『愛』から誕生した「ヴァン クリーフ&アーペル」のおすすめ婚約指輪7選

    皆さんは、世界5大ジュエラーであるとともに、「グラン・サンク」と呼ばれるパリ5大宝飾店の一つでもあるヴァン クリーフ&アーペルについてご存知でしょうか。

    今回は、愛がもたらす創造力からインスピレーションを受けて誕生した「ヴァン クリーフ&アーペル」について、おすすめ婚約指輪7選とともに詳しくご紹介して行きます。ご参考になれば幸いです。

    あわせて読みたい

     

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    1、ヴァン クリーフ&アーペルとは?

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル

    ヴァン クリーフ&アーペルは、フランスは宝石や時計、香水などを扱うパリのハイジュエラーです。

    1895年に宝石商の娘であるエステル・アーペルと宝石カット職人の息子であるアルフレッド・ヴァン・クリーフが結婚したことをきっかけに、アルフレッド・ヴァン・クリーフが1906年に義兄弟たちとパリのヴァンドーム広場22番地に最初のジュエラーとしてヴァン クリーフ&アーペルを設立したのが始まりです。

    ヴァン クリーフ&アーペルは、創業から現在に至るまで変わらずヴァンドーム広場にあるアトリエで職人たちがジュエリーを製作しており、石を支える爪がほとんど見えない「ミステリーセッティング」を開発。1993年に特許を取得していることでも知られています。

    また、ヴァン クリーフ&アーペルの最大の特徴は、高いデザイン性にあり、顧客の要望に応じてユニークかつ繊細なジュエリーを数多く世に送り出してきました。

    花、蝶、星、雪の結晶などの自然界をモチーフとしたデザインを多く取り入れたヴァンクリーフ・アーペルのデザインは、女性らしさとエレガントさが特徴的です。

    さらに、ジュエリーだけではなく1972年には時計専用のブティックをオープン、1976年にはジュエリーブランドとして初めて香水を販売するなど、多岐にわたり事業展開を行っています。

    創業以来モナコのグレース王妃をはじめとする世界中の王侯貴族やセレブの間で愛されており、モナコの公室御用達ブランドとしても多くの人に知られています。

    アルフレッド・ヴァン・クリーフとエステル・アーペルの結婚がきっかけとなり設立されたブランドであることもあり、「愛」からインスピレーションを得ることも多いというヴァン クリーフ&アーペルは愛の証として送り合うブランドとしてふさわしいブランドであるとも言えるでしょう。

    2、ヴァン クリーフ&アーペルの価格帯と相場は?

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル

    ヴァン クリーフ&アーペルの婚約指輪の相場は、「プラチナ+ダイヤモンド」で570,000〜1,050,000円程度であると言われています。

    大ぶりのカラーストーンをセッティングしたデザインのものだと数百万円するものもあり、価格帯が幅広いのも特徴です。

    他社ブランドに比べて最安価格も高額ですが、素材の品質は最高級で、どこへ身につけて行っても恥ずかしくないクオリティーであることが最大の特徴です。

    3、ヴァン クリーフ&アーペルのこだわりとは?

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル

    ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーなかなか手の届きにくい高価なラインナップが多いのにも関わらず、とても人気があります。

    その最大の理由は、『品質』。ここでは、ヴァン クリーフ&アーペルの品質へのこだわりについてご紹介していきます。

    (1)ユア ポエティック セッティング

    「ユア ポエティック セッティング」とは、ご希望のデザインのアームに厳選されたダイヤモンドをカラー、カット、クラリティー、カラットをご自身でお選びいただいた上で、セッティングするセミオーダーサービスのことです。

    厳選されたダイヤモンドの中からお選び頂いたダイヤモンドをセッティングすることで、「世界にひとつしかないあなただけのエンゲージリング」を作ることができます。

    では、続いてメゾンが厳選するダイヤモンドへのこだわりを見て行きましょう。

    (2)メゾンが厳選するダイヤモンド

    ヴァン クリーフ&アーペルは、GIAによって開発された4Cの評価基準に沿ってダイヤモンドを測定し、その中でも大変厳しい基準を満たす最高レベルのダイヤモンドだけを採用しています。

