多くの妊婦さんが経験! 妊娠中に息苦しくなる原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

息苦しさは多くの妊婦さんが経験する症状です。

胸が詰まっているような感じや、しっかりと息が吸い込めないような感覚、胸の圧迫感など、妊娠していない時に経験がないことが多い症状なので怖くなってしまいますよね。

今回は妊娠中に息苦しくなる原因と対処法をご紹介します。

1、多くの妊婦さんが経験! 妊娠中に息苦しくなる原因とは

(1)貧血からくる息苦しさ

妊娠中は血液が非妊娠時の1.5倍に増えるため、動悸を感じやすい状態です。

さらにお腹の赤ちゃんへ送る栄養として鉄分も使われるため“鉄欠乏性貧血”になりやすくなっています。

鉄欠乏性貧血の症状としてめまいや動悸や息苦しさがあり、妊娠中の息苦しさの原因となることがあります。

(2)血圧の変化からくる息苦しさ

妊娠中の血圧は女性ホルモンの影響により妊娠初期~中期は低血圧になることがあり、妊娠後期は血圧が高くなることがあります。

血圧が変化することにより、動悸を感じる人もいます。

(3)ストレスからくる息苦しさ

妊娠中は精神的にも不安定になりやすく、出産の不安・親になる不安・経済面での不安など様々な不安を感じストレスを溜めてしまいやすい状態です。

ストレスを溜めすぎると体にも不調が出てきてしまい、息苦しさや動悸を感じることもあります。

(4)圧迫される息苦しさ

妊娠後期になるとお腹もかなり大きくなります。

大きくなったお腹は肺を圧迫してしまうため、妊娠後期に息苦しさを感じる妊婦さんは多くいます。

(5)ホルモンバランスの変化による息苦しさ

妊娠すると増えるプロゲステロンという女性ホルモンが呼吸中枢を刺激します。

そのため妊娠初期に息苦しさや動悸を感じることがあります。

(6)薬の副作用による息苦しさ

切迫流産や切迫早産と診断されたときに処方される薬に子宮収縮を抑える“ウテメリン”という薬があります。

ウテメリンの副作用に動悸があり、鼓動の早さや脈の乱れを感じやすくなります。

2、妊娠中に息苦しくなったときの対処法は?

(1)貧血が原因の場合

妊娠中は鉄分を意識して摂取していないとすぐに鉄分が不足してしまいます。

まだ軽めの貧血であれば鉄分を意識した食事に変えてみましょう。

貧血が酷いようであれば病院を受診することをおすすめします。

(2)寝る時の体勢を変えてみる

寝る時に大きくなったお腹が肺を圧迫してしまい息苦しくなってしまうことはよくあります。

その場合は頭を少し高めにし左を下にして横向きに寝てみましょう。

抱き枕を使用するとさらに楽になるかもしれません。

(3)急に息苦しくなったら

息苦しさを感じたらできるだけ体を休め可能であれば横になりましょう。

息苦しさが落ち着くまでは安静にするようにしましょう。

(4)ストレスを感じている場合

色々悩んでしまうようになってから、動悸や息苦しさを感じるようになった人はストレスが原因かもしれません。

なにかストレス発散できるものや、時間を忘れて打ち込める趣味などを見つけるとストレスが軽減できるかもしれません。

不安が大きすぎてストレスを強く感じてしまう場合は心療内科を受診してみるのもいいでしょう。

(5)姿勢を正す

妊娠後期はお腹が重く重心が前にかかってしまうため猫背になりがちです。

しかし猫背のように背中が丸まった状態はさらに肺を圧迫してしまいます。

意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

まとめ

息苦しさや動悸はひどくなると生活にも支障をきたしてしまいます。

息苦しさや動悸を感じたら無理せず休み、場合によっては病院を受診するなどして対処しましょう。

貧血になっていても貧血だと気づかない妊婦さんもいるので、そんなに症状が酷くなくても妊婦検診の時に相談してみましょう。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