違いは? 兼用OK? 婚約指輪と結婚指輪の関係まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これをお読みの方の中には彼女にプロポーズをしようと考えている方や、プロポーズがうまくいって婚約指輪の購入を検討中の方などもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そもそも婚約指輪と結婚指輪の違いや関係性を知りたい、という方も少なくないと思います。

また、婚約指輪や結婚指輪の購入にあたっては、人気のブランドや相場、渡すタイミングや身に着けるタイミングなどしっかりと理解した上で購入する事で失敗する確率が極めて低くなります。

そこで今回は、婚約指輪と結婚指輪について関係性をまとめました。指輪を購入する際のご参考になれば幸いです。

1、まずは基本から! 婚約指輪と結婚指輪は何が違う?

女性であれば誰もが憧れを持つ、婚約指輪と結婚指輪。男性にとっては正直、違いがわからない、両方購入する必要があるのか?などと思われる方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、婚約指輪と結婚指輪の違いについてご紹介していきます。

(1)婚約指輪とは?

婚約指輪とは、通称エンゲージリングとも呼ばれ、結婚の約束を交わしたカップル間で男性から女性に婚約記念品として贈られる指輪のことです。

婚約指輪は、壊れることのない永遠の愛を示す意味を込めて、天然の鉱物の中では世界一硬い石と言われている、ダイヤモンドの装飾が施されたデザインのものが特徴です。

女性であれば、誰もが一度はダイヤモンドのついた指輪をプレゼントされるのを夢見る経験をしたことがあると思いますが、ダイヤモンドが装飾されていなければいけないという決まりはないため、誕生石や好きな宝石を使用したデザインのものでもOKです。

(2)結婚指輪とは?

一方で結婚指輪とは、通称マリッジリンングとも呼ばれ、結婚をした夫婦がおい互いへの愛の証として日常的に身につけるペアリングのことです。

結婚指輪はお互いが夫婦であることを示すと同時に、周囲の人に既婚者であることを示す役割もあります。

2、婚約指輪と結婚指輪の価格相場の違いは?

ここでは、婚約指輪と結婚指輪の価格相場の違いについてご紹介していきます。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017の調査によると、婚約指輪にかかった費用は30万〜40万円未満が29.6%と最も高く、20万〜30万円未満が20.1%と続き、全国平均は35.4万円という結果になったそうです。

一方で同調査によると結婚指輪にかかった費用は、二人分で20万円〜25万円未満が31.1%と最も高く、15万〜20万円未満が14.4%と続き、全国平均は24.1万円という結果になったそうです。

この結果からもわかるように、婚約指輪の価格相場の全国平均は35.4万円なのに対し、結婚指輪の価格相場の全国平均は二人分で24.1万円となり、10万円程度相場の違いがあることがわかります。

また、婚約指輪にはダイヤモンドなどの宝石の装飾が含まれていることが、結婚指輪より婚約指輪の価格帯が高い理由として挙げられます。

3、婚約指輪と結婚指輪のデザインの違いは?

婚約指輪と結婚指輪は、デザインの違いがあります。

婚約指輪は、ダイヤモンドを代表とした宝石が装飾されたデザインが特徴で、結婚指輪は普段から身につける指輪であるため、装飾などがほとんどないシンプルなデザインのものを選ぶ方が多いようです。

婚約指輪はリングの中央に大きなダイヤモンドが一粒装飾された立て爪のソリティアというデザインが定番デザインでしたが、近年では日常的に婚約指輪を身に付けたいという方も増えてきたことから、立て爪があまり高くないデザインや、センターストーンのサイドにダイヤモンドが装飾されたデザインのもの、メレダイヤが整列されたエタニティーリングと呼ばれるデザインの指輪も婚約指輪のデザインとして人気を集めています。

一方で、結婚指輪はペアリングと言っても夫婦でそれぞれ異なるデザインの結婚指輪を選んだり、小さいメレダイヤが装飾されたシンプルさの中に少し華やかさを取り入れたデザインのものも人気があります。

4、婚約指輪と結婚指輪それぞれの購入割合は?

