モアサナイトを婚約指輪にするのはアリ?ナシ?

    人工石のモアサナイトをご存知でしょうか。

    人工的に作られたもので、ダイヤモンドと酷似した見た目のため“婚約指輪はモアサナイトにしようかダイヤモンドにしようか迷っている”という方もいらっしゃるようです。

    そこで、今回はモアサナイトの特徴や、婚約指輪に使うならモアサナイトがいいのか、ダイヤモンドがいいのかなどをご説明します。

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    1、 モアサナイトを婚約指輪にする、はあり?なし?

    最近は、婚約指輪にモアサナイトをという方もたまにいるようで、Yahoo知恵袋などでも質問を見かけるようになりました。

    “モアサナイトという人口宝石について。現在、婚約指輪の購入を検討しているのですが、モアサナイトという人口宝石がとても気になります。

    そこで、実際にモアサナイトを身につけられている方がいらっしゃったらお聞きしたいのですが、婚約指輪として身につけて、モアサナイトはダイヤモンドではないとバレますか?また、モアサナイトの婚約指輪はどのような良さがありますか?

    実際にモアサナイトのジュエリーを持っている方に答えていただきたいです。宜しくお願いします。”

    引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11210764411?__ysp=44Oi44Ki44K144OK44Kk44OI

    このように、ダイヤモンドではないことがバレないかということを気にされている方が多く、解答はモアサナイトをおすすめする方、ダイヤモンドの方がいいのではという方、さまざまな意見があります。

    モアサナイトの婚約指輪を選ぶことはアリなのかナシなのか。

    このあとじっくり見ていきましょう!

    2、モアサナイトが婚約指輪として選ばれている4つの大きな理由

    出典:https://brillar-shop.jp/

    ダイヤモンドとそっくりなモアサナイト。

    なぜダイヤモンドではなく、モアサナイトの婚約指輪を購入する方がいるでしょうか。

    (1) ダイヤモンドの安価な代用品として

    モアサナイトの価格は、同じカラットのダイヤモンドと比較すると10分の1以下で最高品質のモアサナイトを購入することができます。

    (2) 輝きが強い

    輝きを表す宝石用語に“ファイア”というものがあります。

    ダイヤモンドはファイアの数値が高く、きらめくような輝きを放ちますが、モアサナイトはさらにダイヤモンドの2.5倍の数値です。

    また、白く豊潤な輝きである“ブリリアンス”や表面の光沢もダイヤモンド以上の高い数値なのです。

    (3) 耐久性・曇りにくさ

    モアサナイトは表面の傷つきやすさ(モース硬度)がダイヤモンドが10に対して9.5と、ダイヤモンドに次いで高い数値を出しており、衝撃への強さや割れにくさ(靭性)にも優れています。

    また、ダイヤモンドは油分を吸着しやすいのですが、モアサナイトは油分を寄せ付けにくく、輝きが曇らないため輝きが長持ちします。

    (4) 人工物だから品質が一定

    モアサナイトは人工的に作られたものなので、天然のダイヤモンドとは違い、品質が一定でばらつきがありません。

    モアサナイト特有のギラギラとした輝きが好きで購入される方もいらっしゃるようですが、やはり決め手はコスパの良さという方が多いようです。

    3、婚約指輪に対する女性の本音

    出典:https://www.brilliance.co.jp/bridalhack/bh-engagement/column-e20

    女性の7割ほどがサプライズプロポーズをして欲しいと考えていますが、デザインは自分で選びたいという方が多数です。

    婚約指輪に使われている宝石がダイヤモンドでなく人工石が使われていた場合、「なんでダイヤモンドじゃないの?」と疑問に思う方や「本物のダイヤモンドじゃないなら恥ずかしくて着けられない」という方も。

    特に年齢を重ねるにつれて、人工石は恥ずかしくて着けられないという方が増えるようです。

    モアサナイトを考えている男性は、女性に相談せずに購入することは避けるのが無難ですよ。

    4、やはり婚約指輪をダイヤモンドにしたい確たる理由

    出典:https://www.diamond-shiraishi.jp/brand/products.html

    さまざまな面でメリットがあるモアサナイトですが、数々のジュエリー見てきたハウツーマリー としては、やはりダイヤモンドを選択することをおすすめします。

    (1)理由1:婚約指輪がダイヤモンドである理由

    婚約指輪になぜダイヤモンドが使われるようになったのかをご存知ですか?

    他の宝石ではなくダイヤモンドである理由があり、その理由を知るとダイヤモンドの婚約指輪はさらに特別なものに感じられます。

    ダイヤモンドの指輪が贈られるようになったのは15世紀ごろからで、裕福な王侯貴族の間から始まります。

    南アフリカで鉱山が発見されダイヤモンドの産出量が増えたことで、19世紀に入ってからは裕福な庶民にも習慣として根付き始めました。

    ダイヤモンドを使うようになった理由は、ダイヤモンドの性質に由来しています。

    ダイヤモンドは天然の物質の中で最も固く、希少価値が高いため高価であり、まばゆく輝き類を見ない美しさです。

    このようなことから、愛を誓う結婚の際に贈る指輪にふさわしいとされてきました。

    さらにダイヤモンドには男女の愛を強める力があると信じられており、このこともダイヤモンドを結婚の指輪に使った理由のひとつとなりました。

    (2)理由2:天然石/合成石(人工物)

