型は服装や会場に合わせた清潔感のあるものにしましょう。

    もしどんな髪型にすればいいのかわからなければ、美容室でセットしてもらいましょう。

    (2)新郎新婦よりも目立つ髪型はNG

    新郎新婦となる2人よりも派手な髪型はマナー違反となってしまいますので、服装同様事前に主役の2人に当日の髪型を聞いておくといいでしょう。

    まとめ

    顔合わせ食事会にも細かな服装や髪型のマナーがあります。

    事前に服装や髪型の相談はしっかりとしておきましょう。

    これらのマナーをちゃんと守って、相手の親や親戚にいい印象を残したいですね。

     

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