プロポーズを成功させるためのプロポーズリング、指輪のベストアイディア

    愛する相手と家族になる、その最初の一歩は「プロポーズ」。女性にとっては一生の思い出になる、とっても大切な瞬間です。

    今も昔もプロポーズには様々なスタイルがあるけれど、彼女の心を掴むサプライズと言えば「婚約指輪」や「ダイヤモンド」。そんなの時代遅れ?いえいえ、実はそんなことはありません。

    今回は、結婚を考える男女がプロポーズに望んでいることや、どんなサプライズが支持されているのかなどを紐解いて、プロポーズを成功させるためのベストアイディアをご紹介します。

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    1、 プロポーズに失敗しないためのプロポーズとは?

    彼女と結婚したい気持ちが高まって、いざプロポーズしようとなったらどんなことを考えますか?

    シチュエーションやタイミング、プロポーズの言葉や贈り物。彼女はどんなプロポーズを期待しているのでしょう。

    一度きりのことですから、彼女の最高の笑顔を見たいものですよね。

    (1) プロポーズの理想と現実

    実際、世間ではどんなプロポーズをしているのでしょうか。プロポーズといえば何となくロマンチックなイメージですが、現実には「プロポーズの言葉すらなかった」「ただ結婚しようと言われただけ」なんて不満げな声も聞こえてきます。

    一生に一度の大切な瞬間、女性側は憧れの一瞬であり、男性側は失敗の許されない緊張の一瞬のはず。一生に一度のプロポーズ。彼女の心に素敵な思い出として残したいですよね。

    プロポーズへの憧れについては調査結果も出ています。

    「22〜25歳の交際相手がいる独身男女220人」に対して「結婚観・プロポーズ観についてのアンケート調査」を、婚約指輪・結婚指輪のオンラインショップ「BRILLIANCE+:ブリリアンスプラス」を運営する株式会社キューが実施しました。

    それによるとおよそ7割の男女が「婚約指輪を贈りたい(贈られたい)」と回答しています。

    参考:)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000029530.html

    「恋愛に無欲」「堅実志向」などと揶揄されるさとり世代でも、婚約指輪によるプロポーズに憧れを抱いているのですね。

    (2) 女性の本音

    多くの女性が憧れる「言葉だけではなく(婚約指輪などの)形のあるプロポーズ」。しかし婚約指輪に関しては「プロポーズの指輪に我慢している」という声もあります。残念ながら男性が選んだ婚約指輪が、彼女好みのデザインやジャストサイズではない可能性もあります。

    ブリリアンス+による、既婚者・独身者の男女を対象とした「憧れるプロポーズ」を調査した結果によれば、そうしたことから「指輪は欲しくない」という回答もありましたが、その中の4割は「指輪は自分で選びたいから」という理由でした。

    愛する彼からのプロポーズにケチをつける気はないけれど、内心「このデザイン好みじゃないなぁ」なんて本音を抱いている可能性があるのかもしれません。

    (3) 男性の本音

    一方、多くの男性もプロポーズを軽んじてはいません。同アンケート集計結果で、約7割の男性が「サプライズプロポーズをした(したい)」と回答されました。しかし「サプライズに婚約指輪を準備した(したい)」というのはそのうちの3割程度。

    いざ指輪を準備しようにも、「どんなものを選べばいいのか分からない」「指のサイズが分からない」という問題に直面します。サプライズにするのならサイズを聞くわけにもいかず、デザインを確認してもらうわけにもいかないのですから、指輪選びの困難さを感じます。

    参考:)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000029530.html

    2、 プロポーズ+指輪=離婚率の低下?

    残念ながら、プロポーズがなく結婚した場合の離婚率は、プロポーズがあった場合に比べて高い傾向にあることが分かっています。これはリクルートブライダル総研の2015年に行った調査によるもので、プロポーズがあったと回答した人が離婚を経験した独身者では5割程度、既婚者では7割程であったという結果に基づいています。

    また、そうした離婚者は「結婚式」「婚約指輪の購入」などの結婚にまつわる儀式的なものを行わない傾向があるといいます。結婚への決意や相手と一生を添い遂げようという意思が揺らぎやすいのかもしれません。

    先にも記したように、プロポーズは誰にとっても大切な瞬間です。

    多くの夫婦が、「どんなプロポーズでしたか?」と突然質問されても、すぐに思い返して答えられるのではないでしょうか。人生の節目の重要な事柄であると言っても過言ではないでしょう。

    そんな大切なプロポーズ。結婚への思いや決意をうまく相手に伝えられるといいですよね。

    I-PRIMO

    3、 婚約指輪は誰が選ぶ?失敗を防ぐための今時の婚約指輪事情

    先に記したように、指輪を着ける本人が不在な状況で「ベストな指輪」を選ぶのはなかなか難しいことですよね。

    そのため、プロポーズのあとにふたりで選びに行ったり、指輪ではなく他のアクセサリーを婚約指輪代わりにプレゼントすることもあるようです。

    最近では「プロポーズリング」というプロポーズの時専用の指輪も登場し、プロポーズの演出を後押ししてくれています。

    4、 プロポーズに失敗しない!プロポーズリングとは?

