結婚指輪の厚みと幅の正しい決め方と購入前に知っておきたい注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご結婚が決まったカップルの皆様。おめでとうございます。結婚指輪はもう決まりましたか? お二人の愛の証として大切に使いたい結婚指輪。「どんな結婚指輪にしようかしら?」と迷ってしまうかと思います。

パートナーとともに一生をともにする結婚指輪はデザインはもちろんのこと、着け心地持ちの良さなども決め手となりますよね。そのためには、指輪の厚み、幅が指輪選びのとても大切なポイントとなります。
この記事では、結婚指輪の厚み、幅の正しい決め方と知っておきたい注意点についてご紹介します。

1、理想的な結婚指輪の厚みは? 幅はどのくらい?

まずは結婚指輪にはどのくらいの厚み、幅のデザインが用意されているのでしょうか? ご紹介します。

(1)結婚指輪の厚みは1.5mm〜2.0mmが一般的

指輪の幅は加工で薄くも厚くもすることができるものですが、耐久性の問題や、将来サイズ直しが必要になるかもしれないことなども加味すると、1.5mm〜2.0mm以上が適しているとされています。
厚みを大まかに3段階に分けてみると

  

出典 https://www.rakuten.ne.jp/gold/puretitan/ringguide6.htm#usume

①薄め ②普通 ③厚め となります。

指に着けている感じだとこの様な見た目となります。(指輪の幅は3mmです)

 ①薄め

 ②普通

 ③厚め

出典 https://www.rakuten.ne.jp/gold/puretitan/ringguide6.htm#usume

①薄めの指輪

指輪のサイズが小さい方や指輪を着け慣れていない方には薄めの方が着け心地が良くなります。また上でも書いたように、薄めにしたい場合は変形しにくい素材を選ばれることをおすすすめいたします。

②普通の厚みの指輪

将来にわたるメンテナンスを考えると、薄めよりもこの程度の厚みがあるものが結婚指輪としては適していると言えます。

③厚みのある指輪

力仕事の時も身につけている方や、手の大きい方、ボリュームを出したい方向きと言えるでしょう。

(2)指輪の幅が印象の決め手!

結婚指輪の標準的な幅は3mmと言われていますが、デザインや素材、また指のタイプ等によっても印象が変わって来ます。画像で見比べて頂くと、印象の違いが良くわかります。


2.0mmの幅


2.5mmの幅


3.0mmの幅


3.5mmの幅


4.0mmの幅


4.5mmの幅

出典 https://www.brilliance.co.jp/marriage/selectguide/selectguide03_imgfemale.html#female020

①幅の小さい指輪(2.0mm /2.5mm)

軽くて着け心地が良いので、指輪に慣れていない方に向いています。指輪の厚みと同じく幅が小さい指輪は変形しやすくなります。力仕事などをされる方が選ばれる場合は注意が必要です。模様等が入れにくいのでシンプルなデザインのものになります。

②一般的な幅の指輪(3.0mm/3.5mm)

結婚指輪の中では一番選ばれている幅と言えるでしょう。石をあしらう、模様を入れるなど装飾もしやくなりますのでデザインのバリエーションが増えます。着け心地も慣れている方なら自然で違和感なく長時間着けていられます。

③幅広の指輪(4.0mm/4.5mm)

幅がしっかりとあるので、存在感のある結婚指輪になります。幅の広いリングの場合は、少しだけ大きめものを選ぶと着け心地が良くなるようです。ぜひ実際にお店で装着し、違いを確かめてみましょう。

指輪の幅は男女で似合う、似合わないが違ってきます。指や手の大きさにもよりますが、男性は存在感、ボリュームのある幅広のもの、女性は上品さが出る幅の小さいもがお似合いになる傾向にあります。お揃いのデザインで幅違いにするなどしても良いですね。

2、結婚指輪は常に身に着ける? どんなシーンで使う?

結婚指輪の使い方も人それぞれです。お二人のライフスタイルから、どんな場面で結婚指輪を身につけているか考えてみましょう。
結婚指輪=常に身に着けているものという人も勿論多いのですが、職業やライフスタイルによっては、常に身に着けてない方もいらっしゃいますよね。つまり・・・

  • 一日中身に着けておく
  • 基本、身に着けておくが仕事中は外す
  • 外出時は身に着けるが、家では外す

など、お二人、またそれぞれのライフスタイルからどんな場面で指輪を着けているか考えてみてください。

(1)一日中身につける方

1日を通して着けるつもりのある人や、家事の最中も身に着けたい人は、厚み、幅がある程度しっかりしたものをおすすめします。重たいものを持つなどの作業しても変形しにくいしっかりとした指輪が適していると言えます。

(2)身につける時間が限定される方

自分に似合うタイプの厚み、幅で選ばれると良いのではないでしょうか。
ただし結婚指輪として長く使い続けるには素材選びなどが大切になってもきます。純度の高いプラチナやゴールドは変形しやすいので、他の金属を混ぜて強度を高くしたものにされてください。ピンクゴールド、チタン、イリジウムといった素材は変形しにくいとされていますので、ジュエラーの方に相談、確認をしてみましょう。

(3)指輪を着け慣れていない方

そもそも指輪を着け慣れていない人にとっては装着時間に関わらず、厚みが薄く、幅が小さい指輪の方が違和感なく着けておくことができます。しかしながら、これまで述べて来ましたように、薄くしずぎると変形の原因にもなります。したがって厚みを抑えたい場合は、変形しにくい堅い素材を選ぶことが大切と言えます。

3 結婚指輪を購入するときの注意点

(1)厚み・幅を決める時の注意点

ご紹介してきた指輪の厚み、幅についての注意点をまとめてみますと

  1. 指輪を着けているシーン、ライフスタイルを確認すること
  2. 特に幅が小さい、厚みが薄い指輪を選びたい場合は丈夫な素材を選ぶこと
  3. シンプルな指輪を希望するなら幅が小さいものでもOK
  4. デザインを施したい場合はある程度の幅が必要

の4点を事前の豆知識としてお店に出向かれるとベストな指輪に出会えるかと思います。ぜひ参考になさってくださいね。

(2)オーダメイドの場合の注意点

結婚指輪は、既製品も多く販売されています。しかしながら多くの場合、商品の性質上、購入には店頭品ではなく誰も身につけていない新品を用意してくれることが殆どです。そのためお取り寄せになることもあり、すぐに購入できない場合があります。

また、指輪の内側へのシークレットストーンの装着や、記念日、お名前などの刻印などをお願いした場合は、2週間ほどかかるお店が多いようです。
フルオーダーの場合、最低2ヶ月近くは期間が必要となりますので、余裕をもって指輪探しを始めるようにしましょう。

(3)アフターケアやサービスについての注意点

殆どのジュエラーでは結婚指輪、婚約指輪に関しては長期のメンテナンス保証をつけています。ジュエラーに寄っては一生保証のお店もあります。しかしながら、サービスの内容、費用はお店によってばらつきがあり様々ですので、確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? パートナーと共に一生をともにする結婚指輪。お二人のライフスタイル、希望にピッタリと合う素敵な指輪が見つかりますように、お祈りしています。

「HOW TO MARRY」編集部です。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

プレ花ダイアリー
エクセルコダイヤモンド