オーダーメイドの婚約指輪について、知っておくべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一生に一度、大切な人からもらう婚約指輪だからこそ、こだわりたいのが女性の正直な気持ち。特別な1品に巡り会いたと感じるものですが、「婚約指輪」とWEBで検索してもデパートに足を運んでも、婚約指輪のデザインは、画一的なものが多いと感じる人もいるのではないでしょうか?

そんな“人とは違うこだわりのものを手に入れたい!”と考えるあなたにぴったりなのが、オーダーメイドの婚約指輪。今回はそんな、オーダーメイドの婚約指輪を買う前に、知っておくべき5つのことをご紹介いたします。

1、婚約指輪のオーダーメイドの種類は?

婚約指輪のオーダーメイドには、2つの種類があります。

(1)セミオーダー

ダイヤモンドなどの石の部分とリング部分の“アーム”と呼ばれる素材、それにデザインを数パターンの中から自由に組み合わせて作るのがセミオーダーです。自分の好みのパーツを選んで、予算に合わせて指輪を作ることができます。

最初からデザインするフルオーダーと違い、制作時間も1〜2ヶ月と短期でできるものが多く、オーダーシステムと既製品との“いいとこ取り”をできるのが魅力です。

(2)フルオーダー

世界に1つだけの完全オリジナルの指輪を作ることができるのが、このフルオーダーです。プロのジュエリーデザイナーにデザインを起こしてもらうところから始まるので、特別感はひとしおです。

注文してから納品までに何度か打ち合わせをしなければならず、完成までに少し時間を要します。また、既製品よりもコストがかかる場合が多いのも特徴です。

どちらも自分のこだわりを大切にできますが、手軽で制作期間を短苦したいのであればセミオーダー、製作時間をしっかり取って、人とは違うこだわり抜いた指輪を作りたいのであれば、フルオーダーがおすすめです。

2、オーダーメイドの婚約指輪にしている人はどのくらいいる?

出典:ゼクシィ結婚トレンド調査 2017首都圏より

こちらのグラフは、国内の女性たちが選んだ婚約指輪の種類をグラフ化したものです。全国の数字を、割合の多い順に並べると、

<第1位>既製品                :50.1%

<第2位>セミオーダー品        :41.4%

<第3位>フルオーダー品        :7.2%

<第4位>自分たちで手作りした  :0.6%

となり、セミオーダーとフルオーダーを合わせると、半数近い人がオーダーメイドで婚約指輪を作っていることがわかります。現在の日本では、2人に1人がオーダーメイドで婚約指輪を作っているのですね!

3、オーダーメイドの婚約指輪のメリット

オーダーメイドの婚約指輪を作る際には、そのメリットとデメリットを把握しておく必要があります。まずは、メリットについてご紹介いたします。

  • 素材からデザインまで、自分たちの思い通りの指輪が作れる
  • どんな形やデザインでも対応してもらえる
  • 世界で1つだけの指輪を作ることができる
  • 婚約指輪に関する思い出がよりたくさん作れる
  • 専門家との会話で、ジュエリーに関する知識を増やせる

一生に一度のものだからこそ、こだわり抜いて自分たちだけのものを作りたい!そう考える人には、どこまでも嬉しいのがオーダーメイドの婚約指輪です。“婚約指輪を作る”という、特別な時間が増やせることも、指輪だけではない貴重な自分へのプレゼントとなりますね!