    しかしながら、ヴァン クリーフ&アーペルでは4Cの重要性はもちろんですが、5つ目のCとなる「Character(キャラクター)」をさらなる基準として独自に設けています。

    キャラクターは、拡大鏡の下で一つ一つのダイヤモンドについてファイア(分散先)と明るさ、究極の輝きを分析、測定基準として設けています。

    このように独自のさらなる厳選基準を設けて、より高品質のダイヤモンドを厳選していることということがご理解いただけるのではないでしょうか。

    (3)貴石の輝きを最大限引き出すために

    ヴァン クリーフ&アーペルでは、ダイヤモンドが極めて明るい輝きを放つよう、測定において様々な面から注意を払っています。

    ヴァン クリーフ&アーペルで採用するダイヤモンドは、カラーはDEFのカラーレス、クラリティー はIFからVVS2までのもののみを採用するという徹底ぶりです。

    高品質の素材を使用していることから、他社ブランドに比べると最安価格も高額に設定されていますが、納得のいく正当な価格設定と言えるのではないでしょうか。

    4、ヴァン クリーフ&アーペルの厳選婚約指輪7選

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル

    (1)ボヌール ソリティア

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/ボヌールソリティア

    〔特徴〕

    フランス語で「幸福」を意味するボヌール。

    シンプルなプラチナのアームにラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが一粒セッティングされています。

    シンプルなデザインが最高品質のダイヤモンドをより引き立ててくれます。

    カラーはDとE、クラリティーはIFからVVS2を基準としています。

    〔価格〕

    ¥561,600〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    プラチナ

    (2)ロマンス ソリティア

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/ロマンスソリティア

    〔特徴〕

    永遠に輝く貴石に愛の誓いを込めたエンゲージリング。

    センターストーンの両サイドのアームに散りばめられたパヴェダイヤは、洗礼されたクラシカルな印象を演出しています。

    〔価格〕

    ¥820,800〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    プラチナ

    (3)エステル ソリティア

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/エステルソリティア

    〔特徴〕

    1895年にアルフレッド・ヴァン・クリーフと結婚したエステル・アーペルに捧げられたエンゲージリング。

    アーム部分を縁取る繊細なゴールドビーズでの装飾は、メゾンを象徴する特徴的なデザインで、プラチナとゴールドのコントラストも楽しむことができます。

    〔価格〕

    ¥756,000(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    プラチナ&ゴールド

    (4)ペルレ ソリティア(ホワイトゴールド)

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/ペルレソリティア

    〔特徴〕

    メゾンのシンボル的なノウハウを象徴するパールラインが柔らかい印象のエンゲージリング。

    最高品質のダイヤモンドと、ホワイトゴールドの輝きが美しいフェミニンかつエレガントな印象のデザインです。

    〔価格〕

    ¥534,600〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    ホワイトゴールド

    (5)ペルレ ソリティア(ピンクゴールド)

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/ペルレソリティア

    〔特徴〕

    メゾンのシンボル的なノウハウを象徴するパールラインが柔らかい印象のエンゲージリング。

    ピンクゴールドは肌馴染みも良く、女性らしさをより引き立ててくれます。

    〔価格〕

    ¥507,600〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    ピンクゴールド

    (6)イコーヌ ソリティア

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/イコーヌソリティア

    〔特徴〕

    フランス語で「(愛の)象徴」を意味するイコーヌ。

    女性の美しさを讃えてデザインされたイコーヌは、ふんだんにセッティングされたパヴェダイヤがセンターストーンの輝きをより引き立てます。

    〔価格〕

    ¥961,200〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    プラチナ

    (7)クチュール ソリティア

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/クチュールソリティア

    〔特徴〕

    メゾンが愛するインスピレーションの源であるクチュールの世界を表現したエンゲージリング。

    センターストーンがボタンホールあるいはリボンに包まれているようなユニークでアシンメトリーなデザインは、個性的かつエレガントな印象です。

    〔価格〕

    ¥1,215,000〜(E VVS2, 0.3カラット)

