顔合わせ食事会の費用は誰が負担する?事前に決めておくべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

両家が揃って顔合わせ食事会をとりおこなうことが決まったら、食事場所やお料理の内容も大切ですが、それ以上に大切なのが、食事会の費用の支払いについてです。

今回は、顔合わせ食事会の費用を誰が負担するのか決めておくべき理由についてご紹介しましょう。

目次

1、食事会にかかる費用とは?

2、食事会の費用の分担パターン5つ

3、トラブルを避けるためのポイント

1、顔合わせ食事会にかかる費用とは?

 

shutterstock_367482494

顔合わせ食事会といっても、食事代だけとは限りません。ホテルのレストランや料亭を使う場合は、個室使用料、サービス料などが別途必要となるケースがあります。そうすると時間帯、人数やお料理のランクにもよりますが、それだけでも3万〜10万円程度の費用が必要となってきます。

また、新郎新婦のご両親やご兄弟の中で遠方にお住まいの場合は、交通費や宿泊費も考慮する必要があります。

例えば、新郎側のご両親が遠方で交通費をご自身で負担してもらう場合は、その代わりに食事代は新婦側が負担するのが配慮です。新郎新婦でよく相談しておきましょう。

2、顔合わせ食事会の費用の分担パターン5つ

shutterstock_51807625

結納の場合、結納品は新郎側が負担し、自宅でお料理を振る舞うのが新婦側というのが一般的でした。しかし、現代では、結納の略式として顔合わせ食事会を行うことが増えているため、食事会の費用の負担についても色々なケースがあります。そこでよくある5つのパターンをご紹介します。

  • (1)新郎新婦の二人が負担する
  • (2)両家で折半する
  • (3)一方の両親が交通費や宿泊費を負担し、もう一方が食事代を負担する
  • (4)結納の形式と同じく、新婦側が食事代などすべての費用を負担する
  • (5)「嫁をもらう立場だから」と、新郎側が食事代などすべての費用を負担する

最近は、(1)のように、新郎新婦のお二人が両家を食事に招待し、改めて結婚の報告をするという形か、(2)の両家で折半するという形が多くなっています。

3、トラブルを避けるためのポイント

shutterstock_229360840

顔合わせ食事会は、結納ではありません。しかし、親世代は略式ではあるけれど結納のようなものだと捉えている可能性があります。結納は、地域の風習や慣わしによって、内容や新郎と新婦の費用負担の考え方も異なります。お互いのコンセンサスがとれていないことが原因で、嫌な思いをしたり揉めたりするリスクもあります。

そこで、食事会の前にあらかじめ、誰が費用を負担するのか決めておいて、両家に伝えておくことをおすすめします。

ただし、事前に決めておいてもいざ食事会が終わり会計をする段で、どちらの親も自分たちが費用を負担すると言って譲らず、出口で揉めてしまうケースもよくあります。

こういった展開に備え、費用を負担する人は、食事会の終わり頃に先にこっそりと会計を済ませておくようにすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は、顔合わせ食事会の費用の負担についてご紹介しました。結婚はそれぞれ違った環境で暮らしてきた家族が新たに親族となるため、考え方や風習の違いなどでトラブルになることも少なくありません。両家のご両親に納得してもらえるような形で気持ちよく顔合わせ食事会ができるよう、新郎新婦が仲介役として、報告、連絡、相談を行うようにしましょう。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