結婚指輪は金(ゴールド)がおしゃれ!人気の理由と購入前に押さえておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚指輪と言えばプラチナ。というイメージが強い日本。

しかしヨーロッパやアメリカなどでは金(ゴールド)の結婚指輪も昔から人気があり、近年日本でも「ファッション性が高い」と若者を中心に人気です。

そこで今回は結婚指輪に金(ゴールド)が選ばれているその理由や注意点、購入前に押さえておきたいポイントをまとめてご紹介します。

感動的なテレビCMで話題!想いを形にするなら「アイプリモ

ここ数年、20代30代の女性の間で人気が高まっている婚約指輪のブランドが「アイプリモ」。最近ではローラさんがプロポーズされ涙を流すシチュエーションのCMがSNS等で話題を呼んでいますね。

なぜアイプリモが人気なの?

アイプリモは日本最大規模の店舗数を保有する、ブライダルダイヤモンドリングの専門店。高級ダイヤモンド専門店ゆえに品質が高く、デザインも豊富。なおかつ、比較的お手頃な価格で購入することができるのも人気の理由と言えます。
しかも、アイプリモには男性のプロポーズを成功させるべくなんとプロポーズをサポートするサービスも!洗練されたデザインの指輪でプロポーズを考える貴方、まずは公式サイトをご覧ください。

1、金(ゴールド)が人気の理由は?

近年日本でも人気を集めている金(ゴールド)の結婚指輪。その人気の理由であるメリットをご紹介していきます。

  1. 1、ファッション性が高くおしゃれ

金(ゴールド)の結婚指輪は、ファッション性が高くおしゃれに使えるのが大きなメリット。普段使いのアクセサリーや服装とも合わせやすいのが、若者から人気を集める理由のようです。

  1. 2、日本人の肌との相性

黄色みがかった日本人の肌には、プラチナよりも金(ゴールド)の結婚指輪の方が、肌なじみが良いと言われています。

  1. 3、永く保たれるその輝き

金自体はとても耐久性が高く、変色しづらく、永く輝きが保たれるのが大きな特徴。

結婚指輪は長く愛用するアクセサリーですので、金(ゴールド)は使い勝手の良い素材と言えそうです。

  1. 4、プラチナよりも実はリーズナブル

金(ゴールド)の結婚指輪は、一般的にプラチナの結婚指輪の7割程度の価格で、リーズナブルなのも人気の理由の一つ。なるべく価格を押さえたいという人にもおすすめです。

  1. 5、傷がつきにくく、丈夫で長持ちする

純度にもよって異なりますが、金(ゴールド)は銅や銀など他の金属と混ぜることで硬度を高められるため、傷がつきにくく丈夫で長持ちするというのも大きなメリット。

長く愛用したい結婚指輪だからこそ、長持ちするかどうかはポイントですよね。

  1. 6、メンテナンスが楽

金(ゴールド)は変色しづらく、変質する心配も少ない素材のため、リペアやメンテナンスの頻度が少なくて済むのもメリット。

そのため長い目で見ても、メンテナンス費をプラチナよりも抑えられることができ、結果的にコストパフォーマンスが高いと言えます。

  1. 7、金属アレルギーになりづらい

純度にもよりますが金(ゴールド)は、金属アレルギーを引き起こしづらいと言われています。

ただしパラジウムが合金されているホワイトゴールドなど、合成されている金属の配合によっては金属アレルギーを引き起こしやすいこともあります。

金属アレルギーの心配がある人は、購入前にお店の人などに確認してみましょう。

  1. 8、色のバリエーションが豊富

プラチナと違い金(ゴールド)の結婚指輪は、色のバリエーションが豊富なのも特徴。

一般的なイエローゴールドだけでなく、ピンクゴールドやシャンパンゴールド、ホワイトゴールドやグリーンゴールドとカラーバリエーションが豊富です。

2、金(ゴールド)選ぶ際に注意したいこと

メリットの多い金(ゴールド)の結婚指輪ですが、購入前に把握しておきたい注意点をいくつかご紹介します。

  1. 1、ダイヤモンドとの組み合わせ

結婚指輪で多いのが、ダイヤモンドを指輪にあしらうこと。

一般的にダイヤモンドはプラチナとの相性が良いですが、金(ゴールド)との組み合わせはあまり相性が良くありません。「結婚指輪にはダイヤモンドがついていないとイヤ」という人には、金(ゴールド)の結婚指輪はあまり向いていないかもしれません。

  1. 2、金の純度による強度

先ほど金(ゴールド)の結婚指輪は、丈夫で傷つきにくいとお話ししましたが、これは金の純度によって異なります。

金自体はとても柔らかく、ほかの金属が配合されていない金の純度100%の24金(K24)は変形しやすいというデメリットも。

しかし純度を落とし、ほかの金属の分量を多くすることで強度は高くなります。

  1. 3、ピンクゴールド変色について

金(ゴールド)の中でもピンクゴールドは、近年とても人気ですが、銅を多く配合しているため、他に比べて多少変色しやすいというデメリットがあります。

 3、(ゴールド)の純度や種類について

続いては、金の種類やおすすめについてご紹介していきます。

shutterstock_38077051

  1. 1、金の純度とおすすめについて

金(ゴールド)には、純度というものがあります。

純度100%のものが「24金(K24)」、純度75%のものが「18金(K18)」、純度58%のものが「14金(K14)」、純度42%のものが「10金(K10)」という指標で表現されています。