    〔素材〕

    プラチナ

    5、ヴァン クリーフ&アーペルを購入した人の口コミ・評判

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル/collections

    エンゲージリングの「ロマンス」を購入しました。

    エレガントかつ繊細で、スタイリッシュなデザインは、彼も気に入ってくれたようです。

    ダイヤモンドは高品質のものもみを使用しているだけあって、輝き眩しく、見るたびに見入ってしまいます。

    出典:https://ringraph.weddingpark.net/eng/b300108/review/18281

    「クチュール」のエンゲージリングを購入しました。

    年齢を重ねても身に付けることができる上品なデザインが大変気に入りました。

    他社ブランドではないデザインで、石の輝きがとても綺麗なのが魅力です。

    彼も気に入ってくれたのもとても嬉しく思っています。

    出典:https://ringraph.weddingpark.net/eng/b300108/review/11705

    ヴァン クリーフ&アーペルは最も好きなブランドだったため、婚約指輪の購入を検討しました。

    中でも、創業者の奥様の名前がつけられた「エステル」のデザインの精巧さに一目惚れをして購入を決めました。

    挙式をパリで行うということから、パリ発祥のブランドというのも決め手となりました。

    出典:https://ringraph.weddingpark.net/eng/b300108/review/9367

    以前から大好きなジュエリーブランドで、婚約・結婚指輪はヴァン クリーフ&アーペル以外考えられないほど大ファンでした。

    彼とお店を訪れた際に、リングのデザインはもちろんのこと、丁寧な対応と落ち着いたショップの雰囲気を彼も気に入ってくれたのが決め手となりました。アフターサービスも充実しているため、生涯安心して身に付けることができることも嬉しいポイントです。

    出典:http://www.engagebible.info/brand/vancleef.html

    ヴァン クリーフ&アーペルはもともと候補になく、想定外であったのにも関わらず、購入を即決してしまいました。

    ダイヤモンドのセンターストーンの輝きはもちろんのこと、30個以上セッティングされたパヴェダイヤも「ヴァン クリーフ&アーペルの名に恥じないよう、どんなに小さなダイヤモンドでも決して妥協しない」という思いを熱く語っていただきました。

    デザインも華やかで、輝きが他の人の目も引くようで、いろんな方から褒めてもらえるのもとても嬉しく、大満足です。

    出典:http://www.engagebible.info/brand/vancleef.html

    6、ヴァン クリーフ&アーペルのアフターケアとは?

    出典:ヴァンクリーフ&アーペル

    ヴァン クリーフ&アーペルでは、購入後も購入当初のジュエリーの美しさを保つために、下記のサービスを提供しています。

    (1)文字彫りサービス

    ヴァン クリーフ&アーペルでは、ご希望の文字を彫るサービスを無料で提供しています。

    リングのサイズによって入れることができる文字数が異なるため、事前に確認をするようにしましょう。

    (2)調整サービス

    ヴァン クリーフ&アーペルでは、「黄金の手」と呼ばれる職人たちによって、バランスのとれた最適なつけ心地の作品に調整する調整サービスを提供しています。

    調整サービスは、購入から3ヶ月は無料。その後は¥21,600でサービスを受けることができます。

    (3)プリザベーションサービス

    プリザベーションサービスは、ジュエリーを完璧な状態に保つために不具合を整えたり、修理屋交換、石のセッティングの確認や修正を行うサービスです。

    サービスは¥21,600で受けることができますが、ジュエリーの状態によってプラスで費用がかかる場合も考えられるため、確認が必要です。

    まとめ

    これまで、ヴァン クリーフ&アーペルについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

    今回の記事が婚約指輪の購入を検討する際のご参考になれば幸いです。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事
    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    howto