4、オーダーメイドの婚約指輪のデメリット

一方で、既製品と比べると注意したいデメリットがあるのも事実です。

  • 既製品に比べると、費用が高くなる
  • 製作期間が長く、お店に何度も通わなければならない
  • デザイナーとの会話において、指輪やデザインに関するある程度の知識と力が求められる
  • 思った通りのデザインにならない可能性もゼロではない

こだわりたいからこそ、コストや時間がかかることは仕方がないと思えても、知識や力が必要であったり、デザイナーとの相性によっては、完全に思った通りの指輪が出来上がらないこともある、というのは、オーダーメイドで作る、と決めてしまう前に、考慮しておきたいポイントですね。

5、オーダーメイドならここ!オススメの婚約指輪ブランド5選

(1)EXELCO(エクセルコ)

ダイヤモンドの聖地であるベルギーで200年間指輪を作り続けている老舗ブランドが、こちらの「EXELCO」です。ダイヤモンドに「完璧な輝き」という真価を与えたブランドなだけあって、取り扱うダイヤモンドのレベルには、世界が一目を置いています。

日本各地に「EXELCO DIAMOND」としてフラッグシッピショップを構えているので、オーダーの際にデザイナーと顔を合わせて打ち合わせできるのが嬉しいですね。

(2)uno(ケイ・ウノ)

日本最大のオーダーメイドジュエリーブランドといえば、こちらの「K.uno」です。日本各地に店舗がありますが、そのユニークな店舗デザインを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

年間4万種類のデザインを生み出すこちらのブランドには、ジュエリーを熟知したコンシェルジュ・デザイナー、そして職人が数多く在籍しており、オーダーメイドしたい人にはとても心強いポイントですね。

出典:http://www.k-uno.co.jp

こちらは、美意識の高いお客様によって作られた、オーダーメイドの一例です。オーバルシェイプのダイヤモンドが、細部までこだわり抜かれたリング部分と、見事にマッチしていますね。着物にもデニムにも合うモダンなデザインが印象的です。

(3)LAZARE DIAMOND(ラザールダイヤモンド)

世界三大カッティングダイヤモンドの1つとして名高いのが、NY発のブランドである「ラザールダイヤモンド」です。「世界でただひとつのダイヤモンドを提供する」をコンセプトとしているこちらのブランドでは、“最も美しい輝きを引き出すこと”にこだわり続けています。

原石のクオリティとカッティングの技術は、主役となるセンターダイヤモンドだけでなく脇石といわれるメレダイヤモンドにまでおよび、作られるジュエリーからは、他にはない奇跡の美しさが放たれています。

(4)SORA(ソラ)

1994年に東京の表参道を本店として創業された、フルオーダージュエリーのブランドがこちらの「SORA」です。

老舗ブランドが名を連ねるジュエリー業界においてはまだ新しいブランドとなりますが、そのこだわりには眼を見張るものがあり、デザインはもちろんのこと、色味や素材の安全性、耐久性に到るまで、お客様の想いをカタチにすることにチャレンジしているのです。

出典:http://www.sora-w.com

こちらはフルオーダーメイドの婚約指輪の例です。他に類を見ないリングのデザインが、一度見ると忘れられないほどの魅力を醸し出していますね。ダイヤモンドの美しさをあらゆる角度から楽しめる、世界に1つだけの婚約指輪に仕上がっています。

(5)BRILLIANCE +(ブリリアンス)

2006年に東京を本社として設立された株式会社キューが手がける、オーダーメイドジュエリーブランドが「BRILLIANCE+」です。ブライダル事業も手がける同社だからこそできる、「ダイヤモンドプロポーズ」という唯一無二のサービスが、オーダーメイド婚約指輪の常識を覆します。

指輪だけでなく、プロポーズそのものからこだわりたい人に、おすすめのブランドです。また、WEB上で数あるダイヤモンドとリングデザインが気軽に選べることも特徴で、現在購入することのできるすべての石のレベルと価格をすぐにチェックすることができます。

婚約指輪を選ぶとき、自分たちのこだわりを詰め込みたい人に、ぜひおすすめなのがオーダーメイドの指輪です。思った通りのものを完成させるには、宝石やデザインについての知識を事前に把握しておくこと、好みの指輪を作ってくれそうなデザイナーを探しておくこと、などがポイントになります。

おすすめした5つのブランドも参考にしていただき、ぜひ、一生ものの指輪とそれを作ったかけがえのない思い出を手に入れてくださいね!

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

プレ花ダイアリー
エクセルコダイヤモンド