fbpx

【2024年版】結婚指輪の費用相場は30.8万円!価格が変わる要因も紹介

facebookでシェアする Xでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

    結婚指輪選びは、カップルにとって大切なプロセスです。
    多くのカップルが予算の面で悩むのではないでしょうか。

    結婚指輪の相場は「約30.8万円」とゼクシィトレンド調査2023では説明されています。
    この記事では、2024年最新の結婚指輪相場とともに、価格が変動する理由について詳しく解説します。

    結婚指輪の予算を決めたい方はこの記事を参考にしてください。

    記事内掲載の価格は、2024年2月21日時点のものです。

    1、 2人分の結婚指輪の費用相場

    ゼクシィトレンド調査2023の結果をもとに、2人分の結婚指輪の費用相場を紹介します。

    (1)2人分の結婚指輪の費用相場

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    結婚指輪の費用相場は、30.8万円です。

    特に、「20〜30万円」で購入している人が最も多くなりました。

    ハウツーマリーでは、「指輪ブランドへの来店予約・来店で最大 最大11,000円プレゼントキャンペーン」を実施中です。
    価格を抑えつつ高品質な指輪を提供するブランドを厳選しています。

    (2)【種類別】結婚指輪の費用相場

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    次に、「既製品かどうか」という観点で費用相場を紹介します。

    上記のグラフから、以下のことが読み取れます。

    • セミオーダー品と既製品は、「20~30万円」で購入されることが最も多い
    • フルオーダー品は、「40万円以上」が最も多い

    フルオーダーの結婚指輪は、別途デザイン料が必要になるため、価格が高くなる傾向にあります。

    (3)【素材別】結婚指輪の費用相場

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より
    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    上記のグラフでは、結婚指輪の素材別費用相場を表しています。

    どの素材も男女ともに、「20〜30万円」で購入されることが一番多いです。

    また、プラチナとゴールドの両方を使ったコンビネーションリングは、価格が高くなるにつれて、人気になる傾向があります。

    (4)【女性の年代別】結婚指輪の費用相場

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    次は、女性の年齢別費用相場を紹介します。

    平均金額は、35歳以上が最も高い結果となりました。
    これは、一般的に年齢とともに収入が多くなるため、予算に余裕を持ちやすいことが理由だと考えられます。

    また、「24歳以下」の年代で「30〜40万円」「40万円以上」と答えた人の割合が最も多いことも特徴的です。

    (5)婚約指輪の有無

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    婚約指輪あり、なしに関わらず、平均金額はおよそ30万円となっています。
    婚約指輪の有無は、費用相場に影響しないようです。

    ちなみに、婚約指輪の相場は38.2万円でした。

    2、【性別別】結婚指輪の費用相場

    ゼクシィトレンド調査2023の結果をもとに、「夫のみ」「妻のみ」の結婚指輪の費用相場を紹介します。

    (1)夫の結婚指輪の費用相場

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    まずは、夫のみの結婚指輪の費用相場です。

    平均費用は13.8万円です。
    「10〜20万円」で購入する人が最も多い結果となりました。

    ペアでの費用相場が30.8万円であるため、およそ半分の値段で購入する人が多いと推測できます。

    (2)妻の結婚指輪の費用相場

    画像
    参考:ゼクシィトレンド調査2023より

    次に、妻のみの結婚指輪の費用相場です。

    平均費用は16.6万円です。
    「夫のみ」と比較すると、女性の方が結婚指輪にかける費用が大きいことが分かります。

    特に、30万円以上と回答した人の割合は、「夫のみ」のおよそ3倍です。

    3、【ハウツーマリー調査】結婚指輪の予算

    結婚指輪の費用相場のグラフ
    参考:ハウツーマリーInstagram

    上記は、ハウツーマリーがInstagramのストーリーで「結婚指輪の予算」について調査した結果です。

    「ペアで20〜30万円」、「ペアで40万円以上」と回答した方が31%でした。
    概ねゼクシィトレンド調査の内容とも一致する結果となっています。

    4、 結婚指輪の価格を決める要因は?

    結婚指輪の価格を決める要因を紹介します。
    4つの項目に優先順位を付けることで、指輪選びがしやすくなるでしょう。

    (1)ダイヤモンドの有無

    ダイヤモンドの有無が価格に与える影響は、とても大きいです。
    そして、ダイヤモンドの価格は、以下の4Cに基づいて決まります。

    • カラット
    • クラリティ(透明度)
    • カット
    • カラー

    大きなダイヤモンドや質の高いダイヤモンドは高額になる傾向です。

    4Cについては、以下の記事も参考にしてください。

    (2)指輪の金属の種類

    指輪に使用される金属の種類も価格に大きく影響します。
    一般的な金属とその特徴は以下の通りです。

    素材特徴
    プラチナ非常に耐久性が高く、希少なため高価。
    ゴールド高価ではあるが、プラチナほどではない。
    18Kは金の含有量が高く、14Kはより硬くて耐久性がある。
    ホワイトゴールドプラチナのような外見で、ゴールドよりも安価。
    ピンクゴールド銅を混ぜた合金で、独特のピンク色が特徴。
    シルバー比較的安価だが、酸化しやすいためメンテナンスが必要。

    (3)指輪の幅、太さ、サイズ

    指輪の幅や太さが広いほど、使用する金属の量が増えるため価格が高くなります。
    大きなサイズの指輪も金属の量が多くなるため、価格に影響します。

    また、デザインが複雑である場合も手間がかかるため、価格が上がります。

    (4)ブランド

    ブランドマップ4ドシーブシュロンブリリアンスブルガリカルティエダミアーニグラフハリーウィンストンアイプリモラザールニワカロイヤルアッシャーダイヤモンドシライシティファニーヴァンクリーフエイカ

    ブランドの知名度や信頼性も価格に影響します。
    有名ブランドの指輪は、ブランド価値や品質の保証が価格に反映されるため高額です。

    また、特定のデザイナーによるオリジナルデザインや限定モデルを取り扱っている場合も、価格が高くなります。

    5、よくある質問

    (1)結婚指輪、婚約指輪は誰が購入するの?

    A.カップルの考え方によって異なります。

    婚約指輪は、伝統的にはプロポーズをする側が購入します。

    ただし、最近では、プロポーズリングと婚約指輪を分けるケースも増えています。

    一方で結婚指輪は、以下の2つのケースに分かれます。

    • どちらかが全額負担する
    • 折半する

    (2)結婚指輪は複数店舗を検討すべき?

    A.複数店舗を検討すべきです。

    複数店舗を回ることで、後悔のない指輪選びが可能です。

    実際に、ハウツーマリーInstagramのアンケート結果でも、複数店舗回ったひとが多くいました。
    また、店舗に来店する場合は、来店予約をすることで、スムーズに指輪選びを進めることができます。

    結婚指輪の費用まとめ

    この記事では、結婚指輪の相場を紹介しました。

    結婚指輪選びで重要なのは、長く愛用できる指輪を選ぶことです。
    購入前にしっかりと情報収集を行い、互いの希望や価値観を尊重し合いながら、理想の結婚指輪を見つけましょう。

    この記事を参考に、予算を決めていただければ幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    カップル応援キャンペーン