(1)婚約指輪の購入割合

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」の調査によると全国平均で、結婚を約束したカップル全体の69.3%の人が婚約の記念品を購入していて、更にそのうちの89.9%のカップルが婚約指輪を購入している事が分かっています。
婚約指輪 割合

これらの数字を踏まえると、全国平均で63%前後のカップルが婚約指輪を購入しているようです。

(2)結婚指輪の購入割合

同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」の調査によると、全体の98%のカップルが結婚指輪を購入している事がわかった。
結婚指輪 割合
婚約指輪の購入者数よりも結婚指輪の購入者数の方が多いことが分かります。

5、婚約指輪と結婚指輪それぞれの人気ブランドは?

(1)婚約指輪の人気ブランド

次は婚約指輪として有名人も多く購入する人気ブランドを5つご紹介します。

①Tiffany & Co / ティファニー

爽やかなエメラルドグリーンが定番カラーのティファニー。

1837年にアメリカで創業されて以来、世界各国の王室から世界の著名人までもが顧客として愛用をしているブランドです。

公式サイトを見る

②Cartier / カルティエ

1847年にフランスで創業されたブランド。

大ぶりで大胆なデザインのものが多く、現在では婚約指輪や結婚指輪のトップブランドです。

公式サイトを見る

③HARRY WINSTON / ハリーウィンストン

1932年にニューヨークにて創業されたブランドです。

2000年代にティファニーやカルティエに続き婚約指輪や結婚指輪のブランドとして人気が急上昇しました。

0.5カラット以下の商品の取り扱いはなく、高価格帯の商品が多いのが特徴です。山田優&小栗旬のカップルなどをはじめ、芸能人にも特に購入者が多いのが特徴です。

公式サイトを見る

④TASAKI/タサキ

自社真珠養殖場と高度なダイヤ研磨技術を合わせ持つ、日本のプレミアムジュエラーです。

米国大統領も愛用するデザイナーによる作品は、繊細かつ優雅なデザインです。

公式サイトを見る

⑤MIKIMOTO/ミキモト

1893年に創業されたブランドです。

パールから始まったこのブランドは真珠の養殖が成功して以来、日本を誇るジュエリーブランドです。

公式サイトを見る

(2)結婚指輪の人気ブランド

次は結婚指輪として有名人も多く購入する人気ブランドをご紹介します。

①エクセルコダイヤモンド

エクセルコダイヤモンド

ベルギー王室にも愛されるクオリティが評判の「エクセルコダイヤモンド」。

日本でもかつてから品質の高いジュエリーとして使用されることが多く、メディア等では広末涼子さんを初めとする有名タレントがドラマなどで着用。

神田うのさんの結婚式でティアラが着用されたことでも有名です。

1800年台前半からなんと200年もの間、ダイヤモンドの品質向上のための研究を日々続けてきた伝統あるブランドです。

公式サイトを見る

②Tiffany & Co/ティファニー

ティファニーはエンゲージリング、マリッジリングともに人気なブライダルリングです。

1837年に創業したティファニーですが、今もなお女性たちの憧れです。

公式サイトを見る

③Cartier/カルティエ

カルティエもティファニー同様、誰もが認める世界的に人気なブライダルリングのブランドです。

クラシカルなデザインは勿論、クリエイティブなデザインが特徴のブランドです。歌手の安室奈美恵さんの結婚指輪がカルティエでした。

公式サイトを見る

④HARRY WINSTON/ハリーウィンストン

ハリーウィンストンは2000年代に人気が急上昇した、ブライダルリングのブランドです。

現在では比較的若い男女を中心にモデルの長谷川理恵さんや女優の松嶋奈々さんなど、芸能人の方にも大変人気です。

公式サイトを見る

⑤BOUCHERON/ブシュロン

パリ5大宝飾ブランドの一つともされており、フレデリック・ブシュロンが1858年に創業したブランドです。

シンプルかつデザイン制のあるデザインは人と同じではなく、少し変わったデザインを好む方にお勧めです。

公式サイトを見る

⑥CHANEL/シャネル

1910年にデザイナーのココ・シャネルが始めたパリのブランドです。

世界的に有名なブランドは、女性にも大人気です。更にシャネルのブライダルリングは、女性らしさを引き立ててくれる様なデザインです。

公式サイトを見る

6、結婚指輪と婚約指輪の兼用はアリ?