金(ゴールド)は柔らかく加工しやすいという特徴があるため、純度が高いほど柔らかく変形しやすくなりますし、逆に純度が低くなると輝きに影響が出てくるという特徴があります。

耐久性、輝き、変色しづらさ、美しさから18金(18K)が結婚指輪にはおすすめでしょう。

2、金(ゴールドの種類について

一言で金(ゴールド)の結婚指輪と言っても、その種類は豊富にあります。

続いては、結婚指輪におすすめの金(ゴールド)のカラーバリエーションをご紹介します。

(1)イエローゴールド

金(ゴールド)のなかでも代表的なのがイエローゴールド。

「悪魔から身を守る」という意味もあると言われており、ヨーロッパでは昔からブライダルジュエリーとして人気のカラーです。

ファッション性が高く、日本人の肌馴染みも良いのが特徴。

(2)ホワイトゴールド

イエローゴールドにパラジウム等の金属をメッキにして仕上げているのが、ホワイトゴールド。

ホワイトゴールドはプラチナよりもリーズナブルで、元々プラチナの代替品として開発されたということもあり、男女ともに人気を集めています。

色合いは銀色ですが、プラチナよりも少し黒味がかっていたり、黄色みがあったりするのが特徴です。

ただし、パラジウムを配合しているので金属アレルギーのある方は注意して選びましょう。

(3)ピンクゴールド

金(ゴールド)に銅を混ぜ合わせて作られるのがピンクゴールド。レッドゴールドやローズゴールドという呼び名でも親しまれています。

銅を混ぜているので強度が高いのが、特徴。

日本人の肌になじみやすいカラーで、その可愛らしい色合いから近年若い女性に大変人気です。

プラチナと共に、バイカラーにしたリングなども人気。

ただ強度が高いため、加工しづらくサイズ調整が難しい場合があることや、変色に弱いというデメリットもあります。

(4)シャンパンゴールド

金(ゴールド)にパラジウム、銅、シルバーなどを配合して仕上げるのがシャンパンゴールド。

日本人の肌になじみやすい淡いイエローカラーで、上品な印象が特徴です。

ただし、ホワイトゴールドの一種でもありパラジウムが配合されていることから、金属アレルギーには注意が必要です。

(5)グリーンゴールド

金(ゴールド)に銀を配合することで作られるのが、グリーンゴールド。

少し緑がかった爽やかな色味で、ヨーロッパでは昔から親しまれてきたゴールドです。

その色みからライムゴールドとの呼び名も。

個性的な色のため、周りの人と差をつけたい人におすすめの色合いです。

4、メンテナンスお手入れ方法

金(ゴールド)は、酸に強く錆びにくい性質を持っていて丈夫で長持ちすると言われていますが、いつまでも美しく使用するためには、定期的なメンテナンスやお手入れが欠かせません。

ここでは金(ゴールド)の結婚指輪のメンテナンスやお手入れ方法をご紹介していきます。

(1)イエローゴールド

金(ゴールド)の純度が高いイエローゴールドは、酸に強く錆びにくい性質です。

そのため、お手入れ方法は使用後に専用の布やメガネクロスなど柔らかい布で、汗やホコリ、脂などを軽く拭く程度でOK。

(2)ホワイトゴールド

ホワイトゴールドはメッキ加工のため、長く使っているうちにメッキがはがれてしまうことがあります。

しかし定期的なメンテナンスでメッキを修復することで、新品同様の輝きを取り戻すことができます。

(3)ピンクゴールド

銅を配合していることから、変色しやすいピンクゴールド。

変色を防ぐため、まず汗をかく運動の前や、温泉に入る時はあらかじめ指輪を外すなどするのをおすすめします。

日常的なお手入れは、お手入れ専用の布で、指輪についた汗などの汚れを落とすことが大切。専用の布がない場合は、メガネ拭きでも代用できます。

100円均一のお店にも、アクセサリーのくすみ落とし専用の布が販売されています。

変色してしまった場合は、ジュエリークリーナーか中性洗剤を使い、ぬるま湯につけながら洗うのがおすすめ。

もしそれでも改善されない場合は、購入した店舗やジュエリーのメンテナンスを行う店舗に相談してみましょう。

(4)シャンパンゴールド

シャンパンゴールドはホワイトゴールドの一種であるため、長く使うことでメッキがはがれてしまうことがあります。

そのため定期的なメンテナンスをおすすめします。メッキを修復すると新品同様の輝きを取り戻すことができます。

(5)グリーンゴールド

金(ゴールド)に銀を配合することで作られるグリーンゴールドは、銀が配合されているため黒ずみやすいのが特徴。

使用後に乾拭きするだけでなく、使用しない場合はビニール袋で密閉し空気に触れさせないようにしましょう。

もし黒ずんでしまった場合は、専用商品で磨き上げたり、お店へメンテナンスに出すなどしましょう。

5、まとめ

近年人気の金(ゴールド)の結婚指輪。日本人の肌になじみやすく、実はリーズナブルで、丈夫でお手入れも簡単なことがその人気の理由のようです。ぜひ結婚指輪選びの参考にしてみてくださいね。

 

中森りほ
東京在住の下北系ライター。女性向けウェブメディアにて編集・ライターを経験。記事広告をメインに多くの記事執筆、取材、インタビューを行う。その後グルメウェブメディアの編集・ディレクションを経験。得意ジャンルはグルメ、旅、恋愛コラム、女性の働き方・生き方など。好きなことは、おいしいものを食べること、街歩き、映画、温泉、旅行、ドラム。現在フランス人の彼氏とお付き合い中。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

結婚指輪