    多くの人がイメージする婚約指輪といえば、高級な一粒石のダイヤモンドの指輪でしょうか。最近では婚約指輪としていろいろな種類やデザインの指輪が紹介されていますが、多くの選択肢から彼女に合ったものを選ぶのはますます至難の業です。

    そこで、「プロポーズ専用のプロポーズリング」というものがあります。

    これは「仮のエンゲージリング」。サイズもフリーサイズで彼女の指に合わせて調節ができる優れものです。

    プロポーズが成功したら本物のエンゲージリングを彼女とともに選ぶことが出来るのです。サプライズも成功させて、彼女も気に入った指輪が身に着けられたら…最高のプロポーズになりますね!

    5、 女性が支持するプロポーズとは?

    では、どんなサプライズやプレゼントが女性の支持を得ているのでしょうか。女性はプロポーズに「言葉だけではない、形のあるもの」を求める傾向があることが見えてきましたが、もしかすると「指輪というアクセサリー」より重要なのは「ダイヤモンド」なのかもしれません。

    それを裏付けるような調査結果もあります。

    ダイヤモンド(リングに留まっていない状態)を専用ケースに入れてサプライズプロポーズをしたあと、好きなリングやネックレスにできるサービスを提供しているブリリアンス+が、交際相手がいる未婚の25歳~44歳の男女334名に対し「ダイヤモンドでプロポーズに対する意識調査」を実施しました。

    すると、6割以上の男女が「好みとサプライズが両立している」「指輪のサイズを気にしなくていい」という高評価。「ダイヤモンドプロポーズ」の支持が高まっている結果が出ました。

    参考:)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029530.html

    結婚を申し込むための大切な贈り物、ダイヤモンド。それを相手の好みのアクセサリーにできるのですから、ロマンチックさに実用性まで兼ね備えています。効率化を進める現代らしく、スマートな選択とも言えますね。

    仮のエンゲージリングでプロポーズを演出する「プロポーズリング」、ダイヤモンドを相手好みに仕立てる「ダイヤモンドプロポーズ」。今後はそれらが主流になるのかもしれません。

    6、 オススメのプロポーズリング

    プロポーズを手助けするアイディアとして「プロポーズリング」をご紹介します。

    プロポーズにはダイヤモンドがセオリーですが、仮のエンゲージリングであるプロポーズリングには本物のダイヤモンドではなく「イミテーション」の指輪を贈ることも。

    しかしながらやはり本物のダイヤモンドの方が感動は大きそうです。まずは本物のダイヤモンドでプロポーズするサービスを提案している指輪ブランドをご紹介しましょう。

    (1) 本物のダイヤモンドでプロポーズする

    先に記したように、ダイヤモンドを贈られることへの憧れは根強いものです。プロポーズを成功に導く「ダイヤモンドプロポーズ」をご紹介します。

    ブリリアンス+のダイヤモンドだけでプロポーズ

    出典:ブリリアンス+のダイヤモンドでプロポーズ

    ブリリアンス+で選ぶのは「ダイヤモンド」。

    ショールームではもちろんのこと、インターネット上から選んで購入することも可能です。指輪に留める前の裸石の状態でしか見ることが出来ない、ハート&キューピッドの輝きも確かめることが出来ます。ダイヤモンドはすべて鑑定書が付属し、品質も安心です。

    なにより、指輪のサイズや彼女の好みを心配する必要がないのは大きな利点です。

    プロポーズが成功したら、ダイヤモンドをどんな指輪にするかをふたりで検討するのも素敵ですね。

    土台の指輪は約2000種類と豊富に取り揃えられており、ネックレスにすることも可能です。ショールームでもインターネットでも選ぶことが出来るので、時間をかけて決められますね。カスタマーサポートも充実していて安心。きっと彼女の好みのスタイルが見つかるでしょう。

    ② ダイヤモンドシライシのスマイルプロポーズリング

    出典:銀座ダイヤモンドシライシのプロポーズリング

    こちらは、ダイヤモンドが調整可能な台座に留められているスタイルです。後日、エンゲージリングをふたりで選んでダイヤモンドを付け替えます。残った台座の指輪にもカラーストーンを留めてくれるので、プロポーズの記念としても素敵ですね。

    (2) イミテーションの指輪でプロポーズする

    イミテーションダイヤモンドとは、キュービックジルコニアなどのダイヤモンドとよく似た別の物質を、宝石として利用したものです。その輝きは本物に勝るとも劣らないほどの美しさを放っています。
    そんなプロポーズリングを用いて、サプライズプロポーズが出来るというブランドをご紹介しましょう。

    ① ヴァンドーム青山

    出典:ヴァンドーム青山

    エンゲージリングのフォルムを象徴的にアレンジした遊び心溢れる作品です。

    ② 俄 PLEDGE for WEDDING

    出典:

    中央に幸せのクローバーが現れるクオーツをシルバーでセッティングし、ピンクゴールドのプレートをあしらったデザインです。

    まとめ

    プロポーズを成功に導くアイディア「プロポーズリング」「ダイヤモンドプロポーズ」をご紹介しました。

    型にはまらない現代のスタイルにマッチした、素敵なサプライズ演出になるのではないでしょうか。きっとあなたの気持ちを伝える手助けをしてくれることと思います。

    ここでご紹介した商品について詳しくは、各ブランドにお問い合わせいただくかホームページなどをご確認ください。

    この記事があなたのプロポーズ成功のお役に立ちましたら幸いです。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    エクセルコダイヤモンド