fbpx

胃薬を飲んでも大丈夫? 妊娠中に飲める胃薬・飲めない胃薬

    胃痛や胃もたれなど妊娠中に起きやすいのが胃のトラブル。

    とても辛い時は薬に頼りたくなるけれど、妊婦は薬を飲んじゃだめだと我慢してしまいがちですよね。

    では妊娠中に服用しても大丈夫な胃薬はあるのでしょうか。

    今回は妊娠中に飲める胃薬と飲めない胃薬をご紹介します。

    他の妊婦さんがよく読んでいる記事はこちら

    来館予約+ウェディングで商品券10万円プレゼント実施中!

    妊娠初期のガイド(無料ダウンロード)

     妊娠初期ガイドP3より

    妊娠、出産は人生の一大イベント。 初めての妊娠では、ちょっとした体調の変化などで不安になることも多いと思います。

    ・妊娠初期に食べちゃダメなもの、食べていいものがわからない ・妊娠初期で気をつけた方がいいことは? ・妊娠初期に揃えておくべきことや、やっておくと良いことは?

    そんなあなたのために、今すぐ使える、妊娠初期ガイドをご用意しました。あなたの楽しい妊娠生活のお役に立てましたら幸いです。

    ※体調の変化などについては自己判断せず、不安なことはすぐに主治医の先生に相談されることをおすすめします。

    1、妊娠中に胃が痛くなる原因は?

    妊娠中は初期から後期まで胃痛が起こる可能性があります。

    妊娠初期の胃痛の原因はつわりであることが多いです。
    中期から後期にかけての胃痛は大きくなった子宮が胃を圧迫することによって起こります。

    体内の変化の他にも、妊娠中はつわりの不快感や初めての出産への不安などでストレスを溜めてしまいやすいです。

    ストレスから胃痛を起こしてしまうケースもあります。

    2、妊娠中に胃薬を飲んでも大丈夫?

    妊娠中に薬を飲むと胎児に悪影響があると思っている方は多いのではないでしょうか。

    確かに妊娠中に摂取したものは胎児に影響がありますが、悪影響を及ぼさないものを選べば薬を飲んでも大丈夫です。

    病院で医師から処方してもらった薬ならより安心して飲むことができるので、辛いときはできるだけ病院を受診しましょう。

    3、細心の注意を! 妊娠中に飲める胃薬・飲めない胃薬

    (1)飲める胃薬・飲めない薬の分類

    薬は次の種類に分類されています。

    • 【第1類医薬品】
    • 【第2類医薬品】
    • 【第3類医薬品】
    • 【医薬部外品】

    これは薬の使用リスク順になっていて【第1類医薬品が】最も服用のリスクが高いもので、【医薬部外品】は最もリスクが低く効き目が穏やかなものです。

    妊婦は【第3類医薬品】【医薬部外品】を飲むことをおすすめします。

    ただ、薬の箱などに書かれた注意事項に「妊婦または妊娠していると思われる人」は服用しないように記載されている場合は【第3類医薬品】【医薬部外品】であっても服用を避けましょう。

    病院で処方されるものと同じ名前の市販薬でも、成分の含有量に違いがあるので注意が必要です。

    (2)妊娠中は病院で処方される胃薬を飲む

    病院で処方される胃薬は、妊娠の状態や胃痛の症状などに合わせて処方されるので市販薬よりも安心して服用ができます。

    消化器官からほとんど吸収されないため胎児に影響しない【スクラルファート】【アルサルミン】【マーロックス】などは、妊娠中いつでも比較的安心して服用ができるのでよく処方されます。

    その他にも胃腸の粘膜の保護に【ムコスタ】【セルベックス】といった作用が穏やかなものが処方されることがあります。

    病院で処方されている胃薬は胎児に影響しないものになっています。

    (3)妊娠中でも飲める市販の胃薬

    妊婦に一番いいのは病院でもらった薬です。

    ただ、妊婦の期間が終わって薬をもらいに行くのがめんどくさいと思う方。
    医薬部外品の胃薬を試してみるのもいいと思います。

    〇医薬部外品

    • 新ビオフェルミンS錠
      3種類の乳酸菌が配合されており、自然な整腸作用で安心して服用することができます。
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【指定医薬部外品】新ビオフェルミンS錠 540錠
    価格:2307円(税込、送料別) (2021/8/12時点)


    • エビオス錠
      ビール酵母の働きで、胃腸に穏やかに作用します。ビール酵母は栄養が豊富なので栄養補給としても役立ちます。

    まとめ

    飲んでも大丈夫な胃薬をご紹介しましたが、やはり確実なのは薬を処方してもらうことです。

    病院に行けない事情がある場合には、かかりつけの病院に連絡して市販薬を服用しても大丈夫か確認してから飲むようにした方が安心です。

    妊娠中の薬の服用はできるだけ自己判断は避けるようにしましょう。

    友だち追加数
    友だち追加数

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    ママニック社