ここでは婚約指輪と結婚指輪の兼用についてご紹介します。

そもそも婚約指輪と結婚指輪の兼用がアリかどうかですが、前述の通り婚約指輪を購入しているカップルの割合が60%強いることを踏まえると、兼用しているカップルも一定数いることが推測されます。

しかしながら、婚約指輪、結婚指輪を購入することにはそれぞれ意味があり、ともにお互いに間で交わされる約束の証と覚悟を表す役割もあります。

最終的にはカップルの間の話し合いにはなるでしょうが、女性としては別々で購入したいとお考えになられる方が多いのではないでしょうか。

(1)結婚指輪と婚約指輪を兼用するメリット

兼用にすることの最大のメリットは、金銭面の負担が少ない事です。

婚約指輪と結婚指輪を両方購入するとなると最低でも50万程度かかります。婚約指輪と結婚指輪を兼用にする事で、ブライダルリングにかける費用が削減できます。

(2)結婚指輪と婚約指輪を兼用するデメリット

兼用にする事で結婚後後悔するケースも多いようです。

例えば婚約指輪を購入し、結婚指輪を購入しなかったケースでは弔辞の際にリングがつけられないというケースがあったり、結婚式の際に指輪交換を行う事が出来ないということもあります。

更に、何年か経過してから「あの時購入しておけばよかった」等と後悔することも場合によってはあるようです。

7、婚約指輪と結婚指輪それぞれの着けるタイミングは?

(1)婚約指輪を着けるタイミング

婚約指輪を身に着けるタイミングについてご紹介します。

①婚約指輪をもらったらいつからつける?

婚約指輪は基本的にもらった日からすぐに身に着けてOKです。

人によっては結納の日から身に付けるも多いようです。その場合も流れ的にはとても綺麗な流れであるため、おすすめです。

②婚約指輪はいつ着ける?

・婚約期間中、婚約指輪はいつ着ける?

婚約指輪は基本的に、婚約期間中に身につけておくための指輪です。高価な宝石があしらわれている物が殆どであるため、「普段身につけて歩くのは緊張する」と言う方も少なくないようですが、ルールがあるわけではないため付けたい時に身に付ける事をお勧めします。

傾向としては、「彼とデートをする時」や「フォーマルな場」には付けていく方も多いようです。

・結婚後も婚約指輪は着ける?</li>

結婚後であっても婚約指輪を身に着けるタイミングはあります。

「普段とは少し違ったおしゃれをして出かける際」や「友人の結婚式」等のフォーマルな場で身に着ける人が多いようです。

更に結婚後も子供ができて支障が出るまでは、せっかくプレゼントしてもらった婚約指輪を身に着ける方もいらっしゃいます。

③結婚後も着けやすい婚約指輪のデザインは?

