お色直しナシ!ウェディングドレスを上手にイメージチェンジするコツ

    結婚式の披露宴では、ウェディングドレスとカラードレスの2着を準備し、宴の途中でお色直しをされる花嫁さんが多いですよね。

    しかし、一生に一度しか着られない素敵なウェディングドレスを1〜2時間着ただけで着替えてしまうなんてもったいないという花嫁さんや、お色直しをする費用をお料理や引き出物のランクアップに充てたいと考える花嫁さんも増えています。

    そこで今回は、これまでの常識にとらわれず、アイデア次第でウェディングドレス1着だけでイメージチェンジできるアイデアを幾つかご紹介しましょう。

    目次

    1、ヘアアレンジや小物でイメージチェンジするアイデア

    2、ゲストに「お色直しナシ」でガッガリさせたくない人は?

    1、ヘアアレンジや小物でイメージチェンジするアイデア

    ここではヘアアレンジや小物使いでガラリとイメージチェンジするコツをご紹介しましょう。

    (1)アップヘアからダウンヘアに変える

    shutterstock_145328122

    shutterstock_353817155

    挙式と披露宴の初めは、「ザ・結婚式」である定番アップヘアにされる花嫁さんが多いですが、中座してダウンヘアにチェンジするだけで印象は激変。お色直しナシでもガラリとイメージを変えることができるのでおすすめです。

    (2)ウェディングベールをはずす

    shutterstock_139543040

    ウェディングベールは挙式では必須アイテム。挙式後、披露宴ではベールアップして着用する花嫁も多いですが、披露宴でイメージチェンジしたいなら、思い切って外してしまうのもアリ。花嫁さんのウェディングドレスのバックスタイルが映えますし、明るく活発な印象に見せることもできます。

    (3)メイクを変える

    shutterstock_119020687

    ヘアアレンジを変えるならメイクも一緒に変更しましょう。アイシャドウや口紅、チークのカラーを変更するだけで、ナチュラル、ゴージャス、シックなど違った印象に見せることができますよ。

    (4)ブーケを変える

    お色直しナシでウェディングドレスのみでイメージチェンジするなら、ブーケの変更が最も簡単な方法です。

    お花のカラーを変える、葉を多めにしてナチュラルさを出すなどヘアアレンジと合わせてイメージチェンジが可能です。

    ①クラッチバッグ型のユニークなブーケ

    6a0120a65f64b9970c019104280d0f970c-pi

    出典 http://www.lovemydress.net

    ②キャスケードタイプのブーケ

    00186

    出典 http://www.weddingbouquet.jp

    (5)ドレスの上に何か羽織る

    ①デニムジャケットでカジュアルに!

    beams_feature2

    出典 http://w.watabe-wedding.co.jp

    ②豪華なボレロで華やかに!

    imgrc0065072654

    出典 http://item.rakuten.co.jp

    ウェディングドレスの上にボレロやデニムジャケットを羽織るだけで、全く違う雰囲気を出すことができますよ。

    (6)シューズを変える

    shutterstock_117996736

    ドレスに合わせて純白やベージュ系の上品なウェディングシューズを履かれる予定なら、赤などの派手色シューズに変更して印象を変えるのも、遊び心があっておもしろいかもしれません。

    6a0120a65f64b9970c0192abf1185b970d-pi

    出典 http://www.lovemydress.net

    (7)ベルト(リボン)をつける

    sb4nv

    出典 http://www.lovetiara.com

    ウェディングドレスのウエスト部分にベルト(リボン)を巻くだけで雰囲気を変えることができます。しかもウエストが引き締まって見えるので一石二鳥。ベルトとお揃いのカラーのグローブを合わせるのもおしゃれです。

    2、ゲストに「お色直しナシ」でガッガリさせたくない人は?

    ウェディングドレス1着でも、工夫次第で雰囲気を変えることは可能ですし、イメージチェンジに使う小物が華やかであれば、お色直しがないことにガッカリするゲストは少ないでしょう。

    しかし中には、花嫁のお色直しを当然の規定イベントとして楽しみにしているゲストがいらっしゃるもの。

    そんなゲストへのアピールとして、新郎新婦が披露宴のどこにポイントを置き、こだわりをもって予算をかけたかがわかるように演出にメリハリをつけるのがコツです。

    例えば、お色直しがない分、お料理をランクアップする、引き出物を豪華にするなど、ラグジュアリー感を出すように工夫すると、ゲストにも「新郎新婦はここにお金をかけたかったんだな」ということが伝わり、「手抜きしている」「ケチケチしている」といった誤解を解くことができます。

    まとめ

    いかがでしたか。今回は、結婚式で花嫁さんのお色直しをナシにして、ウェディングドレス1着だけでイメージチェンジするためのアレンジ方法についてご紹介しました。

    ちょっとした工夫でガラリと雰囲気を変えることができるので、カラードレスよりもウェディングドレスを長く着ていたいという花嫁さんは、是非ご参考になさってください。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