婚約指輪はいつつける?結婚前後でつけるタイミングについて

    婚約指輪を贈られたら、いつからつけていいのか?婚約期間中どのタイミングでつけるのか?いつまでつけていいのか…?

    実はあまり知られておらず、女性は迷うもの。

    彼が一大決心をして贈ってくれた高価で大切な指輪。結婚前だけでなく、結婚した後も身につけられるように、使用シーンや購入の際の選び方のポイントをご紹介します。

    ※この記事は2018年12月に更新しました

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    1、婚約指輪をもらったらいつからつける?

    婚約指輪をもらったらいつからつける?

    受け取ったその日からつけてOK。明確なルールは存在していないので、結婚の約束をし、指輪を贈った時から、いつ身につけても構いません。
    また、結納の際に婚約記念品として贈られ、それ以降着用する人も多いようです。もし、事前に男性から女性に贈られて既に身につけているのであれば、「婚約記念品としていただきました。」とお披露目するとよいでしょう。

    2、婚約指輪はいつつける?

     婚約指輪はいつつける?

    (1)婚約期間中、婚約指輪はいつつける?

    婚約指輪は、受け取った日から結婚までの婚約期間中に身につけるものと広く知られています。高価な品であり、幸せの象徴でもあるので、せっかくなら日常生活でも身につけ、喜びをお裾分けしたいもの。また、婚約指輪は周囲に結婚の意思を伝えるものでもあるので、仕事や週末の予定にしてくのはもちろんOK。

    しかし、婚約指輪のデザインによっては見た目もインパクトがあるため、普段着や職場の雰囲気には違和感があるかもしれません。特に、定番のソリティアという立て爪に一粒ダイヤが突出しているデザインは、石が衣服や家具等に引っかかり作業がしづらく、日常の家事や仕事での作業には向きません。

    普段から着用したい場合は、シンプルなデザインで、高さを抑えたフラットなものや、メンテナンスのしやすい素材を選ぶことをおすすめします。

    ※婚約指輪のデザインについて詳しくは、「プロポーズのタイミングで! 相場など婚約指輪について知っておくべき11のこと」をご参照下さい。

    (2)結婚後も婚約指輪はつける?

    結婚後も婚約指輪はつける?

    結婚までの限られた期間しかつけられないから婚約指輪はもったいないという意見もあるようですが、婚約指輪は結婚後ももちろんつけられます。

    同じブランドで婚約指輪と結婚指輪を購入し、重ねづけするのもおしゃれです。

    また、婚約指輪はダイヤをあしらった高価なものが多いため、「結婚式に出席する際」や「旦那さんとの記念日のデート」、「おしゃれをして臨む女子会」など晴れの日や特別な機会に身につけ、ドレスアップの仕上げに着用される方も多いようです。

    あるいは、夫婦円満をアピールする際に着用する方もいるのだとか。「夫の実家に帰省する時」「夫の会社の婦人会や、職場のパーティーに招かれた際」などにつけて行くと、旦那様から贈られたものを大切にしている様子をさりげなく醸し出し、内助の功ぶりを演出することができるようです。

    (3)結婚後もつけやすい婚約指輪のデザインは?

    結婚後もつけやすい婚約指輪のデザインは?

    先にも触れましたが、婚約指輪と結婚指輪の“セットリング”の人気が上昇しています。1本ずつでも素敵ですが、2本重ねることで違った表情になるため、TPOに応じて3通りのバリエーションを楽しめます。重ねればボリュームはもちろん、華やかさも増し、手元が明るくなります。

    また、エタニティは高さが出ないため仕事での着用に向いているでしょう。デザインはシンプルでもダイヤの煌めきは非常に美しく、上品で上質な印象を与えます。また、どんな洋服や他のジュエリーにもマッチする万能なデザインです。同じエタニティでもデザインによって印象がかなり変わるので、デザイン違いで重ねづけも楽しめます。

    例えば「世界一のダイヤモンドクオリティ」と評された知る人ぞ知るのエクセルコダイヤモンドはエタニティリングの種類が豊富ですが
    一口にエタニティリングと言ってもリングのボリューム感の印象や、カジュアルさは様々に選べることなど、サイトを眺めているうちに理解が深まります。

    出典:エクセルコダイヤモンド公式サイト

    一方、婚約指輪をつけるのに抵抗がある理由に、「高価なものなので壊したりなくしたりするのが怖い」という意見も。相場は平均約37.9万(「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」より)ですが、せっかくの指輪をつけないのはもったいないので、気負わず結婚後も着用できるお値段で探すという観点も大切かもしれません。

    ※婚約指輪のデザインについて詳しくは、「プロポーズのタイミングで! 相場など婚約指輪について知っておくべき11のこと」をご参照下さい。

    まとめ

    婚約指輪は、婚約期間中だけでなく、結婚後もずっとつけられるもの。
    一生のうちで記念に残る特別な品なので、ライフスタイルを考慮し、長く使えるお気に入りの1本を見つけてください。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    ブランドランキング