ここでは結婚後も身に着けやすい婚約指輪のデザインを3つご紹介します。

・セットリング

セットリングとは、婚約指輪と結婚指輪を重ねて着けられるようにデザインされたものです。

既にセットになっているものを選ぶのもいいですが、気に入った組み合わせのものを購入し重ね着けするスタイルも最近では流行っています。

・指輪にダイヤが埋め込まれているデザイン

指輪にダイヤが埋め込まれているデザインであれば、高さが抑えられる上にゴージャスかつ普段でも邪魔にならないデザインです。

結婚指輪と重ねて使用する事で大人の上品さも演出してくれます。

・ファッションに合わせたデザイン

上品すぎず、カジュアルなスタイルがお好きな方は普段身につけているファッションに合わせて指輪のデザインを選ぶことをお勧めします。

「指輪があまりにもゴージャスすぎて普段着に合わない」という悩みも普段遣いできるデザインを選ぶことで解決します。

その他、婚約指輪を付けるタイミングについて詳しくは、「婚約指輪はいつつける?結婚前後でつけるタイミングについて

(2)結婚指輪を着けるタイミング

結婚指輪を付けるタイミングについてWedding parkが100名にアンケートを取った結果、「結婚式後」という答えが半数以上と一番多く、「入籍後」がその次に多い回答でした。

女性の意見で多いのは、「結婚式で初めて彼に左手の薬指に付けてもらいたい」という思いがある方が多いことからも、結婚式後に身に着け始める方が多いようです。

8、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが流行っている?

近年では婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする事を前提に購入するカップルも多く、ファッションの一部として取り入れている女性が増えてきています。

高価な宝石がついている婚約指輪は普段身に付けるのはもったいないという考えから、身に付ける機会がほとんどない印象にありましたが、海外では婚約指輪と結婚指輪を重ねて身に付ける習慣があるようで、その習慣が日本にも徐々に浸透してきているようです。

(1)重ね付けのメリットとデメリット

①重ね付けのメリット

・お洒落なファッションアイテムとして使用できる

華やかなデザインの婚約指輪とシンプルなデザインが多い結婚指輪を重ね付けする事で、単品で身に着けるよりもより手元を華やかにしてくれるお洒落アイテムとして使用することができます。

更に「大切にしすぎる事」もなくなり、普段から身に着ける事ができます。

・お店で割引してもらえる

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけする事を前提に同じお店で指輪を購入することで、割引してもらえるケースもありお得です。

②重ね付けのデメリット

・サイズ選びが困難に

重ね付けをする際は内側になる指輪のサイズを少し大きめのものを購入するため、別々に身に付ける際に付け心地が落ち着かない場合があります。

また、指輪のサイズが大きいと失くし安くなってしまう恐れがあることもデメリットと言えます。

・傷みやすくなる

重ねづけをする事で指輪通しがぶつかって、傷みやすくなってしまう事はデメリットです。

(2)選び方のポイント

①隙間ができないデザインを選ぶ

重ね付けをする際に婚約指輪と結婚指輪の間に隙間が少ない、もしくは無いと綺麗に見えます。

指輪のデザインにはU字、S字、V字、逆S字などとカーブの仕方が異なるデザインがあるため、合わせ方によって隙間の出方が変わってきます。

それぞれの好みのよってデザインを選ぶことをオススメします。

②セットリングの購入

最近では重ね付け専用のセットリングの販売を行うジュエリーショップも増えてきています。

セットリングはセットで身につけた際に綺麗に見えるようにデザインされているため、合わせるのが苦手という方にもオススメです。

その他、結婚指輪と婚約指輪の重ね付けについて詳しくは、「婚約指輪と結婚指輪の重ね付けに適したデザイン画像10選」をご参照下さい。

まとめ

これまで、婚約指輪と結婚指輪の違いについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事が、指輪の購入を検討する際のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

結婚式の準備をはじめよう!結婚式準備完全マニュアル(無料ダウンロード)

cta_img人生の一大イベントともいえる、結婚式。
最高の思い出にしたいからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

・結婚式を挙げたいけれど、何から始めればいいのか分からない
・思いのほか、お金がかかりすぎてしまわないか心配
・結婚式の準備は大変だと聞くけれど、どこに注力すべきか分からない

そんなあなたのために、今すぐ使える、結婚式準備のためのマニュアルをご用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。手順をしっかりと把握できるので、安心して当日を迎えられるようになります。
さっそく、結婚準備を楽しくはじめてみませんか?


無料PDFダウンロードページへ

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

結婚指輪