披露宴でも2次会でもない!1.5次会ってどんな結婚式?

    結婚式の形態も時代と共に変化していく中、最近では1.5次会と呼ばれる新しいスタイルの式を挙げられるカップルが増えてきています。

    今回は従来の結婚式と2次会の魅力を併せもつ1.5次会の魅力や、どんな場合に行われるのかなど、1.5次会に関する基本的な知識についてご紹介していきます。

    目次

    1、1.5次会とは

    2、どんな時に1.5次会が行われるの?

    3、こんなカップルには1.5次会がおすすめ!

    4、1.5次会の費用設定について

    5、1.5次会の食事形式について

    6、1.5次会はどんな場所で行われる?

    1、1.5次会とは

    shutterstock_31603744

    1.5次会とは端的にいうと、結婚式披露宴と2次会の中間のようなパーティー形式のウェディングのことです。

    結婚披露宴のようにフォーマルな形式ではなく、かといって2次会のようにカジュアルなパーティーでもない、比較的自由度の高いアットホームなパーティーです。

    1.5次会の最大の魅力は新郎新婦のイメージに合わせてパーティー内容を決められる点にあります。

    会費制、ご祝儀制、コース料理、ビュッフェ形式など、パーティーのスタイルを自由自在に組み立てられるうえ、ゲストも親しい友人や親族だけに絞って招待することができます。

    2、どんな時に1.5次会が行われるの?

    shutterstock_100735144

    海外やリゾート地に親族だけを招いて結婚式を挙げる場合は職場関係や友人などの身近な方々へのご挨拶ができなくなってしまいます。こんな時、帰国後にお披露目をする目的で1.5次会が開かれることが多くなっています。

    海外で盛大に披露宴を挙げた帰国後にさらに披露宴をするのは費用が嵩みますが、低予算でカジュアルにパーティーを実施できるのが1.5次会の魅力。

    また結婚式披露宴と2次会を1回で済ませたいというカップルにも1.5次会は支持が高いようです。

    3、こんなカップルには1.5次会がおすすめ!

    shutterstock_342493397

    1.5次会を行うカップルの主な理由をまとめてみました。

    • 友人や親族を中心に親しい人達だけを招待したパーティーにしたい
    • カジュアルで自由度の高いパーティーにしたい
    • 自分たちでパーティーの内容を決めたい
    • 低予算でパーティーをしたい
    • 好きな場所で披露宴がしたい

    このような理由から1.5次会を選ぶカップルが多くなっています。

    上記のような希望のあるカップルは、1.5次会を検討してみてはいかがでしょうか。

    4、1.5次会の費用設定について

    shutterstock_274577411

    一般的には結婚式披露宴であればご祝儀制、2次会であれば会費制というイメージが定着していますが、1.5次会の場合はご祝儀制と会費制の2種類から自由に選択することができます。

    ではご祝儀制と会費制それぞれのメリットについて解説していきます。

    (1)ご祝儀制のメリット

    shutterstock_276409286

    ご祝儀制の場合、基本的には結婚式披露宴と変わらないサービスを提供します。1.5次会だからといって料理やドリンクのランクが下がるということはなく、引き出物や引き菓子なども用意するため、しっかりとゲストをおもてなしできるメリットがあります。

    (2)会費制のメリット

    shutterstock_271345244

    会費制の場合は予め必要な金額をゲストに提示しているため、ご祝儀のように「いくらにしよう…」とゲストが悩む必要がありません。

    またご祝儀と比べてゲストへの負担金額も少ないことが一般的なので(1~2万円程度が相場)金銭的負担を軽減できるというメリットがあります。

    これと同時に会費制にするとカップル側も負担金額が明確となるため、全体費用を逆算してオプションを決定すれば、予算を抑えることができます。

    またご祝儀制のように引き出物や引き菓子を選ぶ手間も省けます。

    5、1.5次会の食事形式について

    shutterstock_344395994

    1.5次会には「着席・立食」と「コース・ビュッフェ」の食事スタイルがあります。

    要望や予算、またご祝儀制や会費制によって食事内容を選択していくといいでしょう。

    ご祝儀制を選ぶ、あるいは職場の上司や取引先が出席する場合は着席でのコース料理で披露宴らしいおもてなしをした方が無難です。

    また、年配の方が出席される場合も立食より着席の方が落ち着いて食事を楽しんでもらえるので、ゲストに合わせた気遣いも忘れないようにしましょう。

    6、1.5次会はどんな場所で行われる?

    shutterstock_163815677

    披露宴といえば結婚式場やホテルで行われるのが定番ですが、1.5次会の場合は「この場所でやるべき」という特別な決まりはありません。

    1.5次会の会場として選ばるのは、「レストラン」、「カフェ」、「ゲストハウス」などが大半を占めます。この他に式場やホテルでも1.5次会プランを提供しているところがあるようです。

    レストランやカフェが人気を集める理由は、結婚式場ほどかしこまった雰囲気ではないけれど、お洒落でカジュアルなパーティーを楽しめるからという意見が大多数を占めています。さらに、料理やおもてなしの部分で期待できるという点においてもレストランが1.5次会の会場に一番相応しいという結果になっています。

    まとめ

    いかがでしたか?

    1.5次会はゲストの顔ぶれ、日取り、食事、費用、会場などのすべての点において「こうしなければならない」という決まり事はないので、カップルの要望に合わせて自由にアレンジすることができます。

    とはいえ、1.5次会なら何でもOKというわけではなく、最低限のマナーを守ってゲストに失礼のないおもてなしを心がけるのは披露宴と変わりません。

    ゲストとふれあう機会も多い1.5次会。アットホームな楽しい結婚式にしましょう。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