    天然のダイヤモンドは地中の奥深くにある高温・高圧の環境で透き通った光沢のある鉱石となります。

    採取されたダイヤモンドがどれほど期間を経てダイヤモンド原石となったかを計測した結果、新しいものでも1億5千万年、古いものはなんと45億年前のものだということが判明したそうです。

    私たちが目にしたり身につけている天然のダイヤモンドは、少なくとも1億5千万年かけて生成されたものだと知ると、ダイヤモンドがとても神秘的に感じられ、より愛着も湧きます。

    モアサナイトは人工的に短期間で作られ品質が一定のため、ダイヤモンドのようなパワーを感じることはできないのではないでしょうか。

    (3)理由3:輝きの値

    宝石の輝きが決まる光の屈折率や分散度の数値はモアサナイトの方が高くダイヤモンドよりも輝きます。

    それならモアサナイトを選ぶべきでは?と考えるかもしれませんが、ダイヤモンドが白くエレガントに輝くのに対し、モアサナイトの輝きは強い虹色です。

    モアサナイトの虹色を含んだ強い輝きは好き嫌いがはっきり分かれるポイントではないでしょうか。

    (4)理由4:選択の幅が小さい

    モアサナイトはまだまだ日本で浸透していないため、専門店非常に少なく、取り扱っているジュエリーショップもあまりありません。

    そのため、デザインをたくさん見比べて購入するということが難しいのです。

    (5)モアサナイトよりもダイヤモンドをお勧めする理由

    モアサナイトはダイヤモンドの偽物ではありませんが、全くの別物です。

    最近では業者がヤフオクなどで“Moissanite ダイヤモンド”と紛らわしい名前でモアサナイトを格安販売しており、消費者を困惑させていることもあります。

    ダイヤモンドとモアサナイト、どちらを選ぶとしても、双方の違いを正しく理解してから選ぶことが重要です。

    4、高品質でリーズナブルな天然ダイヤモンドを取り扱う人気ブランド5選

    (1)エクセルコダイヤモンド

    出典:https://www.exelco.com/

    ダイヤモンド史には欠かせない一族であるトルコウスキー家の7代目、ジャン・ポール・トルコウスキーが創立したエクセルコダイヤモンド 。

    エクセルコダイヤモンド はダイヤモンドの輝きにこだわり続けており、輝きを数値化するサリネ・ライトでも最高評価を得ています。

    エクセルコダイヤモンド は世界最大の原石供給元であるデビアスグループから原石を仕入る資格があり、上質な原石の仕入れから販売まで自社で一貫して行うことで流通コストを削減し、リーズナブルな価格でブライダルリングを提供しています。

    (2)銀座ダイヤモンドシライシ

    出典:https://www.diamond-shiraishi.jp/

    銀座ダイヤモンドシライシは、日本初のブライダルリング専門店です。

    接客の評判が非常に高いだけでなく、高品質なものだけを取り扱っています。

    ダイヤモンドの一大マーケットであるイスラエルに“イスラエルシライシ”という現地法人を設立したシライシ。

    独自の仕入れルートを確保しているため、高品質なダイヤモンドをリーズナブルな価格で提供できるのです。

    (3)ラザールダイヤモンド

    出典:https://www.lazarediamond.jp/

    ダイヤモンドのカッティング技術に優れているラザールダイヤモンド は“世界三大カッティングブランド”に数えられているブランドです。

    ラザールダイヤモンド は“世界で最も美しいダイヤモンド”と称されています。

    世界で最も美しいと言われるほどのダイヤモンドは、手が出ないほど高価なのでは?と思いますよね。

    しかし、ラザールダイヤモンド の平均購入価格帯は25万円程で、ダイヤモンドの質を考えれば非常にリーズナブルといえます。

    (4)BRILLIANCE+

    出典:https://www.brilliance.co.jp/

    ブライダルリング のオンラインショップの中でもダントツに見やすく、条件にあったアイテムを探しやすいと評判のBRILLIANCE+。

    プロポーズ用のダイヤモンドをひとつひとつ見比べて購入することができるため男性からの支持が強いブランドです。

    オンラインショップをメインとしているため、店舗運営にかかる費用を削減し、高品質なダイヤモンドを非常にリーズナブルな価格で提供しています。

    オンラインでの購入が不安な方のために、全国5カ所にショールームも設置してありますよ。

    (5)ANTWERP BRILLIANT

    出典:https://bridge-antwerp.com/

    BRIDGE銀座のダイヤモンドは2013年からベルギー大使館推奨となりました。

    エクセルコダイヤモンド と同様にBRIDGE銀座もデビアスグループから原石を買い付ける資格を持っており、最高品質の原石のみを仕入れています。

    BRIDGE銀座の結婚指輪も含めた価格帯は15万円程で、婚約指輪も25万円前後から購入できます。

    5、まとめ

    リーズナブルなモアサナイトは人工石のため、偽物のダイヤモンドとは言えませんが、全くの別物と考えましょう。

    ダイヤモンドは婚約指輪に使用される性質や神秘性があり、やはりダイヤモンドがおすすめですが、どちらを選ぶにしてもメリットデメリットを知っておくことが大切です。

    また、女性は人工石だと偽物のダイヤモンドと感じてしまうことが多いようなので、サプライズでいきなりモアサナイトを渡すことは避けた方がいいでしょう。

    もし予算の問題でモアサナイトを考えているのであれば、今回ご紹介したブランドを一度チェックしてみてください。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    ブランドランキング